このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
さまざまな有機野菜の材料と空の鉄の調理鍋、木製のボウル、木製の背景のスプーン

安くて大量に作れる料理で美味しく節約!人気の野菜やメインおかず

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

鉛筆アイコン 2022年7月 5日

育ち盛りの子どもを抱える家庭では、安くて大量に作れる美味しい料理は最大のテーマだ。ついつい安くて大量に作れる節約料理となると、毎回同じメニューになりがちだが、野菜を使ったおかずやメイン料理などの節約レシピを知っておくと便利だ。この記事では、安くて大量に作れる料理をテーマごとに紹介する。

  

1. 安くて大量に作れる料理:野菜メインの節約おかず

新鮮な野菜(トマト)を持ったキッチンのシェフ
安くて大量に作れる料理でも野菜は使いたい。そんなときの救世主なのが、もやしや玉ねぎ、じゃがいもだ。この3つを使った節約おかずのアイデアを見てみよう。

もやしを使った節約おかず

もやしは、節約おかずの代表的な食材だ。価格も安定しているのでいつでも格安で手に入る。そんなもやしは、豆苗やツナと合わせて和え物にしたり、片栗粉をまぶしてカリカリに焼いたり、調理法によってさまざまな食感が楽しめる。また、カルボナーラ味にすることで、洋風のおかずに大変身する。また、もやしはクセのない味わいが特徴なので、さまざまな料理のカサ増しにも重宝する食材だ。

玉ねぎを使った節約おかず

玉ねぎは、切り方や調理法によって、さまざまな食感が楽しめる。玉ねぎをカットしてチーズをのせて焼いたり、丸ごと焼いてお好みのソースをかければ、玉ねぎがメインのオシャレなおかずが完成。ほかにも照り焼き味に焼いたり、薄揚げと一緒に出汁で煮たりと洋食にも和食にも変身してくれる。加熱時間によって、トロトロになったり、シャキシャキとした食感が楽しめたりするのも玉ねぎの魅力だ。

じゃがいもを使った節約おかず

じゃがいもは食べ応えもあるので、節約おかずに大活躍してくれる食材だ。玉ねぎと合わせて肉じゃがにしたり、ポテトサラダにするのもいいだろう。ほかにも、ジャーマンポテトにしたりオムレツの具材に使うのもおすすめだ。切り方や加熱時間によってホクホク感やシャキシャキ感が楽しめるので、料理によって食感を変えてみるのもいいだろう。

2. 安くて大量に作れる料理:子どもにも人気のメイン料理

グリルした鶏の胸肉
育ち盛りの子どもがいる家庭では、安くて大量に作れるメイン料理はありがたい。そんなときに活躍してくれる食材が、鶏むね肉や豆腐、豚肉だ。それぞれの食材を使った子どもに人気の料理を紹介しよう。

鶏むね肉を使ったメイン料理

鶏むね肉は、節約したいメイン料理に欠かせない。パサパサするイメージがあるが、調理法次第でしっとりとした食感に仕上がる。唐揚げにしたり、チキンカツなどの揚げ物にもおすすめだ。さっぱりと食べたいときは、鶏むね肉を薄切りにし、もやしと一緒に蒸し焼きにしてポン酢で食べるのもいいだろう。

豆腐を使ったメイン料理

豆腐は栄養豊富で節約できる食材だ。豆腐ともやしを合わせてチャンプルーにしたり、グラタン風に仕上げると一気にメイン料理に大変身する。
さらに豆腐の代わりに厚揚げを使えば、よりボリュームのあるメイン料理を作ることができる。豚ひき肉と合わせてピリ辛味に煮込んだり、チーズや大葉をのせて焼いたり、調理法もさまざまだ。また、厚揚げは肉の代わりとしての使い方もある。南蛮漬け風に仕上げたり、オイスターソース味で炒めれば、肉に負けないボリュームのある料理が完成する。

豚肉を使ったメイン料理

豚肉のなかでも価格が抑えられる豚バラ肉を使えば、ボリュームのある節約料理を作ることができる。豚バラ肉で豆苗やもやしなどの野菜を巻いて肉巻きにしたり、玉ねぎと一緒に炒めたりするだけでもメイン料理になる。さらに豚バラ肉は大根と合わせて煮物にしたり、蒸し焼きにしたりと和食にも変身でき、和洋中どんな料理にも使いやすい。

3. 安くて大量に作れる料理:簡単一品料理

イタリアのパスタのトリオ
忙しいときは、安くて大量に作れる簡単一品料理が重宝する。主食となるごはんやパスタ、うどんと組み合わせれば、短時間で大満足のできる一品料理が完成するだろう。

ごはんで簡単一品料理

ごはん料理なら、自宅の冷蔵庫に残っている野菜やちくわなどを組み合わせて、炊き込みごはんにするのがおすすめだ。味の付いたごはんは食欲をかきたててくれる。おにぎりにしたり、冷凍にすることも可能なので、大量に作っておくのもいいだろう。また、炒飯や丼も欠かせない。炒飯も冷蔵庫の余りものと卵とごはんを合わせて作れるので、安くて簡単に作れるだろう。

パスタで簡単一品料理

パスタは簡単に作れるので、忙しいランチや夕食にピッタリだ。納豆や大葉を合わせて納豆パスタにしたり、きのこやベーコンを加えてペペロンチーノにしたりするのがおすすめ。さらに、トマトソースやホワイトソースと合わせればさまざまな味が楽しめる。

うどんで簡単一品料理

うどんは炒めたり煮たりといろいろな料理に活用できる。茹でたうどんにお好みの具材をのせて、タレをかければ簡単にぶっかけうどんが完成する。また、残り物の野菜などと一緒に炒めれば、焼うどんにも変身するだろう。また、カルボナーラ風に仕上げたりナポリタン風に仕上げれば、うどんで洋風の味わいが楽しめる。

結論

毎日の生活のなかで、安くて美味しい料理を考えることは難しい。しかし使う食材を工夫することで、安くて美味しい料理を作ることができる。いままで、節約料理というと同じ料理ばかりになってしまっていた人も、さまざまなアイデアを知ることで日々の食卓を美味しく彩ってもらいたい。
  • 更新日:

    2022年7月 5日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧