このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エギングの仕掛けの選び方は?初心者が最初に買うべきエギはこれだ!

エギングの仕掛けの選び方は?初心者が最初に買うべきエギはこれだ!

投稿者:ライター 佐藤夏帆(さとうなほ)

2020年2月24日

イカ釣りで使用するエビの形に似た擬似餌「エギ」。エギングはこのエギ以外に必要な道具が少なく、漁港や砂浜などから狙えるため、手軽に楽しめる釣りとして人気だ。「エギングに挑戦したいけど、どんなエギを使えばいいのか分からない」とお考えの方もいるだろう。そこで今回は、初心者が最初に買うべきエギ、時間帯によるエギの使い分け、季節によるエギの使い分けについて紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 初心者がまず最初に買うべきエギはどれがいい?

エギングでは光量や潮の具合によってエギを使い分けるのが基本のため、エギングに慣れている方はさまざまな種類のエギを用意して使い分けている。しかし、エギング初心者の場合なら2〜3種類のエギがあれば、十分にイカ釣りを楽しむことができるだろう。

最初に用意したいのは、潮が濁ってエギが見えづらい時に使うオレンジやピンクなどの「派手系」のエギと、潮が澄んでいる場合に使うブルーやグリーンなどの「ナチュラル系」のエギだ。まずは、この2種類のエギをイカ釣り当日の状況に合わせて使い分けてみよう。

また、エギはカラーだけでなく初心者でも扱いやすく釣りやすい特徴を備えたものを選びたい。例えば、「YAMASHITA エギ王 Kベーシック 3.5号」は、定番のオレンジとピンクのカラーで高いアピール力を持ち、フォール時のブレを排除してるくれため、初心者にはぴったりのエギだ。また、「メジャークラフト 餌木蔵(えぎぞう)」は、イカに警戒心を抱かせないマットカラーが施されてあり、誰でも簡単にアクションを演出できる入門向けだ。

このような、カラーや特徴の異なるエギを2〜3種類準備しておけばエギング初心者でもバッチリだ。エギングに慣れてきたら少しずつエギのバリエーションを増やし、シュチュエーションに合わせてエギを使い分けよう。

ちなみに、イカは海底付近に生息しているため、エギを1度着底させる必要があるのだが、その際に注意したいのが「根がかり」である。せっかく購入したエギを一瞬でロストしてしまうのは、精神的・金銭的にダメージが大きい。根がかりしないように表層〜中層にエギを泳がせる方もいるが、釣果をアップさせるには着底が必要不可欠だろう。エギング初心者はエギをロストすることも考慮に入れ、まずは比較的安価なエギを選ぶのがおすすめだ。

2. 時間帯によってエギを使い分ける

釣具屋やネットショップで「エギ」を見てみると、さまざまな色でカラーリングされていてカラフルだが「色によって何か違いがあるのだろうか?」と感じた方もいるだろう。実は、朝まずめ夕まずめ・昼間・夜間と、それぞれの時間帯で使用するエギのカラーが変わってくるのだ。それぞれの時間帯における最適なカラーを紹介する。

エギのカラーは、ベースカラー(下地)とボディーカラー(背中の色)の2色を合わせることでさまざまなパターンを作り出している。2色を組み合わせることによって、イカの捕食本能を刺激するのだ。エギの種類が多くて迷ってしまうという方は、まず「ベースカラー」に注目していただきたい。テープとも呼ばれるベースカラーは、エギのシルエットや発光などを左右する重要な部分だ。

エギングでイカがよく釣れる時間帯は、日の出・日の入りの前後1時間程度を指す「朝まずめ・夕まずめ」、「昼間」、「夜間」の3つ。朝夕まずめの時間帯は金色のベースカラー、昼間は銀色のベースカラー、夜間は赤色のベースカラーを選ぶとよい。夜間だけでなく、曇りの日など光量が少ない時にも赤色ベースカラーのエギが効果的だ。これら3色のベースカラーはシルエットの強弱が全く異なるため、全て準備しておくとさまざまな時間帯においてエギングを楽しむことができる。

3. 季節によってエギを使い分ける

エギングのメインターゲットであるアオリイカは、春と秋がメインシーズンとなる。

春は水温の上昇に伴い植物性プランクトンが増えるため、緑っぽい潮色になることが多く海水が濁って見える。そこで、春のエギングにおすすめのエギカラーは、白やオレンジやピンクといった膨張色だ。これなら海水が濁っていてもイカはもちろん、自分自身もエギを見つけやすい。しかし、この季節のイカは黒などの暗色にもよく反応するため、ボディーカラー(背中の色)は暗色、ベースカラー(下地)が膨張色のものを選ぶと確実だろう。

次に秋であるが、この季節のイカは活発で好奇心が旺盛。そのため、秋のエギングはアピール力の高いオレンジやピンクなどのエギカラーを選ぶとよい。この時期のイカはカラーだけでなく、ラトル(金属の玉がぶつかり合って音を出すもの)が入っていたり足が付いていたりするなど、アピール力がプラスされたエギもおすすめだ。

結論

エギのカラーはエギングの釣果を左右するといっても過言ではない。エギングによるイカ釣りで成功するには、季節や時間帯によって最適なカラーのエギを選び、イカにアピールする必要がある。エギング初心者は、まずは釣りやすいベーシックなタイプの中から基本カラーのエギを2~3種準備し、慣れてきたら自分好みのエギを探してトライしてみよう!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ