このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トマトとキュウリのフレッシュサラダ

ミニトマトの代表的な品種!特徴からおすすめの食べ方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

鉛筆アイコン 2022年5月29日

小さくてかわいらしいミニトマトやお弁当やサラダには欠かせない野菜。そんなミニトマトには、さまざまな品種があるのを知っているだろうか?ミニトマトの代表的な品種やそれぞれの特徴について紹介する。おすすめの食べ方も紹介するので、いろいろな品種のミニトマトを美味しく味わってもらいたい。

  

1. ミニトマトは品種名?

熟してきたミニトマトの実
ミニトマトとは、トマトの中でもとくに小さな種類のものをいう。その中でもさまざまな品種があり、日本には約200種類ほどのミニトマトの品種が存在している。そんなミニトマトは品種名なのか見てみよう。

総称としての名前

ミニトマトとは、果実の大きさが5~30gほどのトマトの総称だ。ミニトマトは、もともと飛行機の機内食としてひと口サイズに改良されたトマトで、プチトマトやチェリートマトと呼ばれることもあるが、ミニトマトと同じものを指している。ミニトマトの中にはさまざまな品種が存在しており、形や色も異なるものがあるのだ。つまりミニトマトとは品種名ではなく、大きさが小さなトマトの総称のことになる。

2. ミニトマトの主な品種

ミニトマト
ミニトマトには多くの品種が存在している。その中でも代表的なミニトマトの品種の特徴について紹介しよう。ミニトマトは品種によって、見た目や味わいが異なるので、選ぶときの参考になる。

代表的な品種

ミニトマトの品種の中でもとくに甘いといわれる品種が、オレンジパルチェだ。オレンジ色のような薄い赤色をしているのが特徴で、丸く糖度が高いのでおやつ感覚で楽しめるミニトマトとして評判だ。さらにシュガープラムという品種は、細長くプラムのような形をしている。皮が薄いのが特徴で、食べやすい。ほかにも黄色の色が特徴的なフルーティー美味や甘さとコクのバランスがよく、ミニトマトの品種の中でもとくに人気なアイコというミニトマトなどがある。ミニトマトは、品種によって見た目も味の特徴も異なるので、それぞれの品種の違いを理解して、いろいろな食べ方を楽しんでみてもらいたい。

3. ミニトマトの美味しい食べ方

トマトソース
ミニトマトは、ひと口サイズでそのまま食べられることから、お弁当やサラダの彩りとしても重宝する。美味しいミニトマトの見分け方は、ヘタの状態をチェックするのがいいだろう。ヘタがしっかりしており、乾燥して縮れていないミニトマトは新鮮な証拠になる。そんなミニトマトのサラダ以外の美味しい食べ方を紹介しよう。

おすすめの食べ方

ミニトマトはサイズが小さい分、味が凝縮されているので、スープの具材や煮物などにも適している。煮崩れもしにくいので、そのまま入れて煮込んだミニトマトの食感を楽しむのがおすすめだ。さらに、たくさんのミニトマトを使って濃厚なトマトソースを作るのもいいだろう。ミニトマトをそのままミキサーにかけて撹拌すれば、フレッシュでさわやかなトマトソースが完成する。ミニトマトは、そのまま味わうだけではなくいろいろな調理法で楽しむことができるのだ。

結論

ミニトマトとは、小さなトマトの総称でその中にさまざまな品種が存在している。ミニトマトは、色や形、味などが異なる品種が多くあるので、それぞれの味の違いを比べてみるのもおすすめだ。また、生のまま食べることが多いミニトマトだが、濃厚な味わいが楽しめるので、スープや煮込み料理、トマトソースなどに活用するといつもとは違った味わいが楽しめる。
  • 更新日:

    2022年5月29日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧