このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
餃子

餃子のタレをアレンジ!調味料ちょい足しから変わりダレまで紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

鉛筆アイコン 2022年8月 1日

今回紹介するのは餃子のタレのアレンジだ。 醤油と酢、ラー油をあわせて作ることの多い餃子のタレだが、大根おろしを加えたり、豆板醤をプラスして辛く味付けしたり、味噌ダレで食べたり、定番のタレ以外でも美味しく味わえる。

  

1. 基本の餃子のタレにちょい足しアレンジ

餃子
最初に基本の酢醤油系のタレに調味料をプラスする餃子のアレンジダレを紹介しよう。どのような材料を加えると美味しく味わえるのだろうか。

アレンジの基本!簡単な餃子のタレの作り方

餃子といえば酢醤油のイメージが強いかもしれないが、ちょい足しすると飽きずに楽しめる。いつもの味に飽きたとき、ちょい足しするアレンジダレを紹介する。

味噌をプラス

こってり味が好きな人におすすめのアレンジが味噌ダレだ。作り方は定番のタレに味噌と砂糖、ごま油をプラスするだけ。簡単に作れるうえ、ごはんがどんどんすすむ美味しさだ。

黒コショウをプラス

タレに黒コショウをプラスするだけの簡単アレンジもおすすめの餃子のタレだ。黒コショウがピリッときいており、ビールがすすむ美味しさである。餃子を自分で焼くのが面倒なときは、王将のような専門店でテイクアウトするのもありだ。

豆板醤をプラス

ラー油以外の辛さを加えたいときは、豆板醤をプラスするタレがおすすめ。豆板醤の独特の辛さがアクセントになり、餃子がいくらでも食べられそうだ。少しの量でも辛みがあるため、味をみて少しずつ加えることがポイント。

2. 酢醤油なし!餃子の変わりタレアレンジ

餃子
次に酢醤油以外の調味料で作る餃子のアレンジダレを紹介する。

餃子の梅ダレ

梅肉やレモン汁、醤油で作るサッパリとした梅ダレも餃子におすすめのタレだ。茹で餃子はもちろん、焼き餃子につけて食べても美味しい。ポイントは片栗粉と水でとろみをつけること。ツルンとした茹で餃子でも絡みがよくなる。

なめたけおろしダレ

なめたけと大根おろし、七味唐がらしで作るなめたけおろしダレも餃子におすすめのアレンジダレのひとつだ。なめたけや大根おろしが加わることで、さまざまな食感を楽しめる。

焼肉のタレとポン酢

そのままでもそれぞれ美味しい焼肉のタレとポン酢だが、あわせて作るタレもありだ。さらに辛いのが好みなら豆板醤を足したり、サッパリと味わいたいときは柚子こしょうを追加したり、いろいろなアレンジが楽しめる。

しょうがの醤油漬け

みじん切りにしたしょうがと醤油、みりん、和風出汁の素を混ぜてレンジで加熱する漬けダレもおすすめのひとつ。餃子はもちろん、ごはんにかけて食べても美味しい。多めに作って保存しておくと重宝するだろう。

3. 余った餃子のタレの活用アレンジ

餃子
最後にあまった餃子のタレを活用するアレンジ料理を紹介しよう。どんな料理に基本の餃子ダレを使えるのだろうか。

アレンジチャーハン

あまった餃子のタレを活用するアレンジ料理のひとつがチャーハンだ。ごはんと食材を炒めたら最後に、しょうゆのかわりに餃子のタレをまわし入れて完成。餃子と相性バッチリな一品だ。

サラダのドレッシング

餃子のタレはレタスと味付き海苔で作るサラダのドレッシングとしてかけても美味しい。白ごまをトッピングすれば食感を楽しめるうえ、風味を堪能できるだろう。

キャベツとにんにくのペペロンチーノ風パスタ

ラー油入りの餃子のタレならキャベツとにんにくのパスタの味付けに使うのにおすすめだ。いつもとは違うペペロンチーノを食べたいときにおすすめ。

味付け卵

餃子のタレのアレンジレシピのひとつが味付け卵だ。めんつゆに漬けて作る方法もある味付け卵だが、餃子のタレに漬けても美味しい。そのまま食べるのはもちろん、スライスしてサラダにトッピングするのもありだ。

結論

餃子のタレのアレンジを紹介した。酢と醤油で作る定番のタレもおいしいが、先述したように味噌や黒こしょう、豆板醤をプラスしてアレンジするのもありだ。また餃子のタレを料理の味付けに使うと、いつもとは違う味を楽しめる。
  • 更新日:

    2022年8月 1日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧