このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
きのこの盛り合わせ

「きのこ」と「ほうれん草」は一緒に食べてはいけないってほんと?実は知らない合食禁の真実とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2022年9月 9日

低カロリーで食物繊維が豊富なきのこは、現代人にうってつけの食材のひとつである。人工的に栽培する技術が躍進したことで、価格も安定、リーズナブルで手に入れやすいところもうれしい。今回はそんなきのこの食べ合わせについて徹底調査。きのこと食べ合わせの悪い食材はあるのだろうか?きのこと食べることで、より効率よく栄養を摂取できる食材についてもまとめていこう。

  

1. きのこと食べ合わせの悪い食材

ほうれん草
古くから人々は、一緒に食べると体調を崩しやすい食材を合食の禁として伝承してきた。きのこもそのリストにいくつか挙げられている。ただ、この合食の禁は科学的根拠がないものも多く、現代においては必ずしもNGとはならない。ここではきのこと食べ合わせの悪い食材が本当にあるのかを解説していこう。

伝承されてきた食材

合食の禁にリストアップされているのは、「雉肉ときくらげ」「雉肉ときのこたけ」「鴨肉と卵ときくらげ」「ほうれん草ときのこ」などである。現代において、日常的に雉肉を食べることはないのでこれらは参考にはならない。「鴨肉と卵ときくらげ」「ほうれん草ときのこ」は、今でも食べる可能性のある食材だが、これらについても科学的根拠は見受けられない。東洋医学や薬膳的に捉えると鴨肉ときくらげは双方、熱を冷ます働きがあるのでお腹を下すことがあるとされている。

2. きのこと食べ合わせの良い食材

カリウムを含む食品
きのこと食べ合わせが致命的に悪い食材は、あまり見当たらないようだ。ただし、体調や体質によっても異なるので無理をしすぎないように注意したい。ここからは逆にきのこと相性の良い食材についてリサーチしていこう。

相性のいい食材

きのこと食べると栄養バランス的に優れていたり、より効率的に栄養を摂取できる食材の特徴をまとめていこう。

カルシウム豊富な食材

きのこにはカルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富に含まれている。このことから、カルシウムをたくさん含む食材と合わせると効率よく、栄養を摂取することができる。牛乳やチーズ、ヨーグルトなどと相性がいい。(※1)

油分

さらにビタミンDやカルシウムは油を使うことで、さらに効率よく吸収することができるようになる。このため、油を使った調理にも向いている。

グルタミン酸豊富な食材

きのこ、とくに干したものにはグアニル酸と呼ばれる旨みの元が多く含まれている。これはほかの旨み成分と掛け合わせることで相乗効果を発揮し、より旨みがアップする。グルタミン酸を含むトマトやとうもろこし、昆布などがおすすめだ。(※2)

3. きのこ料理のランキング

エノキの豚バラぽん酢
ここからは実際にきのこを食べるときに参考になるよう、きのこ料理を紹介していこう。

料理の種類と特徴

東京聖栄大学の研究論文によるNHK『きょうの料理』の人気きのこ料理の分析によるランキングから、とくに気になる人気料理をピックアップするので参考にしてみてはいかがだろうか。(※3)

えのき豚

えのきと豚肉を重ねて蒸す料理で、非常にシンプル。かつヘルシーなので、体型が気になる人にもぴったりだ。タンパク質を合わせることで、栄養バランスもよくなる。

豆腐のきのこあんかけ

きのこの旨みが出た煮汁を豆腐が吸って、シンプルながら満足感のある味わいが自慢。あんかけにすることで、食べやすく、栄養満点の煮汁まで余すことなく食べることができる。ミツバやネギ、茗荷など、薬味で季節感を演出するのもおすすめ。

ミックスきのこマリネ

きのこは数種類合わせると旨みの相乗効果で、ぐっと美味しく感じられる。さらに一旦冷凍すると細胞が壊れ、旨みがより出やすくなるとされている。ドレッシングなど油分のあるマリネ液体で和えるとビタミンDの吸収率も上がるので◎。

結論

きのこと食べ合わせの悪い食材は、古くから伝承されているものがあるもののどれも科学的根拠に基づいたものではない。古くは自生したきのこを食べていたことも影響しているのかもしれない。逆に相性のいい食材はたくさんあるので、そちらを重視して美味しくいただくのがよさそうだ。
(参考文献)
  • 更新日:

    2022年9月 9日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧