このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ブルーベリーソース

『あのソース』が絶妙なハーモニーを生み出すってほんと?数々の料理を絶品に仕上げるソースの正体とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月16日

そのままパンに塗って食べるのはもちろん、料理やお菓子作りにも使えて便利なブルーベリーソース。今回はそんなブルーベリーソースの活用方法や保存方法、作り方などを紹介したい。ちょっと意外な使い道も解説しているので、ブルーベリーソースが余ったり残ったりしている人もぜひ参考にしてみてほしい。

  

1. ブルーベリーソースの使い道

ブルーベリーソース
まずは、ブルーベリーソースのいろいろな使い道を見ていこう。相性のよい料理をたくさん紹介するので、ぜひ参考にしてみてほしい。

料理と相性が良い

ブルーベリーソースが使える料理やデザートには、以下のようなものがある。
  • ポークソテー
  • ローストビーフ
  • ローストチキン
  • チーズケーキ
  • パンケーキ
ブルーベリーソースは特に肉料理と相性がよく、独特の甘酸っぱさがお肉の美味しさを引き出してくれる。豚肉・牛肉・鶏肉といずれも相性がよいため、焼いた肉にブルーベリーソースをあわせて楽しんでみよう。また、ブルーベリーソースは料理だけでなくデザートに活用するのもおすすめだ。甘いパンケーキの上にかけて酸味をプラスしたり、相性のよいチーズケーキと組み合わせたりするのもよいだろう。アレンジ次第でいろいろな楽しみ方ができるので、ぜひ好みの食べ方を探してみてほしい。

2. ブルーベリーソースの保存方法と期間

ブルーベリーソース
次に、ブルーベリーソースの保存方法について見ていこう。保存期間の目安も解説しているので、自宅で手作りした際の参考にしてみてほしい。

保存の仕方と期間の目安

ブルーベリーソースは粗熱を取ってから瓶で保存するのが基本だ。保存法の瓶は煮沸しておき、内側がしっかりと乾いてから粗熱を取ったブルーベリーソースを入れよう。保存期間はしっかり密閉できていれば約半年間とされているが、早めに消費をしておくのがおすすめだ。また、冷蔵庫に入れて保存するようにしよう。小さめの瓶に入れて保存するか、こまめに作って常に新しいソースを使用するようにするとよい。保存期間は使用している砂糖の量が多いほど長いとされているが、手作りのものならできるだけ早く消費したほうがよいだろう。

3. ブルーベリーソースの作り方

ブルーベリーソース
次に、ブルーベリーソースの作り方を紹介する。鍋で作る方法と、手軽な電子レンジを使う方法をそれぞれ見ていこう。

鍋で煮る方法

鍋で煮る場合には、洗って水気を取ったブルーベリーと砂糖を鍋に入れる。弱火で全体をかき混ぜながら15分ほど煮詰め、ほどよくとろみがついてきたらレモン汁を加えよう。煮ている最中にはアクが出てくるので、こまめに取りながら煮詰めるとよい。ドロドロになるまで煮詰めると、ソースよりジャムに近くなってしまうので注意しよう。

電子レンジを使う方法

電子レンジを使う場合には、耐熱容器にブルーベリー・水・砂糖などを加えてラップをしてから加熱する。ブルーベリーをフォークで潰し、好みでキルシュやレモン汁などを加えてから再度加熱しよう。加熱が終わったら全体を混ぜ合わせれば完成だ。鍋でも電子レンジでも簡単に作れるので、ぜひ試してみてほしい。

結論

ブルーベリーソースはデザートやヨーグルトのトッピングとして使えるほか、肉料理と組み合わせるのもおすすめだ。市販のものを使ってもよいが、ブルーベリーや砂糖などがあれば簡単に手作りできる。鍋で煮るほか、電子レンジでも作れるのでぜひ試してみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2022年9月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧