このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ゴルフ初心者を脱出しよう!クラブなど道具の選び方について解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月22日

会社の人とのつき合いや新たな趣味としてゴルフを始めてみたものの、わからないことばかりで戸惑っている、そんな方は少なくないはずだ。ゴルフはドレスコードなどのマナーもクラブごとに存在し、初心者には敷居が高く感じやすい。さらにゴルフ用の道具はさまざまあるため、なにを購入すべきか悩む人も多いだろう。そこで今回は初心者に最低限揃えてほしい道具や選び方などについて解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ゴルフ初心者に適した道具の選び方

コースに出る前の練習なら、まずはレンタルで道具を揃えてチャレンジするのがおすすめだ。興味を持ち始めてみても人には向き不向きがあるので、やってみたら意外と自分には合わなかった、ということも起こりうる。無駄な買い物にならないためにも、練習段階で道具を一式揃えるのはおすすめできない。

ゴルフをするにはたくさんの道具が必要になるので、想像以上にお金がかかる。各自予算もあると思うので、練習しながら少しずつ揃えていくようにするといいだろう。以下が最低限必要となる道具なので、揃える際の参考にしてほしい。
  • ゴルフクラブ
  • ゴルフバッグ
  • ゴルフボール
  • ティー(ロングティーやショートティーなどがある)
  • ゴルフグローブ
  • ボールマーカー
  • タオル
  • ゴルフケース
  • ゴルフウェア
ゴルフ道具の中で最優先で用意したいのは、ゴルフグローブである。練習の段階でマイグローブを準備し、グローブをつけた状態に慣れていくのがよい。グローブは手を保護する役割も持っている。また、グローブがないと手汗で滑ってしまうこともあるので気をつけよう。打ちっぱなしができる施設では、服装は自由なので動きやすい格好で、まずはゴルフに慣れていくといいだろう。

グローブの素材には天然の革を使ったものと人工皮革(合皮)がある。天然の革は機能面に優れている反面、汗や水に弱く耐久性が低い。そのうえ高価なのでコスパも悪いといったデメリットがある。人工皮革は、機能面は天然に劣るものの、手頃な価格で初心者も買いやすいのが魅力だ。両者を試して自分に合う方を選択するとよいだろう。

2. ゴルフクラブは新品と中古どちらを買うべき?

マイクラブを持つことに憧れを持つ人も多いと思うが、初心者のうちは中古と新品、どちらを購入すればいいのだろうか。答えはその人の自由だ。新品か中古かというよりも、自分に合うクラブを選ぶことが大切だ。

中古品といっても状態のいいクラブや比較的新しいモデルの取り扱いもある。また、性能は落ちていないのに旧モデルということで非常にお買い得価格になっているものもある。中古でも余程の傷やダメージなどがない限り機能性についてそれほど心配する必要はないだろう。

中古の魅力はなんといっても新品より安く購入できることだ。コスパ重視なら中古も選択肢に入れるといい。ただし、ゴムのグリップ部分は劣化が目立つため、そこだけ交換して使うことをおすすめする。

3. ゴルフで使うティーはドライバー用だけで大丈夫?

ティーは主に各ホールで最初に打つ際、ボールを乗せて固定するピンのようなアイテムだ。上部は皿のようなボール受けがあり、下部は地面に刺せるように尖っている。テレビのゴルフ中継などでティーを刺すシーンを見たことがある人も多いだろう。

ティーには主にドライバー用とアイアン用の2種類が存在する。アイアン用のティーは短めのショートティーで、ドライバー用は長めのロングティーを使うのが一般的だ。ヘッドが大きいドライバーにはボールを打つ際に高さが必要なのだ。使うクラブによって最適なティーは違ってくるので、どちらも用意しておこう。

結論

ゴルフ初心者の道具選びは、まず練習でも使いたいグローブから購入するのがおすすめである。ティーはドライバー用とアイアン用の2種類を揃え、クラブは新品・中古好きな方を選べばよい。大切なのは使いやすく自分に合うクラブを選ぶことだ。必ず実店舗へ行きクラブを手に取って確認してから購入しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ