このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キャンプ飯にぴったり!スキレットで作る極上料理を楽しむ

キャンプ飯にぴったり!スキレットで作る極上料理を楽しむ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしま ともみ)

2019年12月20日

キャンプ飯を楽しむための、さまざまな調理器具がある。中でもスキレットがあると料理の幅が広がる。スキレットはフライパンの一種だが、熱効率に優れており、ステーキを焼いたり、煮込み料理を作ったりすることができる万能調理器具といわれている。スキレットをキャンプに持って行けばキャンプ飯の支度が楽しくなるだろう。ここでは、スキレットの使い方やスキレットで作るキャンプ料理などを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キャンプ飯で使うスキレットとは?

キャンプ飯で使うスキレットとは、厚手の鋳鉄でできたフライパンのことだ。スキレットは蓄熱性が高く、ムラなく加熱できるため、美味しく料理が仕上がる。さらにオーブンに入れて、食材を調理することも可能だ。スキレットで作ったキャンプ飯をそのままキャンプ用テーブルに並べると料理が映え、盛り上がること間違いなしだ。また、皿代わりに使えるので、洗い物が減るといったメリットもある。スキレットはキャンプ飯を楽しむ際に、おすすめの調理器具なのだ。

2. キャンプでスキレットを使う前の作業と手入れ方法

アウトドア用品店で購入したばかりの新品のスキレットを初めて使う際、一般的なフライパンと比較し異なるのは「シーズニング」という使い始めの作業が必要な点だ。シーズニングの簡単な手順を紹介しよう。
  • スキレットに塗られているワックスを、中性洗剤を使って水で洗い流す。金属製のたわしは使用しないこと。
  • スキレットを空焼きして水分を飛ばす。
  • スキレットにサラダ油やオリーブオイルを塗ってコーティングする。
  • くず野菜を炒める。
  • 炒め終わったらキッチンペーパーで油を拭き取り30秒程度空焼きする。
キャンプ飯を作り終わったスキレットは、洗剤を使わず水洗いをして、水分が残らないように乾燥させる。スキレットは、通常のフライパンのように洗剤で汚れを落とすことは避けるべきなのだ。紹介したように、スキレットは一般的なフライパンと比較して扱いはやや難しいが、美味しいキャンプ飯を簡単に作るには最適な調理道具なのだ。

3. スキレットで作る簡単なキャンプ飯について

スキレットで作る簡単なキャンプ飯といえば、アヒージョだ。アヒージョはオリーブオイルを使ったスペインの煮込み料理である。基本的にはスキレットにオリーブオイルを入れ、少々の塩や胡椒などの調味料を加えて、下ごしらえした具材と一緒に煮込むだけだ。具材は、エビやキノコ類が定番となっている。寒いキャンプ場で、スキレットの中でぐつぐつと煮えるアヒージョを食べれば、体が温まるだろう。

そのほかの、スキレットで作る簡単でおすすめなキャンプ飯はフレンチトーストだ。フレンチトーストの作り方は、適量の牛乳と溶き卵に浸したバケットを、バターが溶けたスキレットで両面をこんがり焼き上げれば完成だ。お好みで砂糖やシロップなどをかけても美味しく食べられる。フレンチトーストはキャンプ場の朝食にぴったりな、簡単で満足度の高い料理なのでぜひ試してほしい。

4. ソロキャンプで選ぶべきスキレットとは?

スキレットは大きく重い、というイメージがあるため、バイクのソロキャンプに持参するのは難しいと考えている人も少なくないだろう。ただ、スキレットの中には一人前のキャンプ飯を作るための小さめサイズがある。直径が16cm、重さは1㎏程度なので、ソロキャンプにぴったりだ。前述で紹介したアヒージョやフレンチトーストといったキャンプ飯をソロキャンプで作り食べてみてはいかがだろうか。

結論

今回は、スキレットについて紹介した。新品のスキレットはシーズニングを行う手間はあるが、厚手の鋳鉄製で蓄熱性が高いので、料理が美味しく仕上がると注目を浴びている。寒いキャンプ場でぴったりなアヒージョや、朝食によく合うフレンチトーストといったキャンプ飯をスキレットで作ってみてはいかがだろうか。最近では持ち運びが楽なコンパクトなスキレットもあり、ソロキャンプにもおすすめだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ