このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クロワッサン

クロワッサンのアレンジ料理!ひと手間で美味しく楽しめる方法を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年8月 8日

クロワッサンはさまざまなアレンジを楽しめるパンだ。具材を加えるアレンジはもちろん、パイ生地として活用する方法やスイーツにリメイクする方法など、幅広い楽しみ方ができる。本記事では、クロワッサンのおすすめアレンジを紹介していく。クロワッサンが余ったときなどにも役立ててほしい。

  

1. クロワッサンの具材アレンジ

クロワッサン
定番のクロワッサンアレンジといえば、具材を挟んで食べるサンドイッチへのリメイクだ。クロワッサンと相性のよい食材を組み合わせて、下記のようなアレンジ料理を楽しもう。

具材を挟んでリメイク

ハムとチーズのクロワッサンサンド

クロワッサンにハムとチーズを挟んでから、トースターで加熱するのがポイントだ。とろけたチーズとサクサクのクロワッサンの組み合わせが美味しい。こってりとした味のアレンジのため、サラダなどを添えると食べやすい。

卵のクロワッサンサンド

茹で卵をつぶしてマヨネーズなどと和えた卵フィリングを、クロワッサンにたっぷり挟んだボリュームのあるサンドイッチだ。卵フィリングの代わりに、目玉焼きやオムレツを使うのもおすすめである。レタスやキュウリ、トマトなどを一緒に挟むと美味しい。好みでチーズやハムを加えてもよい。

野菜たっぷりクロワッサンサンド

バターたっぷりのクロワッサンには、生野菜を組み合わせると食べやすくなる。レタスやトマト、きゅうりなどの野菜をメインにして、アボカドやチーズ、ハム、チキン、スモークサーモン、ローストビーフなどを少し加えると味がなじむ。

クロワッサンホットドッグ

クロワッサンにウインナーを挟んでトースターで焼くだけの、簡単なアレンジだ。一般的なホットドッグよりも見た目はオシャレだが、食べごたえがある。千切りキャベツやレタスを一緒に挟むと食べやすい。好みでケチャップやマスタードをかけよう。

2. クロワッサンの土台アレンジ

キッシュ
クロワッサンはバターが練り込まれたデニッシュ生地で作られているため、パイ生地としても使える便利な食材でもあるのだ。パイ生地を一から作ると手間がかかるが、クロワッサンを使えば時短で簡単に作れる。クロワッサンを土台として使う、おすすめのアレンジ料理を紹介しよう。

土台にも使える

クロワッサンパイ

スライスしたクロワッサンをパイ型に敷き詰め、好みの具材をのせてオーブンで焼けば、さまざまな味のパイが作れる。簡単にできるが味は本格的なため、おもてなし料理にもおすすめだ。プレーンのクロワッサンなら、ミートパイなどのおかず系、アップルパイなどのスイーツ系のいずれにも使える。

クロワッサンキッシュ

フランスの家庭料理であるキッシュは、クロワッサンを使えば簡単に作れる。スライスしたクロワッサンをパイ型に敷き詰め、好みの具材をのせ、卵と牛乳、粉チーズなどを混ぜ合わせた卵液を注いでオーブンで焼けば完成だ。具材はほうれん草や玉ねぎ、マッシュルーム、ベーコンなどが定番である。

クロワッサンピザ

スライスしたクロワッサンを敷き詰め、ピザソースを塗り、好みの具材とチーズをのせてオーブンやトースターで焼けばピザができる。生地がサクサクして美味しい。一般的なピザ生地よりも濃厚な風味のため、具材は野菜をメインにするのがおすすめだ。クロワッサン一つで小さなピザを作れば、おつまみにもなる。

3. クロワッサンのデザートアレンジ

クロワッサン
クロワッサンにチョコレートやフルーツなどを挟んだり、アップルパイなどの生地としてスイーツにリメイクしたりすることで、簡単に本格的なデザートを作ることもできる。また、気軽に食べられるおやつも作れる。おすすめのデザートアレンジを紹介しよう。

おやつやデザートにリメイク

クロワッサンフルーツサンド

クロワッサンに好みのフルーツとクリームを挟むだけの簡単アレンジだ。生クリームと苺、ブルーベリーとクリームチーズ、バナナとチョコとカスタードクリームなど、さまざまな組み合わせを楽しもう。アイスクリームを使っても美味しい。

クロワッサンプディング

砂糖や牛乳を加えた卵液にカットしたクロワッサンを浸し、オーブンで焼いたデザートだ。ブルーベリーなど加えると美味しい。硬くなってしまったクロワッサンを美味しく食べられる、おすすめのアレンジである。

クロワッサンラスク

好みの厚さにスライスしたクロワッサンにグラニュー糖をかけ、オーブンで焼くだけで簡単にラスクができる。カリカリとした食感とバターの風味が美味しい。おやつやおつまみに最適だ。シナモンシュガー、ガーリックなど、味を変えて作るのも楽しい。

結論

クロワッサンはそのまま食べても美味しいが、サンドイッチアレンジや生地へのリメイク、デザートアレンジなど、さまざまな食べ方ができる。食べきれず余らせてしまった場合は、アレンジを楽しむのがおすすめだ。手間のかかるパイ生地の代用としても使えるため、ぜひ料理に役立ててほしい。
  • 更新日:

    2022年8月 8日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧