このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
そぼろ丼

もうこの組み合わせしか考えられない!『そぼろ丼』のウマみをより引き立たせる極上の献立とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2022年9月15日

そぼろ丼は、手軽に作ることができるうえに、甘辛い味付けで食欲をかきたててくれるのが魅力だ。そんなそぼろ丼を作ったときに悩むのが、合わせる献立だ。この記事では、そぼろ丼を作ったときに合わせたい献立について紹介する。汁物や副菜を上手に合わせて、栄養バランスのとれる献立を目指してみよう。

  

1. 栄養バランスを考えたそぼろ丼の献立のコツ

そぼろ丼
そぼろ丼は、甘辛く炒めた豚そぼろや鶏そぼろをご飯にのせて作る。肉の甘辛い味わいは食欲をかきたててくれると人気だ。また、三色丼として卵や青菜などを合わせることも多い。そんなそぼろ丼は健康のことを考えたときに、不足している野菜を献立に組み合わせるのがおすすめだ。さらに魚も不足しているので、そぼろ丼にツナを加えてみるのもいいだろう。栄養バランスを考えたそぼろ丼の献立を作るときは、不足しがちな野菜や魚などを効率的に使っていくようにしたい。

2. 夕飯に人気のそぼろ丼の献立:汁物

味噌汁
夕飯にそぼろ丼を作るのなら、スープやなどの汁物をプラスしたい。そぼろ丼に合わせやすい汁物を紹介する。

野菜スープ

そぼろ丼はどうしても野菜が不足しがちだ。その分、汁物に野菜をたっぷり使う野菜スープを合わせるのがおすすめだ。使う野菜は、冷蔵庫の余りもので大丈夫。野菜の旨みを生かした優しいコンソメ風味で作るといいだろう。

きのこと豆腐の味噌汁

きのこと豆腐を使った味噌汁は、きのこの旨みに豆腐を加えることで、満足感もあり、そぼろ丼の足りない栄養素も補える。きのこの種類は好みで選ぶといいだろう。

3. 夕飯に人気のそぼろ丼の献立:あっさり副菜

水菜のサラダ
そぼろ丼にあっさりとした副菜を合わせれば、ヘルシーな献立に仕上がる。不足している野菜を使う副菜を紹介しよう。

野菜の甘酢和え

もやしやキャベツ、人参などをたっぷり使う甘酢和えは、ヘルシーで彩りもいいので、そぼろ丼の副菜にピッタリだ。甘酢にすることで、酸っぱくなりすぎず、子供でも食べることができる。

水菜のじゃこサラダ

水菜に乾煎りしたじゃこや油揚げを加えるサラダは、食べ応えもありさっぱりと食べることができる。じゃこを加えることで、不足しがちなカルシウムも補うことができるだろう。

4. 子供が喜ぶ幼児食のそぼろ丼の献立

鶏そぼろ丼
そぼろ丼は、子供も喜ぶメニューの1つだ。そんなそぼろ丼は幼児色としても活用できる。幼児用の献立を考えるのなら、そぼろ丼に定番のほうれん草のおひたしを合わせたり、小松菜の納豆和えなどを合わせるといいだろう。また汁物として細かく切った野菜をたっぷり入れた野菜スープや味噌汁を合わせると、栄養バランスのとれたそぼろ丼の献立が完成する。

5. お昼ご飯に簡単なそぼろ丼の献立

鶏そぼろ丼
お昼ご飯に簡単なそぼろ丼の献立を食べるのもおすすめだ。うどんやそうめんなどだけではもの足りない時に、そぼろ丼をプラスしてボリュームのあるお昼ご飯にするのもいいだろう。また、そぼろ丼をメインとしたお昼ご飯には、作り置きしておいたおかずや具沢山の味噌汁を合わせると、簡単に栄養バランスのよい献立を作ることができる。そぼろは作り置きも可能なので、たくさん作っておいて翌日の朝食や昼食に活用してみるのもいいだろう。

結論

そぼろ丼は子供から大人まで人気のメニューだ。しかしそぼろ丼だけでは栄養バランスがよくないので、献立を考えるときは、そぼろ丼に不足しがちな野菜をたっぷり使った副菜や汁物を合わせるのがおすすめだ。また、ご飯の上にそぼろだけをトッピングするのではなく、卵や青菜などほかの具材をのせるのもいいだろう。そぼろ丼の献立を考えるときは、全体のバランスを考え、不足している栄養を補うようにしたい。
  • 更新日:

    2022年9月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧