このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鶏むね肉

鶏胸肉を簡単に柔らかくする方法!時短調理で美味しくできる

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年8月 2日

揚げ物や炒め物などさまざまな料理で活躍する鶏胸肉だが、鶏もも肉と比べると硬くパサパサしていると感じる人は多いのではないだろうか。そこで今回は、鶏胸肉を簡単に柔らかくする方法を紹介しよう。また、鶏胸肉を食べるメリットもあわせて解説していくので、ぜひ参考にしてみてほしい。

  

1. 鶏胸肉を簡単に柔らかくする方法

鶏むね肉
高たんぱくで低脂質な鶏胸肉はダイエットや筋トレをしている人に大人気だが、もも肉と比べると硬くパサパサしており味気ないと感じる人は多いはずだ。ここでは、そんな鶏胸肉を簡単に柔らかくする方法を解説していこう。

筋繊維を断ち切る

鶏胸肉を柔らかくするには切り方が重要である。鶏胸肉は葉っぱのように放射状に繊維があるため、それを断ち切るように包丁でカットしていく。繊維を断ち切ることで、焼いたときに縮むのを防ぐことができるため柔らかく仕上がるのだ。

漬け込む

鶏胸肉を柔らかくするには調味料などで鶏胸肉を漬け込むのも重要だ。とくに高温で調理する唐揚げなどは、水分が抜けパサつきやすいので効果的。

片栗粉をまぶして調理する

片栗粉をまぶすことで水分が抜けるのを防げるため、しっとり感が残りジューシーに仕上がるだろう。

2. 鶏胸肉を漬け込んで柔らかくする方法

鶏むね肉
鶏胸肉を柔らかくする方法が分かったところで、今度は鶏肉を漬け込むときに使う調味料を紹介しよう。

使う調味料や食材

鶏胸肉を漬け込むときに使用する調味料には、酒・砂糖・マヨネーズ・重曹・酢などがある。作る料理の味付けや種類によって、使用する調味料を変えながら使うとよいだろう。とくにマヨネーズや酢は味が強い調味料なので、もともと酸味のある料理に向いている。甘い味付けをするなら、砂糖などを使ってみよう。

3. 鶏胸肉を食べるメリット

鶏むね肉
鶏胸肉を漬け込んで柔らかくするために使う調味料が分かったところで、今度は鶏胸肉を食べるメリットを解説していこう。

疲労回復を促進する

鶏胸肉には疲労回復を促す成分である、イミダゾールジペプチドが豊富に含まれている。イミダゾールジペプチドは、細胞の機能低下を防ぐ効果や抗酸化作用などによって疲労回復を促すのだ。とくに筋トレやスポーツなどをする人は低脂肪、高たんぱくに加えて疲労回復効果のある鶏胸肉を食べることは大きなメリットになるだろう。(※1)

結論

鶏胸肉を柔らかくするには、筋繊維を断ち切る・調味料で漬け込むなどの方法がある。漬け込むときに使う調味料には、酒・砂糖・マヨネーズ・重曹・酢などがあり、作る料理によって使い分けるのがよいだろう。また、鶏胸肉には疲労回復を促すイミダゾールジペプチドが豊富に含まれている。この記事を鶏胸肉を食べる際の参考にしてみてはいかがだろうか。

(参考文献)

※1参照:農林水産省「誰かに話したくなるお肉の豆知識」
  • 更新日:

    2022年8月 2日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧