このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スキー用品は何を用意すればいいの?レンタルや中古はお得?

スキー用品は何を用意すればいいの?レンタルや中古はお得?

投稿者:ライター 今井里香(いまいりか)

2020年2月11日

「今年の冬こそはスキーを始めたい!」と考えている方もいるだろう。しかしスキーは色々と揃えなければならない道具が多く、ハードルが高いと感じることも少なくない。そこで今回は、これからスキーを始めようと考えている方のために、必要不可欠なスキー用品やスキー用品の揃え方のポイントについて、紹介をしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スキー用品って何が必要なの?

スキーをする際、いろいろなスキー用品を揃える必要がある。そこでまずは、最低限必要なスキー用品を確認しておこう。

まず絶対に必要なのがスキーを滑るのに必要な
  • スキー板
  • スキーブーツ
  • ポール
の3点セットだ。これらはスキーのレベルなどにより最適なものが異なるので、購入する場合は店員さんに相談するといい。

スキーをするためのウェア類も絶対に外せないスキー用品だ。最低限用意してほしいのが、
  • スキーウェア
  • 帽子
  • 手袋
  • ゴーグル
だ。すべてスキー用の物を購入すると間違いない。最近はスノーボードと兼用で使用できるスキー用品もあるので、スノーボードもする方はそういったものを選ぶと無駄なく使えるだろう。

必要に応じて用意するものが、
  • スキーケース
  • ブーツケース
  • 防寒用のインナー
  • スキー用ソックス
  • ミッドレイヤー
  • フェイスマスク
  • ネックウォーマー
だ。スキーやブーツのケースは、交通機関で移動する際に必要となる。防寒用のインナーやソックスは、普段使っているものでも代用できるが、スキー専用のものを用意すると、より動きやすく寒さもしのげるので、必要に応じて用意するといいだろう。

ミッドレイヤーとはスキーウェアの中に着る防寒着のことだ。北海道など寒い地域でスキーをする場合は特にあると安心だ。中でもユニクロのウルトラライトダウンのような、薄くて暖かいタイプがおすすめだ。

2. スキー用品はレンタルもできる

スキーを初めてする方は、スキー用品のレンタルもおすすめだ。

■スキー板・ブーツ・ポール

スキー用品の中で特にレンタルをおすすめしたいのが、スキー板などスキー道具一色だ。スキー場でレンタルするとスキー場まで手ぶらで行くことができるし、メンテナンスも不要。もしもスキーをしている最中にスキー板やブーツが合わないと感じても、すぐに交換してもらえるので、初心者に適している。

またスキーに頻繁に行く場合は購入する方が安上がりだが、「年に1、2度しか行かない」「初めてのスキーだから、今後も続けるかわからない」といった場合はレンタルで済ませる方がお得である場合が多い。

■スキーウェア

スキーウェアは、レンタルショップによっては流行遅れのデザインのものしかない場合もあったり、高くつくことも考えられる。レンタルショップの価格などを考慮し、購入かレンタルかを慎重に判断しよう。

■周辺小物

帽子や手袋など直接肌に身に付けるものは、購入がおすすめだ。なおこれらはショップによってはレンタルしていないこともある。

■レンタルできる場所

スキー用品のレンタルは、スキー場やスキー場に隣接したホテル、ネットショップ、スポーツショップなどで可能だ。なおレンタルできるスキー用品はレンタルショップによって異なる。

例えば「軽井沢プリンスホテルスキー場」の場合、スキーウェアとスキー道具一式がレンタル可能だ。アウトドアギアのレンタルショップ「そらのした」の場合、スキー道具のレンタルはできないものの、スキーウェアと小物一式をレンタルできる。

スキー場でスキー用品をレンタルする場合は特に、どんなスキー用品をレンタルできるのかを事前に確認しておく必要があるだろう。

■レンタル料金

スキー用品のレンタル料金はレンタルショップによってさまざまだが、スキーセットが4000円から5000円前後、スキーウェアが3000円前後が相場のようだ。

なおスキー場でレンタルする場合、スキー用品レンタルとリフト券などをセットにしたお得な料金が設定されていることもある。またスポーツ専門店のレンタルの場合、シーズンレンタルを行なっているところもあるようだ。情報を見比べ、最もお得な方法を探ってみてほしい。

3. スキー用品を中古で購入する際のポイント

スキー用品を中古で購入することを考えている方もいるかもしれない。しかし中古のスキー用品の中にはあまり状態のよくないものもあるので注意してほしい。特にスキー板とスキーブーツを中古で購入する際は、細心の注意を払おう。

スキー板やスキーブーツの購入で1番おすすめなのが、中古のスキー用品専門店での購入だ。特に実店舗の場合は直接状態を確認できるので、状態のよくないものを購入する心配が少なくなる。またスキー用品に詳しいスタッフがいる場合が多く、購入にあたってアドバイスもしてもらえるので、初心者でも安心だ。

ネットで購入する場合も、中古のスキー用品専門店での購入がおすすめだ。メルカリやヤフオクなどでスキー板などを購入することを考えている方もいるかもしれないが、初心者の場合は特にいいものを見極めることが困難なので、避けた方が無難だろう。スキーウェアなどを購入する場合は、価格や状態をしっかりと確認してほしい。

結論

スキー用品を全て買い揃えようとすると出費がかさむが、レンタルや中古などを賢く利用すれば、気軽にスキーを始めることができる。まずは必要最低限のものを用意し、必要に応じて揃えていくことがおすすめだ。これからスキーを始めようと考えている方は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ