このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

薪を活用するために!薪を乾燥させるために必要なコツを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月10日

薪はストーブやお風呂を沸かすとき、さらにはキャンプなど、さまざまなシーンで活用するものだ。そのため、薪はきちんと管理することが重要であり、とくに燃えやすくするためには、乾燥させておくことが大切だ。そこで今回は、薪を乾燥させ使いやすくするための方法について紹介していこう。

1. 薪の乾燥保持のため雨から守る

薪は乾燥しておかなければ、しっかりと燃焼してくれないため、なにかと使いにくくなってしまう。そのため、しっかりと雨から守り保管しておくことが大切だ。自宅などで薪を保存するために、薪棚を設置しているところは少なくないが、ここで気をつけるべきポイントは、必ず屋根を設置して薪を雨から守ることである。

薪は湿ってしまうとなかなか燃えなくなるため、いかにカラカラの乾燥状態を保っておくかが、使いやすさに関わる重要な要素だ。薪棚にもともと屋根が設置されていれば問題ないが、仮に設置されていない場合は、自分で作らなければいけない可能性もあるだろう。

薪を雨から守るための屋根を作りには、波板を活用するとよい。そして、ポイントは雨水がしっかりと流れるように、屋根に傾斜をつけることだ。

2. キャンプで使う薪は乾燥が大事

薪を使うシーンとして代表的なものの一つがキャンプだろう。キャンプでは、暖をとるときや料理を作るときなど、火はさまざまな使い方をする。そこで活用されるものが薪だが、キャンプで考えられることとして、地面が濡れていたことで薪が水分を吸収して湿気てしまい、火が起こしにくいということではないだろうか。薪は乾燥が命といわれ、燃えやすくするためには湿気を与えることは避けた方がよい。では、キャンプのときに活用できる、薪を守るためのアイテムについて紹介しよう。

薪ラック

キャンプのときに、薪を守るため活用できるものが薪ラックだ。薪ラックとは、キャンプ用品として販売されている、薪を収納しておくためのラックのことである。薪ラックを使うことで薪を地面に置くことがなく、湿気を防いでくれるため、いつでも燃えやすい状態を保っておくことが可能だ。

また、薪を収納しておくだけでなく、テーブル代わりになるように設計されているものも販売されているため、非常に使い勝手がいい。デザインや大きさもさまざまな種類があるため、一度リサーチしてみることをおすすめする。薪をキャンプで使う場合は、ぜひ薪ラックを活用してみよう。

3. 薪をビニールハウスで乾燥させる

薪は使いやすくするために、しっかりと乾燥させておくことが重要となるが、湿気から守ることはなかなか難しいことである。そこで、薪を乾燥させるための方法が、ビニールハウスで保管をすることだ。ビニールハウスは室内となるため、薪を雨から守れる点も含め、保管場所として最適である。

そして、薪をビニールハウスにただ置いておけばよいわけではなく、いかに空気を通りやすくするかが、乾燥をさせるには大切だ。実際に、薪を扱っている業者でも、ビニールハウスで保管をして乾燥させる方法を取っているところもあるほどである。

ただビニールハウスに置いておくだけでなく、薪の積み方にも工夫が必要だ。しっかりと空気が通るようにしなければ、乾燥を保つことはできないため、隙間なく薪を積むのではなく、少しずつ隙間を空けておくことを意識して保管しよう。

結論

薪は燃えやすくするために、乾燥状態を保つことが重要である。自宅で保管をするときなど、棚を使う場合は屋根を設けて、雨から守るようにすることが大切だ。ビニールハウスで保管をする場合、風が通りにくくなると水から守れたとしても湿気てしまうため、隙間を空けて空気の通り道を確保することが必要だ。キャンプで使用する際も薪を守るために、薪ラックを活用してみよう。薪を使うときのために、ぜひ覚えておこう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ