このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
納豆

毎日1パック「納豆」を食べるだけで痩せられるってほんと!?納豆ダイエットの凄まじい効果とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月12日

ごはんのお供として人気の納豆は、ダイエット効果も期待できる。納豆は大豆からできており、さまざまな栄養素を含んでいるので、ダイエットにも効果的なのだ。この記事では、健康的に痩せると評判の納豆ダイエットの簡単なやり方や効果について紹介していく。

  

1. 納豆ダイエットのやり方は簡単

納豆
納豆は、もともと健康によいイメージがあり、食事の際に欠かさず食べるという人もいる。そんな納豆はダイエット効果もあるのだ。納豆ダイエットは手軽に始められるので、体重が気になった時にすぐに取り組めるだろう。そんな納豆ダイエットのやり方とポイントを紹介する。

やり方とポイント

納豆ダイエットは、ただ納豆をたくさん食べるのではなく、1日1パックを目安に食べることが大切だ。また、納豆は熱に弱い特性を持っているので、そのまま食べるようにしたい。納豆を食べるタイミングはいつでも大丈夫だが、朝食べると栄養を吸収しやすいので、健康や美容によい成分をより効率よく吸収できる。さらに夜食べると血栓の予防効果が期待できるだろう。

2. 納豆ダイエットで期待できる効果

納豆
納豆はさまざまな栄養素を持っているので、ダイエット効果が期待できる。納豆が持つダイエット効果について紹介しよう。

整腸作用

納豆は大豆と納豆菌によって作られる。この納豆菌は腸内の善玉菌を増やすため、腸内環境の改善効果が期待できる。(※1)
腸内環境がよくなることで、便秘の解消になるのだ。ほかにも、腸内環境がよくなることで身体に余計な脂肪を溜めにくくなるので、痩せやすい身体に変化する。これによりダイエット効果が期待できるのだ。(※2)

カルシウムの吸収促進

納豆のネバネバ成分であるポリグルタミン酸は、カルシウムの吸収促進効果が期待できる。(※1)納豆をダイエットに取り入れることで、体内でカルシウムをしっかり吸収することが可能になるのだ。カルシウムは不足してしまうと、体脂肪を増加させる可能性があるのでダイエット中でも積極的に摂取したい栄養素だ。(※3)

3. 納豆ダイエットに取り入れたい具材

納豆
納豆ダイエットを行うのなら、よりダイエット効果が期待できる具材を取り入れるのがおすすめだ。納豆だけで食べるよりも飽きが来なくなるので、納豆ダイエットに取り入れたい具材の組み合わせを紹介しよう。

おすすめの具材

納豆と合わせて取り入れたい具材はキムチだ。キムチ納豆として味わう人も多い組み合わせだが、キムチに含まれるにんにくには血栓をできにくくする作用があり、納豆には血栓を溶けやすくする作用があるので、相乗効果が期待できる。さらに納豆菌がキムチの乳酸菌の増殖を助けてくれるので、腸内をキレイにする。ほかにも納豆と玉ねぎを組み合わせると血小板の凝集を抑える作用があったり、納豆とカレーを組み合わせるとカレーに使われている香辛料の作用で納豆の持つ血液サラサラ効果を高めてくれる。(※3)納豆にキムチやカレーなど納豆の持つ効果をより高めてくれる具材を組み合わせることで、より高いダイエット効果が期待できるだろう。

結論

納豆ダイエットは、納豆を1日1パック食べるようにするだけなので、簡単に始められるダイエットだ。納豆に含まれる栄養素には、ダイエット効果が期待できる納豆菌やネバネバ成分であるポリグルタミン酸が含まれている。納豆のダイエット効果をより高めたい場合は、おすすめ具材と合わせることで、より美味しく効果的に納豆の栄養素を取り入れることができるだろう。

(参考文献)

※1 日本調理科学会誌
納豆
※2 株式会社キャリアカレッジジャパン
腸活でダイエットできる?痩せる理由は腸内細菌!おすすめ食品もご紹介│資格のキャリカレ
※3 森永製菓株式会社
業界注目!カルシウムは体重増加を抑える働きが期待できる?
※4 全国納豆共同組合連合会
納豆+αで健康的にやせる!/全国納豆協同組合連合会 納豆PRセンター
  • 更新日:

    2022年9月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧