このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
かぼちゃの種

捨ててしまいがちな『あの種』が食べられるって知ってた?驚きの正体とおすすめの美味しい食べ方とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月15日

かぼちゃを食べる際に捨ててしまいがちなかぼちゃの種だが、かぼちゃの種の食べ方が分からない人は多いのではないだろうか。かぼちゃの種は栄養が豊富に含まれているため、捨ててしまうのはもったいない。そこで今回は、かぼちゃの種の食べ方や下処理の方法などを解説していくので、ぜひ参考にしてみてほしい。

  

1. かぼちゃの種の食べ方

かぼちゃ
かぼちゃの種の食べ方が分からずに、捨ててしまっている人は多いのではないだろうか。
ここでは、かぼちゃの種の食べ方を解説していこう。

そのまま食べる

かぼちゃの種はそのままでも食べられるが、味がシンプルなので好みの味付けをしながら食べるのがよい。チリパウダーなどのスパイス系やオレガノなどのハーブ系で味を付ければ、おつまみとして楽しめる。砂糖やバター、シナモンなどで甘い味付けをすればおやつにもなる。いろいろな味を楽しみながら、かぼちゃの種を味わってみよう。

料理やデザートに使う

かぼちゃの種は、卯の花やかぼちゃのサラダなどの料理に使うのもおすすめだ。また、ケーキやヨーグルトのトッピングに使えば、食感がいいアクセントになる。チョコレートとも相性がいいので組み合わせてデザートを作ってもよいだろう。プチプチとした食感が美味しいので、かぼちゃの種が好きな人はぜひ試してみてほしい。

2. かぼちゃの種を下処理する方法

かぼちゃの種
かぼちゃの種の食べ方が分かったところで、今度はかぼちゃの種の下処理の方法について解説していこう。

下処理の仕方

かぼちゃの種は表面が白い皮に覆われているため、皮を剥かないと食べることができない。
種は果肉の中央部分のワタと呼ばれるもののなかに入っているため、スプーンなどでワタごと取り出すようにしよう。ワタと種を分離させたらよく洗い、ぬめりをとってからザルなどにあけて1日以上天日で干すとよいだろう。よく乾燥させたら皮を剥くための下処理は完成だ。また、干しただけでは剥きづらいものは、フライパンで炒ったりレンジで加熱して乾燥させるといった方法もある。いろいろな方法で下処理ができるので、自分がやりやすい方法で試してみてほしい。

3. かぼちゃの種の皮を剥く方法

かぼちゃの種
かぼちゃの種の下処理の方法が分かったところで今度は、かぼちゃの種の皮を剥く簡単な方法を見ていこう。

簡単なやり方

キッチンバサミやペンチなどを使って、かぼちゃの種を縦に挟んで割るのが一般的だが、滑ってやりずらい場合がある。そんなときは、爪切りを使うと簡単に皮を割ることができるのでおすすめだ。また、品種によって皮を剥かずに種を食べることができるペポかぼちゃという品種もある。ペポかぼちゃは西洋かぼちゃに比べて種の外皮が柔らかいため、そのまま食べられるのだ。ペポかぼちゃはスーパーなどではあまり見かけないが、自分でも栽培できるのでぜひ試してみてほしい。

結論

かぼちゃの種はそのまま食べるだけでなく、おつまみやおやつなどいろいろなものにアレンジして美味しく食べることができる。下処理の方法は、ワタの中に種が入っているのでワタごと実からとりだし、ワタと種を分離させよう。皮を剥くときは爪切りを使うと簡単なのでおすすめだ。かぼちゃの種を食べたことがない人は、ぜひこの記事を読んでかぼちゃの種を食べる際の参考にしてみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年9月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧