このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キャンプにはSUV車が最適!アウトドア好きにおすすめしたいメリットとは

キャンプにはSUV車が最適!アウトドア好きにおすすめしたいメリットとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年1月 6日

キャンプやアウトドアへ行くときは荷物が多いだけでなく、過酷な環境へ出かけることもあるだろう。キャンプやアウトドアに最適な車はさまざまな種類があるが、最近話題の「SUV車」をご存知だろうか。スポーツ・ユーティリティ・ヴィークル(Sport Utility Vehicle)の略語であるSUV車は、今注目を集め、人気が高まっている。どういった車なのか、メリットや人気の国産車を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キャンプに最適なSUVとはどんな車のことをいうのか?

SUVとは

スポーツ・ユーティリティ・ヴィークル、略してSUVとは、スポーツ用の多目的車を意味する言葉だ。いわばSUV車とは、街乗りができるオシャレさと、アウトドアやキャンプ、スポーツ的な用途を兼ね備えた車のことである。大型のSUV車が登場し数年経った最近は、小型のSUV車も発売されている。女性でも楽に運転できる車が増え、アクティブな外観なども相まって大変な人気の高まりを見せているのだ。

本格的なキャンプやアウトドアでも使える高機能SUVのほか、コンパクトカーをベースにしたSUVクロスオーバー車、ミドルSUV、軽自動車ベースの軽SUVなど、さまざまな種類が発売されている。本格的SUVよりも車体が軽く小回りがきく小型のSUV車はさらに人気が高まりつつあるのが現状だ。

2. キャンプに最適なSUV車のメリットとは?

SUV車はなぜ人気が高まっているのだろう。それはキャンプやアウトドアだけではなく、どんな場面であっても快適に使うことができるメリットにあるといえる。車高が高いため視界よく運転ができること、タイヤが大きく走破性が高いこと、過酷な環境でも遠慮なく使用できる防水シートや内装、シートをフルフラットにすれば車中泊も楽しめるインテリア、収納力のある積載量、家庭用電源が取れるものなどメリットは多く、キャンプやアウトドアのみならず災害時のちょっとした避難場所に使うことも可能だ。

さまざまなメリットがあるSUV車だが、種類が数多くあるので自分の予算や使用頻度、デザインや機能性を確かめ選んでいきたいところである。そこで次に、キャンプやアウトドアでも人気のSUV国産車とはどういったものがあるのか見てみよう。

3. キャンプを楽しむ人に人気の国産SUVを紹介

ここでは、国内でキャンプやアウトドアを楽しむ人にも近年人気の高いSUV車を代表する国産車3台を紹介しよう。

・ジムニー/スズキ

国産車で人気のSUV車はやはり軽自動車ベースの「軽SUV」である。ジムニーはダントツの人気で今注文してもなかなか入手できないほど。人気のヒミツは、本格的オフロードカーにも使用するラダーフレームを骨格に使っており、悪路であっても安定した走行ができることや、キャンプやアウトドア好きなユーザーから人気の高い角ばったデザインであることが挙げられる。

・ハスラー/スズキ

国産車で人気の軽自動車「ワゴンR」をベースカーにするハスラーは、ワゴンRよりも1インチタイヤサイズをアップしているため、車高の高さが生まれ、安定性も高い国産SUV車だ。また、アイドリングストップ機能搭載で燃費の面でも満足度が高い車だ。デザインは丸みを帯びており、特徴的なライトはまるで目のようで、女性からの支持も高い。プラスチック製のシートバックなので、キャンプで濡れたり汚れたりしているものを積んでも気にならないのも魅力だ。

・RAV4/トヨタ

国産車SUVブームの到来とともに人気が高まり販売が復活したのが、トヨタRAV4である。車体が大型化し、デザインもハードになったことからキャンプやアウトドア志向のある20~30代と、子育てが終わった40代後半を中心に2019年春は目標販売台数の8倍もの売り上げを達成した。デザイン性の高さ、ハンドルやシートのヒーター、収納性、家庭用原電など、ちょっとした機能が豊富にあることも人気の理由だろう。国産SUVの中でも最近人気が高まっている注目の車である。

結論

今回は、キャンプやアウトドアでも気兼ねなくガンガン乗り込めると人気のSUVに注目してみた。男女問わず人気なのは、キャンプに最適なアウトドア性能だけではないデザイン性にあるとも考えられる。街の中で乗ってもサマになり、アクティブな印象があるSUV。キャンプをする人にだけでなく、その人気はまだまだ続くだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ