このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

手軽に楽しむエギング入門!必要な道具やおすすめの場所を紹介!

投稿者:ライター 佐藤夏帆(さとうなほ)

2020年1月 5日

エギングは簡単な仕掛けでイカ釣りに挑戦でき、時期や釣り場によってアタックの方法が変化するのが特徴だ。また、釣ったばかりのイカの歯応えや旨味を味わうことができるのも、エギングの魅力の1つである。そこで今回は、エギングの基本知識や、エギングに必要な道具、最適な場所を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. エビでイカを釣る!?エギングとは?

まずはエギングの基本的な知識を頭に入れておこう。エギングとは、イカ釣りに使う擬似餌である「エギ(餌木)」を、ルアーフィッシングに進化させたものだ。イカは小魚を食べるため、エギは魚の形をしているかと思いきや、実際はエビに似た形をしている。これは、魚の形をしたエギは動きが乏しくシャクった時の移動も少ないのに対し、エビ型の方が跳ねるなどのアクションが豊富でイカを誘いやすいからだ。

エギングはエサが必要ないため、生餌を怖がる子どもやお母さんも一緒に楽しむことができるだろう。エギングでは、メインターゲットのアオリイカのほかに、ヤリイカ・スルメイカ・ケンサキイカ・コウイカ・ヒイカなどを釣ることができる。

アオリイカは釣りの手応えもあり味もよいことから「イカの王様」と呼ばれている。また、北海道西部から沖縄まで広い範囲で釣ることができ、春は最大6㎏ほどの大型を狙うことも可能だ。ただし、アオリイカは視力が発達しているため、警戒されないよう慎重にアプローチしなければならない。

このように、イカの種類によって釣れる時期や性質は異なるので、前もって情報収集してからエギングに挑戦するとよいだろう。

2. エギングをはじめてみよう!必要な道具は?

エギングに必要な道具は、「竿」「糸」「リール」「エギ(擬似餌)」といたってシンプル。ゴカイやイソメなどの餌が不要なので、生餌の扱いが苦手な方でも気楽に始められるのがエギングのポイントでもある。

初心者におすすめの竿は、軽量でシャクりやすい先調子のエギング専用竿や2.4〜2.7mのスピニングロッドを選ぶのが基本。身長によって扱いやすい長さが異なるため、釣具店で実際に持ってみて好みの長さの竿を選ぶとよい。

選んだ竿には中型のスピニングリール(2500番〜3000番)を付ける。糸はPEライン0.6〜0.8号で、長さ0.5〜1mのショックリーダー(ナイロンライン1.5〜2.0m)と結び、その下にスナップを結び付ける。スナップがあることでエギとショックリーダーを結び直す必要がなく、ワンタッチでエギを交換できるので大変便利だ。

最後にエギを付けてエギングの仕掛けが完成だ。ここで覚えておいていただきたいのが、「エギのカラーも釣り果を左右し得る」という点である。エギの基本カラーは、視認性が高いオレンジドットやピンクドット。釣り人からエギが見えやすいとイカとの距離も測りやすく、エギの操作を覚えやすいのだ。しかしこれはあくまでも基本のカラーなので、なかなか釣れない時は違うカラーを試して様子を見よう。

3. どこで釣れるの?エギングに最適な場所とは?

エギングで釣れる場所は、漁港などのお手軽な場所から磯場までと、幅広いことが特徴。漁港には、テトラポットなどの構造物があり、小魚が集まりやすい。その小魚を追ってきたアオリイカを狙うことができるため、漁港はエギングの代表的なポイントである。

また、海底に地形変化がある磯場は、アオリイカが好んで身を潜めているので狙いやすい。しかし磯場は岩の凹凸が激しく足場が悪いため、初心者には少し難しいだろう。さらに、エサとなる魚がいて、身を隠せる岩などが点在すれば、漁港や磯場だけでなく砂浜からでも釣ることが可能となる。

エギングで釣りをする場合は、日中の明るい時間帯がメインだ。その中でも、朝と夕方はアオリイカがエサを追い求め活発になるため、短い時間ではあるが入れ食い状態になる可能性も大だ。もちろん夜でも釣れるが、エギの動きやイカの反応が見えやすいという点からも、日中にエギングをする人が多い。

結論

シンプルな道具で気軽に狙えることや、時期により釣れるイカが変わること、さらには高いゲーム性などで人気のエギング。また釣ったばかりのイカの歯応えや独特の甘みは格別だ。エギングは暗くなってからでもアタックすることができるので「仕事帰りにちょっと寄ってみよう」と気軽に挑戦できるのもよい。エギングで手軽にイカとの駆け引きや新鮮なイカの美味しさを楽しもう!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ