このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
子連れバーベキューのおすすめ食材は?定番から変わり種まで一挙紹介

子連れバーベキューのおすすめ食材は?定番から変わり種まで一挙紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしま ともみ)

2020年1月11日

家族でバーベキューをするときに、どんな食材を準備するか悩んでしまうことはないだろうか。大人好みの食材ばかりを用意していると、バーベキューの途中で子どもが飽きてしまうことが多い。そこで今回は、子どもも大人も楽しめるバーベキュー食材について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 子連れバーベキューのおすすめ定番食材は?

ソーセージ・ウインナー

ソーセージやウインナーは、子どもの心をつかんで離さない人気の食材だ。食べやすさはもちろん、他の食材に比べて火の通りが早いので、子連れバーベキューをするならマストな食材といえるだろう。

おすすめとしては、いつも食べている小さいソーセージやウインナーではなく、フランクフルト用の大きなタイプを選ぶことだ。最近は串付きで売られている商品も多く、食べやすくて人気がある。自宅であらかじめボイルしておけば、現地に着いてから軽く温めるぐらいですぐに食べることができるので、ぜひ試してみてほしい。

焼きおにぎり

肉や野菜ばかりではなく、できれば主食の米も食べさせたい。そんなときは普通のおにぎりではなく、焼きおにぎりを選んでみてはいかがだろうか。網の上でおにぎりを焼いて食べるのは、バーベキューならではのお楽しみだ。子どもの料理デビューにもおすすめなので、親子で楽しくつくってみよう。味付けは醤油とみりんが定番だが、味噌味にしたり、チーズを混ぜてみたりアレンジするのもおすすめだ。

とうもろこし

甘みのあるとうもろこしは、野菜嫌いの子どもからも好評のバーベキュー食材だ。普段輪切りにカットしたとうもろこしを食べている子どもたちにとって、1本丸ごと焼いたとうもろこしはテンションが上がること間違いないだろう。

醤油とバターで味付けをすれば、子どものおやつ代わりにもぴったりである。ただし、とうもろこしは生のまま焼くと火の通りにムラができたり、黒焦げになったりしやすい。おいしく食べるためにはウインナーやソーセージ同様、あらかじめ茹でておくことをおすすめする。

2. 子どもウケ抜群!少し変わったバーベキュー食材

フォンデュ

チーズフォンデュやチョコレートフォンデュなどの変わり種は、写真映えするバーベキュー食材として人気を集めている。直火に対応した陶器と溶ける食材(チーズ・チョコレート・オイルなど)を用意すれば、あとは好きな具材でフォンデュ料理を楽しむことができる。ただし、子どもと一緒にフォンデュ料理を楽しむときは、陶器に触れて火傷をしないように十分注意しよう。

スモア

子連れバーベキューといえば、手軽に食べられるデザートとしてマシュマロを用意する人も多いのではないだろうか。とはいえ、マシュマロをただ炙るだけでは子どもたちもすぐに飽きてしまうに違いない。

そこでおすすめしたいのが、マシュマロをアメリカやカナダの伝統的なデザート「スモア」に変身させてみることだ。作り方は簡単、炙ったマシュマロとチョコレートをクラッカーで挟むだけで完成する。やわらかなマシュマロとカリッとしたクラッカーの食感を同時に楽しむことができるので、子どものデザートに最適といえるだろう。

焼きフルーツ

バーベキュー食材にりんごやバナナなどのフルーツを用意している人は、焼きフルーツにも挑戦してみてほしい。フルーツは炭火で焼くと水分が飛ぶため、いつもとは違う食感や味わいを楽しむことができる。シナモンパウダーやメイプルシロップをかけるなど、最後にひと手間加えれば、さらにおしゃれで喜ばれるデザートになるだろう。お酒との相性もよいので、子どもだけではなく大人のデザートとしてもおすすめだ。

3. 子連れバーベキューで準備しておきたい飲み物は?

子連れバーベキューの食材を準備するときは、食ベ物だけではなく飲み物にも気を配ることが必要だ。特に夏場のバーベキューは汗をかきやすく、外で走り回る子どもたちは熱中症になりやすい。こまめな水分補給が欠かせないため、飲み物は余分に準備しておくといいだろう。おすすめとしては経口補水液やスポーツドリンクを準備しておくことだ。ただし、スポーツドリンクは糖分が含まれているため飲ませすぎには注意しよう。

結論

バーベキューで子どもが早く飽きてしまわないようにするために、食材のチョイスだけではなく事前の下ごしらえも意識しておきたい。火の通りが悪い食材は、事前にカットやボイルをしておくことで、なるべく料理に時間がかからないように工夫してみよう。また、小さい子どもとバーベキューを行う場合は、料理を食べ終わるまで目を離さないように気をつけよう。バーベキューの火で子どもが火傷をしたり、食べ物の串で怪我をしたりしないように十分注意してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ