このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キャンプの必需品ランタンの種類と選び方。キャンプ初心者はどう選ぶのが正解?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月30日

キャンプの夜に役に立つランタンには、どんな種類があるのだろうか。また選び方も気になるところだ。初心者がキャンプで扱うランタンの決め方もあわせて、今回はランタンの種類と選び方を詳しく説明していく。これから購入する人は、ぜひ参考にしてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キャンプで使うランタンの種類

キャンプであると便利なランタンには3種類あり、LED・ガソリンそしてガスである。それぞれの種類に特徴があり、また点火の仕方も違う。ここでは3種類の相違点について説明していく。

LED

スイッチを入れればLEDライトで明るくなるもので、子どもでも手軽に扱えるのが魅力だ。テントの中など、どんな場所でも役に立つだろう。LEDは蛍光灯よりも低いワット数で明るくできるので、省エネで長持ちするのが特徴だ。

しかしデメリットもあり、それは光量が控えめな製品が多いということだ。とはいえ、価格も安いので、初めて購入する人や予備・サブとしては買いやすいアイテムなのではないだろうか。テントの中で夜つけたい際は、LEDランタンを使うといいだろう。

ガス

灯油が燃料で、光量が大きいのが特徴だ。テント内では火事や一酸化炭素中毒の危険があるため、屋外でしか利用できないという欠点がある。ほかにも燃焼時間が比較的短い製品も多いので、予備を準備しておくと安心だ。

つけたい場面を間違えなければキャンプで役に立つアイテムだろう。なお、使用中は熱くなっているため、ガラスの部分などを素手で直接触らないよう注意してほしい。とくに子どもと一緒のときは子どもが触れてしまわないように常に目の届く位置に置くなどしてほしい。

ガソリン

ガソリンを使用するので非常に明るく、安定して使えるのもメリットだ。燃焼時間も長く、メインとして使える頼もしいアイテムだろう。デメリットは価格が高めということと、点火する際に空気入れのようなポンピングと呼ばれる作業をしばらく行わないといけない点だ。しかしながら、安定した光量を確保できるのは自然の中で過ごすキャンプにとっては大変魅力的なので、1つは持っておきたいアイテムである。

2. キャンプで使うランタンの選び方

キャンプで役立つランタンの選び方のコツは、それぞれの使用場面で適したアイテムを使い分けることが大事だという点を踏まえておくことだ。場面ごとの選び方を説明しよう。

メイン

メインとはタープにランタンをひっかけてサイト全体を照らしたりする役割を持つものだ。自分たちのサイトを明るくしなければならないので、光量は重要になってくる。加えて、短時間で明かりが消えても困るので、ある程度燃焼時間があるものを選ぶとよい。メインに選ぶべきアイテムはガソリンを用いたものがいいだろう。

テーブル

テーブル上に置くランタンは、メインより光量が小さいものを選ぶのがよい。明るすぎると、こちらがメインになってしまい虫が集まりやすくなるからだ。そのため選び方としては、ガスやLEDがベストである。

テント

テント内で使用するランタンは、火事や一酸化炭素中毒の危険がないLED一択だ。電池式や太陽光充電式などさまざまな製品が販売されているので、好みのものを選ぶといいだろう。

3. キャンプ初心者にはどのランタンがいい?

キャンプ初心者にもっともおすすめのタイプは、LEDランタンだろう。初心者のうちはポンピングが必要なガソリンランタンや、燃焼時間が比較的短く予備のガスを用意しなければいけないガスランタンは、ハードルが高めだからだ。LEDもライトがろうそくの火のように揺れるように見えるものなどもあるので、キャンプ初心者は、まずLEDランタンで光の使い方にある程度慣れてから次のステップに進み、お気に入りの製品選びをするといいのではないだろうか。

結論

キャンプで役に立ってくれるランタンは、使用する場面に合わせて準備するとよい。燃料ごとに分けると3種類あり、それぞれに長所と短所が存在するので、しっかり理解しておこう。キャンプ初心者はLEDランタンから使い始め、徐々にガスやガソリンタイプのランタンも揃えていくことをおすすめする。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ