このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
柏餅

柏餅のカロリーや糖質量|こしあん・つぶあんの違いも確認

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤井千晃(ふじいちあき)

鉛筆アイコン 2022年6月16日

柏餅は、お餅であんこを包み、柏の葉で巻いた和菓子である。男性にとっては、端午の節句で目にする機会の多い食べものだろう。柏餅は高カロリー・高糖質のイメージがあるお餅やあんこを使用していることから、ダイエット中は避けられがちだ。しかし、食べるコツさえ押さえていれば、体重増加に影響しないことがある。今回は、柏餅の気になるカロリーや糖質量などを紹介したい。

  

1. 柏餅のカロリーや糖質とは

ゆであずき
柏餅は、上新粉を使うお餅と、小豆あんやみそあんで作られている。そのため、一個80gあたり162kcal(※1)と柏餅のカロリーは高めだ。また、柏餅のカロリーと糖質は、お餅とあんの両方に含まれている砂糖によるものとされている。
柏餅のカロリーや糖質を理解するために、まず、こしあんとつぶあんそれぞれのカロリーと糖質量の目安をみていこう。

こしあんの柏餅のカロリーと糖質

こしあんとは、炊いた小豆を裏ごしして外皮を取り除き、さらに砂糖を加えて練り上げたあんこのことだ。なめらかな食感が特徴的であり、こしあんを包んだ柏餅のカロリーと糖質は以下となっている。

<こしあんの柏餅>(※1)

  • カロリー:100gあたり203kcal
  • 糖質:100gあたり45g
市販の商品のなかには、50g程度の小さめサイズの柏餅を4個セットにしているものもある。50gの柏餅でもカロリーが約100kcalのため、食べすぎには注意が必要だろう。

つぶあんの柏餅のカロリーと糖質

つぶあんとは、小豆を潰さずに炊いた小豆のあんこのことだ。小豆そのものの風味を残したつぶあんを包んだ柏餅のカロリーと糖質は以下だ。

<つぶあんの柏餅>(※2)

  • カロリー:100gあたり204kcal
  • 糖質:100gあたり44.9g

2. 市販の柏餅のカロリーや糖質

柏餅
柏餅は、セブンイレブンやデイリーヤマザキなどのコンビニをはじめ、仙太郎、武蔵製菓、シャトレーゼなどといった専門店でも取り扱われていることがある。柏餅の種類ごとにカロリーが異なってくるが、ここでは一例として、以下2種類を紹介する。

<あわしま堂の柏餅のカロリー>(※3)

  • 一個あたりのカロリー:158kcal

<千葉恵製菓の国産米粉のかしわ餅(みそあん)>(※4)

  • 一個あたりのカロリー:131kcal
同じ柏餅でも、千葉恵製菓の商品のように米粉生地にすることで、柏餅のカロリーが抑えられるようだ。では、よもぎ餅やおはぎといった柏餅以外の和菓子のカロリーと糖質はどれくらいだろうか?

3. 柏餅とその他の和菓子のカロリー比較

和菓子
柏餅のカロリーと糖質量は、ほかの和菓子と比べて高いのか低いのかをみていこう。

<シャトレーゼの「よもぎ香る粒餡団子カップ入」>(※5)

  • 4本1カップあたりのカロリー:269kcal
  • 糖質:記載なし

<赤福>(※6)

  • 一個あたりのカロリー:92kcal
  • 糖質:記載なし

<おはぎ(つぶあん)>(※7)

  • 一個あたりのカロリー:207kcal
  • 糖質:記載なし

<クルミ大福などの大福餅類(こしあん入り)>(※8)

  • 100gあたりのカロリー:223kcal
  • 糖質:51.4g

<くず餅>(※9)

  • 6切あたりカロリー:156kcal
  • 糖質:記載なし
柏餅とほかの和菓子を比べると、多少の重量の差もあるが、柏餅のカロリーはそれほど高くないようだ。砂糖を多く使用するイメージのある和菓子だが、柏餅はそのなかでも比較的カロリーの低い和菓子といえよう。

4. カロリー以外も気になる!柏餅の栄養成分

小豆
ダイエット中の方は、柏餅のカロリーのほかに、炭水化物が含まれているかどうかも気になるかもしれない。人によっては脂質や食塩といった情報も気になるポイントだろう。さまざまな栄養成分が柏餅にはあるわけだが、ここではダイエットに効果が期待できるあんこについてお伝えしたい。
柏餅のなかのあんこは栄養が豊富で、注目いただきたい栄養成分のひとつだ。あんこの原材料である小豆には、ダイエットに効果的とされている栄養成分が多く含まれている。たとえば、たんぱく質は、筋肉を作り、維持する効果が期待されており、代謝の向上にもつながる栄養成分だ(※10)。また、ビタミンB1は、糖質の分解を促す作用がある(※11)。さらに、小豆は食物繊維が豊富な食材のため、便秘を解消し、太りにくく痩せやすい身体作りをサポートしてくれるのだ(※12)。

5. ダイエット中に柏餅のカロリーで太らないコツ

柏餅
最後に、ダイエット中に柏餅のカロリーで太らないために気をつけたいコツをお伝えしよう。

夜に柏餅を食べない

夜は、脂肪の生成や酵素を増やすBMAL-1と呼ばれるたんぱく質が増える時間帯だ(※13)。BMAL-1が多いほど脂肪がたまりやすいといわれている。そのため、柏餅のようなカロリーのあるものを夜に食べることは避けよう。

緑茶と一緒に食べる

緑茶に含まれているカテキンには、血糖値を下げる効果や肥満予防効果などが期待できる(※14)。甘いものだけを食べると血糖値が上がりやすくなるため、緑茶と上手に食べ合わせよう。

食事の前に食べる

意外に思われるかもしれないが、食事の30分ほど前に柏餅を食べるのもひとつの手だ。甘いものを食べることで血糖値を上げる。そして、満腹中枢を刺激して満腹感を感じさせる(※15)ことで、その後の食事で食べ過ぎを防げるというものだ。

手作りしてカロリーオフする

練りあんを作る工程のなかで種皮を取り除いたものをこしあん、種皮を取り除かないものをつぶあんと呼ぶ。市販の柏餅のなかには、作る際に上白糖(※16)や三温糖(※17)、グラニュー糖(※18)などの砂糖類や、ブドウ糖(※19)などを使用したものもあり、カロリーを引き上げる原因のひとつとなる。手作りであれば、たとえば、砂糖類の使用を減らしたり、お餅の生地をカロリーの低い米粉にしたりして、カロリーオフを図るのもよいだろう。

結論

柏餅はほかの和菓子と同様、カロリーや糖質が高めであることがわかった。同時に、太りにくい食べ方をすることで、柏餅を美味しく食べられることもわかっていただけただろう。食べ方のコツを押さえて、ぜひ、季節感を感じられる柏餅を心ゆくまで堪能してほしい。
(参考文献)
  • 更新日:

    2022年6月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧