このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

スキレットで作るアヒージョはおしゃれキャンプにぴったり!

投稿者:ライター 今井里香(いまい りか)

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

2020年2月 8日

最近はおしゃれキャンプがはやり、SNS上を賑わせている。おしゃれキャンプに欠かせないものといえば写真映えする料理だが、そういった料理は手間がかかるものが多く料理初心者にはハードルが高い。そんなとき試してほしいのが、スキレットで作るアヒージョだ。これなら料理初心者でも簡単に作ることができて、写真映えも抜群だ。今回はスキレットでアヒージョを作るコツやおすすめレシピなどをご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マニアも多い?アヒージョとは

おしゃれなおつまみとして人気を集めるアヒージョ。ワインのおともにする方も多いのではないだろうか。

アヒージョはスペイン生まれの料理だ。「アヒージョ」という単語は刻んだにんにくを意味し、正式名称は「◯◯アルアヒージョ」というのだそうだ。たとえばエビがメインのアヒージョなら「ガンバスアルアヒージョ」となる。

アヒージョはその名が表す通り、にんにくを入れたオリーブオイルで食材を煮込んだ料理だ。中の食材のバリエーションが豊富で、自分好みにアレンジしやすいところが魅力のひとつだろう。またおしゃれで手が込んで見えるのに、作り方が簡単で時間がかからないところも人気のポイントだ。

「料理があまり得意じゃないけど、おしゃれでおいしい料理を作りたい!」という方には特におすすめの料理だ。

2. スキレットで実践!本格アヒージョの作り方とコツ

スキレットでアヒージョを作るメリットに、「冷めにくい」というスキレット特有の性質がある。この性質のおかげで食材にムラなく火を通すことができ、食材の旨みを十分に引き出すことができるのだ。

またスキレットに入れたままアヒージョを食卓に出すと、あたたかいできたての状態を長い時間保つことができる。スキレットはアヒージョにぴったりの調理器具といえるだろう。

ではさっそく、スキレットでアヒージョを作るときの作り方やコツを見ていこう。

アヒージョの基本の作り方

アヒージョに使う食材はさまざまだが、どの食材を入れる場合も基本となる作り方や材料は大きく変わらない。そこでまずは基本の作り方をおさえておこう。

■材料(およそ2人分)
  • オリーブオイル 100cc
  • にんにく 2片(みじん切り)
  • こしょう 少々
  • 塩 小さじ1/2
  • 赤唐辛子 1本(輪切り)
  • お好きな食材
※塩こしょうは、クレイジーソルトでも可

■作り方
  • スキレットにオリーブオイルとにんにくを入れて熱する。
  • 赤唐辛子と食材を入れて中火で煮込む
  • 塩こしょうで味を整える

アヒージョを作るときのコツ

スキレットでアヒージョを作るときは、ちょっとしたコツを覚えておくとさらにおいしく仕上げることができる。以下のポイントをチェックしておこう。
  • スキレットは十分温めてから使う
  • 強火にはしない
    強火で使うと焦げやすくなるため
  • 食材には塩こしょうをしておく
    下味をつけておくことで、食材にしっかりと味がつく。
  • 火が通りにくい野菜は下ゆでしておく
  • 食材の水分は拭き取っておく
    アヒージョは油で調理するため、余分な水分が残っていると油がはねる原因となる。

3. スキレットで作るおすすめアヒージョレシピ1

最初にご紹介するアヒージョの食材は、「砂肝」だ。砂肝は焼き鳥のイメージがあるが、アヒージョの食材としてもおすすめなので、ぜひ試してみてほしい。

材料はアヒージョの基本の材料に加え、砂肝200g、マッシュルーム4個を用意しよう。砂肝は白い筋をとっておくとやわらかく仕上がる。マッシュルームは薄くスライスしておく。
あとは基本の作り方通りに調理をすれば完成だ。仕上げにパセリをふると、彩りよく仕上がるのでおすすめだ。

4. スキレットで作るおすすめアヒージョレシピ2

「牡蠣」のアヒージョは、魚介のうまみを堪能することができる人気メニューの1つだ。材料は基本の材料に加え、牡蠣200g、エリンギ1パック、アンチョビ3枚を用意する。牡蠣はザルに入れて洗っておき、アンチョビはみじん切りに、エリンギは食べやすくカットしておこう。なお牡蠣は火を通しすぎると身が縮んでしまうため、注意しよう。

5. スキレットで作るおすすめアヒージョレシピ3

次にご紹介するのは、お肉と魚介のおいしさがいっぺんに味わえる「タコとベーコン」のアヒージョだ。材料は基本の材料に加え、ボイルしたタコの足2本、ブロッコリー50g、吊るしベーコン100gを用意する。好みでじゃがいも等を加えても良いだろう。これらの食材は、全てひと口大にカットして調理しよう。

6. スキレットで作るおすすめアヒージョレシピ4

「しらすととびっこ」を使ったアヒージョは、パスタにアレンジするのもおすすめだ。下処理なども必要ないため、アウトドアでも手軽に作ることができそうだ。用意する材料は、釜揚げしらす80g、とびっこ大さじ2弱、万能ネギ適量だ。なおニンニクや赤唐辛子は入れず、油はサラダ油とオリーブオイルを半分ずつにする。

結論

アヒージョは写真映えするため、キャンプの食卓を華やかにしてくれそうだ。しかもおいしくて簡単にできるところも嬉しいポイントだ。これなら料理初心者の方でも、気負わず挑戦することができるのではないだろうか。ぜひキャンプ料理の一品に、スキレットを使ったアヒージョを加えてみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ