このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ちぢみ法蓮草

知ってた?旨みと甘みが特徴の「ちぢみほうれん草」はこの食べ方が正解!覚えておくべき調理のポイントとは

投稿者:ライター 佐々木このみ(ささきこのみ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2022年9月18日

ちぢみほうれん草レシピには、どのようなものがあるのだろうか。冬が旬のちぢみほうれん草には、一般的なほうれん草とは異なる特徴がある。本記事では、美味しさを生かした調理法を踏まえ、おすすめのちぢみほうれん草レシピについて紹介していく。

  

1. ちぢみほうれん草レシピの基本

ちぢみほうれん草
ちぢみほうれん草は、一般的なほうれん草と栽培方法が異なる。冬が旬という点は共通しているが、寒い時期のほうれん草は主にハウスやトンネルで栽培されるのに対し、ちぢみほうれん草は露地栽培で育てられるのだ。

特徴とポイント

寒いなかで露地栽培されるちぢみほうれん草は、より多くの日光を浴びるために、葉を地面に張り付くように広げながら育つ。また、その名の通り葉が縮れた状態になるのも一般的なほうれん草との大きな違いだ。さらに、ちぢみほうれん草には、寒さに耐えながら育つことで下記のような特徴がある。
  • 葉が厚い
  • 糖度が高い
  • 旨みが強い
ちぢみほうれん草レシピを選ぶ際は、このような味の特徴を生かしたシンプルな調理がおすすめだ。全体的に土がついていることが多いため、しっかり水洗いしてから使おう。アク抜きに関しては必須ではないが、気になる場合はサッと下茹でしてから使うとよいだろう。

2. ちぢみほうれん草レシピの茹でる調理法

ほうれん草のナムル
茹でたちぢみほうれん草は、さまざまな料理に使える。美味しく仕上げるポイントは、茹ですぎないことだ。ほどよく食感が残る程度にサッと茹でて食べよう。茹でて食べるおすすめのちぢみほうれん草レシピを紹介する。

おすすめの料理

ちぢみほうれん草の和え物

ナムルや白和えなどは、ちぢみほうれん草レシピの定番である。洗ったちぢみほうれん草を、根の部分から熱湯に入れて30秒ほど茹でる。その後冷水にひたし、水気を絞って好みの調味料と和えれば完成だ。

ちぢみほうれん草のおひたし

下茹でしたちぢみほうれん草を、出汁や醤油で作った合わせ調味料にひたす。好みでかつお節やごまをかければ完成だ。

ちぢみほうれん草のサラダ

下茹でして作る和え物やおひたしと同様に、サラダもおすすめのちぢみほうれん草レシピの一つだ。サバ缶やツナ缶と合わせて、ポン酢をかけて食べるサラダや、温泉卵をのせたシーザーサラダなどが美味しい。

ちぢみほうれん草の味噌汁

ちぢみほうれん草は味噌汁の具材にも最適で、豆腐や油揚げなどほかの食材と組み合わせると美味しい。火が通りやすいため、味噌を加える直前に出汁に入れて茹でるとよいだろう。

3. ちぢみほうれん草レシピの炒める調理法

ほうれん草とベーコンと卵の炒め物
炒めることで甘みが引き立つちぢみほうれん草は、シンプルな炒め物にもぜひ使いたい。炒めて食べるおすすめのちぢみほうれん草レシピを紹介しよう。

おすすめの料理

ちぢみほうれん草のごま油炒め

洗って5cm幅程度に切ったちぢみほうれん草を、ごま油で炒め、仕上げに醤油で味付けすれば完成だ。好みでごまをふろう。シンプルで美味しいちぢみほうれん草レシピで、お弁当のおかずにも最適である。

ちぢみほうれん草と卵の炒め物

フライパンで炒り卵を作って取り出しておく。ちぢみほうれん草をサッと炒めてから炒り卵を戻し、炒め合わせるとキレイにできる。醤油や鶏がらスープの素など、好みの味付けで仕上げよう。エビやベーコンなどほかの具材を加えても美味しい。

ちぢみほうれん草のチャーハン

みじん切りにしたちぢみほうれん草を使ってチャーハンを作ると、緑色がきれいな翡翠チャーハン風に仕上がる。強火でサッと炒め合わせるのがポイントだ。

ちぢみほうれん草のスープ

ちぢみほうれん草を茹でながらスープにする作り方のほか、炒めてからスープに加える方法もおすすめだ。炒めることでちぢみほうれん草の甘みが引き立つというメリットもある。コンソメスープや中華スープ、和風卵スープなど、さまざまな味付けができる。また、ピューレ状にしたちぢみほうれん草を使うポタージュスープもおすすめだ。

4. ちぢみほうれん草レシピのその他の調理法

サーモンとほうれん草のポテトグラタン
茹でる、炒めるというシンプルな調理法のほかにも、さまざまなちぢみほうれん草レシピが存在する。

おすすめの料理

ちぢみほうれん草のキッシュ

パイ生地に卵液を流し込んで焼くフランスの家庭料理で、ほうれん草は定番具材である。玉ねぎやベーコンなどと一緒にちぢみほうれん草を炒めてパイ生地にのせ、卵液を流し入れてオーブンで焼けば完成だ。おもてなしメニューにも最適なちぢみほうれん草レシピである。

ちぢみほうれん草のリゾット

生米と一緒に、刻んだちぢみほうれん草を炒めてからスープで煮込む。仕上げに下茹でして刻んでおいたちぢみほうれん草を加えると、キレイな緑色に仕上がる。

ちぢみほうれん草のグラタン

甘みの強いちぢみほうれん草は乳製品との相性もよく、グラタンの具材にもおすすめだ。鶏肉や鮭、シーフードミックスなどと組み合わせると美味しい。

ちぢみほうれん草の天ぷら

肉厚なちぢみほうれん草は、天ぷらにすることもできる。素材そのものを味わえるちぢみほうれん草レシピだ。中央部分の短い若葉を使うことと、衣を片面のみにつけて揚げるのがポイントだ。また、ほかの具材と合わせてかき揚げにするのもおすすめである。

結論

ちぢみほうれん草は、一般的なほうれん草よりも肉厚で甘みが強く旨みが濃い。それらのメリットを生かすには、シンプルな調理法を用いたちぢみほうれん草レシピがおすすめだ。茹でる、炒める、揚げるなど、さまざまな食べ方ができるため、気軽にちぢみほうれん草レシピを試してみよう。
  • 更新日:

    2022年9月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧