このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
豆腐

夜に「豆腐」を食べるだけで痩せられるってほんと?豆腐ダイエットの凄まじい効果と食べ方のポイントとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月13日

低カロリーで栄養価の高い豆腐はダイエットにおすすめの食材だ。この記事では、豆腐ダイエットの効果ややり方について紹介する。豆腐ダイエットに最適なおすすめメニューも紹介するので飽きることなく、美味しく豆腐ダイエットを行うことができるだろう。

  

1. 豆腐ダイエットが効果的な理由

豆腐
豆腐ダイエットは効果が高いダイエットとして注目されている。豆腐ダイエットが効果的な理由について紹介しよう。

低カロリー

豆腐は低カロリーな食材だ。絹豆腐のカロリーは100gあたり56kcal(※1)、木綿豆腐は100gあたり73kcalである。(※2)絹豆腐と木綿豆腐のカロリーを比較してみると、絹豆腐の方がカロリーが低いのがわかる。

良質なタンパク質

豆腐は大豆からできており、良質なタンパク質が含まれている。良質なタンパク質とは、必須アミノ酸をバランスよく含んでいるタンパク質のことで、必須アミノ酸の含有率が高いほど良質なタンパク質だといえるのだ。(※3)

脂肪を減らす

豆腐の原料である大豆には、大豆タンパク質だけではなく、レシチンという成分が含まれている。このレシチンは、脂質を減らす効果が期待できる。(※4)そのため、豆腐を食べることでダイエット効果が期待できるのだ。

2. 豆腐ダイエットのやり方とポイント

豆腐
ダイエット効果が期待できる豆腐ダイエットを行うには、一日の摂取量や食べ方のポイントを押さえておくことが大切だ。気になる豆腐ダイエットのやり方とポイントをチェックしてみよう。

一日の摂取量

豆腐ダイエットを行う際は、一日の豆腐の摂取量の目安を150~200gにするのがいいだろう。この摂取量は豆腐1/2丁ほどである。

食べ方のポイント

豆腐ダイエットを行う際は、主食を豆腐に置き換えるのがおすすめだ。さらに夜に食べることで、糖質量を抑えることができるので、血糖値の上昇を抑える効果が期待できる。しかし豆腐ダイエットは、豆腐だけを食べるのではなく、魚や肉などほかの食品もバランスよく食べるようにすることが大切だ。バランスのよい食事を心がけることで、より豆腐のダイエット効果が期待できるようになる。

3. 豆腐ダイエットに最適なメニュー

豆腐
豆腐ダイエットを行う際は、ごはんを豆腐に置き換えるのもいいが、飽きずに続けられるようにさまざまな豆腐メニューを作ってみるのがおすすめだ。簡単で満腹感が得られるおすすめ豆腐料理を紹介しよう。

おすすめ料理

まぐろとしらすの豆腐丼

ごはんの代わりに豆腐を使ったまぐろとしらすの豆腐丼は、食べごたえがありカロリーが抑えられるのでおすすめだ。豆腐の植物性タンパク質やまぐろやしらすの動物性タンパク質を一度に両方摂取することができる。作り方は簡単で、豆腐の上にまぐろやアボカドの角切りとしらすを乗せてごま油と醤油をかけるだけだ。

豆腐とツナのチャンプルー

豆腐とツナ缶を使ったチャンプルーは作り方も簡単で豆腐ダイエットにおすすめだ。ツナのほかに小松菜などお好みの具材を加えて、炒めるだけで完成する。ツナを加えることで、旨味とコクのある仕上がりになるだろう。

結論

豆腐ダイエットは一日に半丁の豆腐を食べるだけでいいので、手軽に始められるダイエットだ。豆腐は良質なタンパク質を含み、脂肪を燃やす効果が期待できる。豆腐ダイエットはごはんを豆腐に置き換えるだけではなく、さまざまな豆腐メニューを食事に取り入れることでも効果が期待できるので、ぜひ手軽に豆腐ダイエットを始めてみてもらいたい。

(参考文献)

※1 文部科学省
豆類/だいず/[豆腐・油揚げ類]/絹ごし豆腐 - 01.一般成分表-無機質-ビタミン類
※2 文部科学省
豆類/だいず/[豆腐・油揚げ類]/木綿豆腐 - 01.一般成分表-無機質-ビタミン類
※3 厚生労働省
良質なたんぱく質 | e-ヘルスネット(厚生労働省)
※4 農研機構
大豆とその調理加工が脂質代謝改善作用に 及ぼす影響?
  • 更新日:

    2022年9月13日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧