このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
牛タン定食

牛タンの献立におすすめの料理!相性バツグンのメニューを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

鉛筆アイコン 2022年7月21日

独特な食感が人気の牛タン。献立に取り入れる際に何を合わせようか思い浮かばない人も多いだろう。そんなときに役立つ、牛タンの献立におすすめな料理を紹介する。副菜から主菜、汁物まで取り上げるので、自分好みの料理を組み合わせて牛タン献立を楽しんでみよう。

  

1. 牛タンの献立におすすめの副菜

水菜のサラダ
牛タンを献立のメインにするときに、まず悩むのが副菜だ。食べ応えのある牛タンにはさっぱりと食べやすい副菜を合わせるのがいいだろう。牛タンの旨味を引き立てる副菜をいくつか紹介する。

引き立て役の副菜

牛タンを引き立てる副菜には、野菜をたっぷり使ったメニューがおすすめだ。水菜としらすを使ったコールスローは、紫玉ねぎや焼いた油揚げを加えることで、彩りと食感のいい副菜となる。コールスローは冷蔵庫に余っている野菜を細切りにして作ることができるので、忙しいときの副菜にもピッタリだ。
また、ごま油ベースのドレッシングが食欲をかきたてるチョレギサラダや、キャベツをたっぷり食べられる塩キャベツなどを合わせるのもいいだろう。牛タンの旨味を引き立てるようなさっぱり食べられる野菜を合わせてみよう。牛タンは食べ応えと脂っこさを兼ね備えているので、それらを引き立てるような副菜を組み合わせると、牛タンを食べる箸も進むだろう。

2. 牛タンの献立におすすめの主菜

ホタテソテー
ボリュームのある献立を考えるときは、牛タンのほかにもメインをもう一品プラスしたい。そんなとき、どのような主菜を選ぶのがいいのだろうか。悩んだときに参考にしてもらいたい、牛タンの献立におすすめの主菜を紹介しよう。

メインをもう一品

牛タンにメインをもう一品追加するときは、牛タンとは違った食感や味付けの主菜を合わせるのがおすすめだ。豚肉となすを使った甘味噌炒めは、甘辛い味付けでごはんが進む。ほかにも鶏肉をスパイシーなガーリックで焼き上げたガーリックチキンは、ボリュームが欲しいときにピッタリだ。
また、肉類以外にも魚介類を使ったメインを作るのもいいだろう。海老フライやホタテのバター焼きを合わせれば、ちょっと贅沢な献立が完成する。さばの南蛮漬けは野菜もたっぷり摂れ、甘酸っぱいタレでさっぱり食べやすい主菜だ。ボリュームのある献立や豪華な献立を作りたいときは、牛タンにもう一品メインをプラスするのがおすすめだ。

3. 牛タンの献立におすすめの汁物

牛テールスープ
牛タンの献立には、箸休めとしてすっきり楽しむ汁物を合わせるのもおすすめだ。汁物は牛タンの脂っこさを緩和してくれるので、より食欲をかきたててくれるだろう。自分好みの汁物を合わせて牛タンの献立を楽しんでみよう。

すっきり楽しむスープ

牛タンに合わせるスープといえば、テールスープを思い浮かべる人も多いだろう。牛の尻尾であるテールを長時間かけて煮込むテールスープは、シンプルな味付けの中にテールの出汁が感じられて牛タンによく合う。
また手軽に作れる汁物として、わかめスープや卵スープもおすすめだ。さっぱりとしているので、牛タンの余分な脂を流してくれる。ほかに、和風のあさりのすまし汁などもいいだろう。あさりの出汁が牛タンの旨みを引き立ててくれ、ゴクゴクと飲むことができる。
また、野菜が足りないと感じたときは、人参やキャベツなどお好みの野菜をたっぷり使ったコンソメスープを合わせるのもおすすめだ。献立に合わせて和洋折衷のいろいろなスープを合わせてみよう。

結論

副菜で不足しがちな野菜を補い、すっきりとしたスープを合わせることで、牛タンの美味しさがより引き立つ献立が完成する。よりボリュームのある牛タンの献立を作りたいときは、牛タンとは違った味わいの主菜を合わせるのがおすすめだ。牛タンは独特な食感と旨みが詰まっているので、牛タンをより美味しく味わうためにも自分好みの牛タンの献立を考えてみよう。
  • 更新日:

    2022年7月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧