このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
角煮

豚バラの献立で悩んだら!おすすめのおかずからデザートまで紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

鉛筆アイコン 2022年7月13日

大根と旨みたっぷりの豚バラの組み合わせはごはんが進む最高のおかずだ。そんな豚バラ大根を献立にした時は、どのような副菜や主菜をプラスしたらいいのだろうか?本記事では、豚バラ大根の献立で悩んだ時のおすすめの組み合わせを紹介する。

  

1. 豚バラ大根の献立に入れる副菜

お浸し
豚バラ大根を作ったら、副菜がもう一品ほしい。そんな時におすすめの組み合わせをチェックしてみよう。

お浸しやサラダ

濃厚な味付けの豚バラ大根に合うおかずは、さっぱりとしたお浸しやサラダがおすすめだ。不足しがちな野菜をたっぷり摂れるので栄養バランスもよくなる。ほうれん草のお浸しやパプリカのマリネ、人参のサラダなどもいいだろう。また、小松菜などを使ったナムルにするのもおすすめだ。ナムルはレンジで加熱して調味料を合わせるだけで作れるので、手軽に作れる副菜でもある。豚バラ大根には旬の野菜を上手に取り入れたもう一品を作ってみるといいだろう。

2. 豚バラ大根の献立にプラスの主菜

豆腐ステーキ
ボリュームのある献立にしたい時は、豚バラ大根以外にほかの主菜をプラスしたい。そんな時は、肉ではなく魚や大豆を使った一品を加えてみるのがいいだろう。おすすめの主菜をチェックしてみよう。

魚料理や大豆料理

豚バラ大根で肉をすでに使用しているので、魚や大豆を使った主菜にすると、バランスのよい献立になる。鮭とじゃがいもの蒸し煮はじゃがいもが加わることでボリュームがアップする。白身魚のホイル焼きはアスパラやきのこ類などを合わせるのがおすすめだ。ほかにも、大豆製品の厚揚げを使った炒め物や豆腐ステーキをプラスすれば、ヘルシーでボリュームのある献立になる。豚バラ大根はこってりとした味付けになっているので、プラスする主菜は違う味付けにしたり、さっぱりと食べやすいものにするのがいいだろう。

3. 豚バラ大根の献立に入れる汁物

味噌汁
豚バラ大根の献立に味噌汁やスープなどの汁物を合わせることで、満足度の高い献立が完成する。汁物は箸休めとしての役割もあるので、献立にぜひ取り入れてみてもらいたい。

味噌汁やスープ

汁物が献立にあるだけで、食が進みやすくなるので、豚バラ大根の献立にもぜひ取り入れてみよう。豚バラ大根に合わせる味噌汁の具材には、大根以外の野菜や豆腐などを使うとさまざまな栄養素を効率よく摂ることができる。さらに濃厚な味付けの豚バラ大根に、さっぱりとしたすまし汁や野菜たっぷりのコンソメスープを合わせてみるのもいいだろう。コンソメスープは洋風のため、豚バラ大根には合わないように感じるが優しい味わいなので、さっぱりと飲みやすい。足りない野菜などの栄養素を汁物に加えることで、手軽にバランスのよい献立が完成する。

4. 豚バラ大根の献立に入れるデザート

りんご
豚バラ大根の献立を食べたあとには、さっぱりとしたデザートを組み合わせるのがいいだろう。おすすめのデザートを紹介するので、ぜひ豚バラ献立に取り入れてみてもらいたい。

乳製品や果物

豚バラ大根を食べたあとには、ヨーグルトなどの乳製品を取り入れたデザートや、りんごやみかんなどの果実を組み合わせるのがおすすめだ。さっぱりとしているので、たくさん食べたあとでも食べやすい。また、旬の果実を取り入れることで豊富な栄養素を存分に摂取することができる。デザートは献立の最後に食べるものなので、無理なく食べられるものを用意するのがいいだろう。

結論

豚バラ大根を作ったが、何を組み合わせようか迷った時は、おすすめの献立を参考に自分好みの献立を作り上げてみてもらいたい。大根と豚バラのみを使う豚バラ大根はどうしても栄養バランスが偏りがちになってしまうため、副菜や汁物などで野菜を使ったり、大豆製品を利用するのがおすすめだ。基本の考え方を覚えておくことで、献立で悩むことも少なくなるだろう。栄養バランスを考えながら豚バラ大根の献立を楽しんでみてもらいたい。
  • 更新日:

    2022年7月13日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧