このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
シナノゴールド

シナノゴールドの味の特徴は?旬の時期や選び方について紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2022年4月26日

リンゴの品種の中でも人気の高いシナノゴールドだが、味や美味しい食べ方を知りたいと思った経験はないだろうか。そこで今回はシナノゴールドの味や特徴について解説していこう。また、旬の時期や選び方も紹介するので、ぜひ参考にしてみてほしい。

  

1. シナノゴールドとは

シナノゴールド
ここでは、シナノゴールドの産地や特徴について解説していこう。

長野県で生まれた品種

シナノゴールドはその名の通り、長野県で開発された品種である。ゴールデンデリシャスと千秋を交配させて作られた品種で、酸味と甘みのバランスがよいことから美味しいと評価が高い。鮮やかな黄色い見た目と、食感や味のよさからイタリアでも人気がある。

産地で変わる味

シナノゴールドは、青森県・長野県・山形県などで栽培されている。温度の低い場所で育つと酸味が増す性質があるため、比較的温暖な地域の東北南部は生産に適している。そのため、産地によって味に違いが出るのだ。

2. シナノゴールドが美味しい時期

シナノゴールド
ここでは、シナノゴールドの旬の時期を紹介しよう。

旬の時期

シナノゴールドは、長野県では10月頃から、青森県では11月頃までが収穫時期になる。シナノゴールドは保存性が高く、低温で貯蔵されたものは2~3ヶ月後まで出荷される。そのため、出回る時期は2~3月頃までとなる。食べごろで旬の時期は10~12月頃。

3. シナノゴールドの選び方と保存方法

シナノゴールド
ここでは、シナノゴールドの選び方について解説しよう。

選び方のポイント

シナノゴールドは熟すと黄色くなるので、緑色のものよりも鮮やかな黄色いものを選ぶのがよいだろう。また、表面に粘りがあるほうがよく熟している。重量があるもののほうが、果汁が豊富なので重さも気にしてみてほしい。

保存の仕方

保存をする場合は、0~10℃で保存するようにしよう。基本的にはビニール袋に入れて冷蔵庫で保存するのがよいが、入りきらないときは低温で温度があまり変化しない場所で保存するのが望ましい。カットしたものは切り口に濡れたキッチンペーパーをかけてラップで包めば、しばらく風味をキープできる。

結論

シナノゴールドは長野県で生まれた品種である。鮮やかな黄色い見た目と、甘みと酸味のバランスのよい美味しく評価の高い品種だ。旬の時期は10~12月頃で、重量があり黄色い見た目のものがよく熟しているので、購入する際は選ぶようにしよう。この記事を読んで、シナノゴールドを食べる際の参考にしてみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年4月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧