このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

おすすめの車中泊グッズはこれ!万全の対策で快適な旅を

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月14日

気の向くまま、どこにでも旅ができる車中泊。キャンピング気分が気軽に味わえることから、最近は専門誌が発売されるほど注目を集めている。宿泊費がかからないなどのメリットが多い反面、暑い夏や寒い冬を快適に過ごすには、相応の準備をする必要があるようだ。そこで今回は、車中泊する際にぜひとも携帯しておきたいおすすめのグッズを紹介しよう。

1. 夏の車中泊を快適にしてくれるのは?

禁止されているエリアがあるとはいえ、道の駅や公園、駐車場など、公のスペースに駐車しながら気ままにリーズナブルに旅ができる車中泊。気軽にキャンピングを楽しめるなど、通常の旅とは違った魅力も多いことから人気を集めているようだ。

とはいえ、夜になっても気温が下がらない日も多いため、夏場に快適に車中泊するには暑さ対策が欠かせない。まず必須といえるのが携帯用の小型扇風機だ。おすすめは充電式や電池式など、コンセントがなくても使用できるタイプである。エンジンを切っても使えるので、ガソリン代の節約につながる。

車用のカーテンもあると便利だ。夜通し車を走らせたときなど、日中に車内で休みたいこともあるだろう。車用のカーテンを設置すれば、夏の日差しを避けることができる。設置方法はとても簡単。付属のフックを車に設置し、カーテンの左右に付いた紐をかけるだけでOKだ。暑さ対策だけでなく、プライバシーを守るのにも役立つだろう。

汗を拭くためのボディシートもおすすめだ。夜間に暑くて目が覚めたときなど、寝汗をさっと拭いたあとに扇風機の風を当てると体温を下げることができる。車中泊ではお風呂を利用できないこともあるが、このシートで体を拭くことである程度清潔に保つことも可能だ。

また、夏といえば蚊にも注意したい。窓を開けて寝る際には、虫よけネットがあると便利だ。車内に風を取り入れながら虫の侵入を防ぐことができる。マジックテープ式なので設置の仕方も簡単だ。日よけとしても使うことができるだろう。

2. 冬の車中泊に欠かせないグッズ

車中泊では周囲に泊めた車や近隣住民に迷惑をかける恐れがあるため、エンジンを切って就寝するのが一般的だ。暖房を消すとたちまち車内が寒くなってしまうので、冬に車中泊をするときは寒さ対策が欠かせない。

防寒インナーや靴下など、暖かい衣料品を身につけるのはもちろんだが、シュラフがあると重宝する。それほど寒くない日であれば、冬でも暖房器具なしで夜を過ごせるはずだ。

アルミシートもあるとよいだろう。シュラフと同じくキャンプグッズの一つだが、これを敷いた上に横になることで下からの冷気の多くをシャットアウトすることが可能だ。

窓から冬の冷気が入り込むのを防ぐのも重要なポイントである。窓ガラスに防寒フィルムを貼ったり、厚手のカーテンを設置したりするだけでも効果が期待できる。発泡プラスチック系の断熱材として知られるスタイロフォームを使うのもおすすめだ。ちょうどよい大きさにカットし、窓枠にはめ込むことで冷気の侵入を防げるのに加え、車内の暖かい空気の流出を防ぐのにも役立つだろう。ちなみに、スタイロフォームはホームセンターで購入できる。

暖房器具を使用するなら、電気毛布が手軽で便利だ。外部電源が必須となるが、エンジンをかけて寝るよりも経済的である。

3. 軽自動車で車中泊する際にはこれがあると便利

軽自動車で車中泊したい方も多いのではないだろうか。普通自動車に比べて狭い軽自動車の車内空間を有効に使うには、屋根に設置するルーフボックスを活用するのがおすすめだ。キャンプ道具など、就寝時に不要なものを収納しておけば、軽自動車の小さなスペースを効率よく使って快適に休むことができるだろう。

軽自動車には12Vのバッテリーが搭載されているのが一般的だ。暖房器具などを使用する可能性がある場合は、シガーソケットにつないで使用する12V車対応のコンバーターがあると便利だろう。

結論

なにかとメリットの多い車中泊だが、快適に過ごすためには相応の準備をしておく必要がある。とくに暑い夏や寒い冬は、季節のグッズを揃えるなど万全の対策をしておきたいところだ。車中泊は熱中症リスクがあったり、トイレにすぐ行けない、場所によっては迷惑になることがあるなど、デリケートな部分もある。車中泊をする際は、なんの不安もない状況でおこなってほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ