このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

結婚10周年のお祝いをしよう!プレゼントや記念品のえらび方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月 6日

結婚10周年の大きな節目の年、何か特別なことがしたいけれど、どんなふうにお祝いしたらいいかわからないという人も多いのではないだろうか?今回は、10年間ともに歩いてきたパートナーに感謝の気持ちを伝え、2人の絆をより深めるためのお祝いのしかたをご紹介する。

1. 結婚10周年の錫婚式、どうやってお祝いする?

錫婚式(すずこんしき)

結婚記念日の中でも25年目が「銀婚式」、50年目が「金婚式」と呼ばれていることはよく知られているが、実は結婚10年目にも名前が付けられていることをご存知だろうか?結婚10年目は「錫婚式(すずこんしき)」と呼ばれているのだ。

「錫」という字はあまり馴染みがないが、とても柔らかくて美しい見た目の金属のことで、錫婚式という名前には「錫のように柔らかく美しい夫婦の関係性」を願う意味が込められている。

10回目の結婚記念日は、いつもと違う特別な過ごし方をしている人も多いようだ。

ケーキを買って自宅でお祝いする

結婚10年目といえば、小学生くらいの子どもを持つ人も多くこれからお金がかかる時期だ。そんなに贅沢できないという人は、ケーキを買って自宅でお祝いをしよう。サプライズでプレゼントや手紙などを用意しておくと特別感があって喜んでもらえるはずだ。

夫婦水入らずのディナー

子どもがいる夫婦は子どもを祖父母や友人に預けて、ふたりきりの時間を過ごすのもおすすめだ。少しドレスアップして行くような高級感のあるレストランを選べば特別な時間になる。昔一緒に行ったことのあるお店で思い出話をするのも、昔に戻ったような新鮮な気持ちになれて夫婦の仲をより深めることができるだろう。

家族で旅行に行く

結婚10周年を旅行でお祝いする人も多いようだ。家族で行きたい場所を選ぶのもいいが、思い出の地を選ぶと結婚記念日らしい特別な旅行になる。新婚旅行で行った場所に今度は子どもを連れて行くというのも、感慨深いものがあって盛り上がるのではないだろうか?

2. 結婚10周年にふさわしいプレゼントとは?

結婚10周年は普段の結婚記念日とは違う特別感がある。ちょっと豪華なプレゼントをしたいと思う人も多いのではないだろうか。錫婚式にふさわしいプレゼントをご紹介する。

アクセサリー

結婚10周年のプレゼントといえば「ダイヤが10個付いたジュエリーを贈ろう」という過去のCMのせいか、ジュエリーをイメージする人も多いかもしれない。最近はあまりこだわらずにプレゼントを選ぶ人も多くなっているとはいえ、やはりアクセサリーは根強い人気がある。

結婚指輪と重ねて付けられるようなリングや、ペンダント、ピアスなど、パートナーが喜びそうなデザインのものをセレクトしよう。錫婚式にちなんで錫製のアクセサリーもおすすめだ。

家電などの実用的なもの

アクセサリーに興味がない女性には家電などの実用的なものを選ぶのもよい。家事が楽になるようなロボット掃除機や食洗器、調理家電などのプレゼントなら、日ごろの感謝やねぎらいの気持ちを伝えることができる。


花束

結婚10年目ともなるといまさら花束を渡すなんて照れくさいと思う人もいるかもしれないが、だからこそ花をもらうと喜ぶ女性も多い。10周年にちなんで10本の薔薇の花束を贈る人もいるようだ。「いままでありがとう」「これからもよろしく」などのメッセージカードを添えるとより喜んでもらえるだろう。

3. 結婚10周年の記念品や記念写真もおすすめ

プレゼントを贈るのではなく、2人で一緒に記念品を選ぶというのもいい思い出になる。結婚10周年の記念品におすすめのものをご紹介する。

錫製のペアグッズ

結婚10周年には錫婚式にちなんで錫製品を記念品に選ぶのもいいだろう。錫製のタンブラーやワイングラスなどはペアでそろえる記念品として最適だ。錫製の器は見た目が美しいだけでなく、水やお酒の味がまろやかに美味しくなるともいわれている。

結婚した年のワイン

ワイン好きの夫婦なら、結婚した年に作られた10年物のワインでお祝いをするのもおすすめだ。10年熟成されたワインを飲みながら一緒に過ごした10年間を振り返って語り合おう。外でディナーをする場合、記念日であることを伝えればワインの持ち込みができる場合もある。豪華な食事とワインで特別な時間を過ごせるだろう。

記念写真

子どもの七五三が終わると家族そろっての写真撮影をする機会も少なくなる。結婚10年の記念に写真館で写真を撮ってもらう夫婦も多いようだ。なんらかの事情で結婚式を挙げられなかった夫婦が、10年目の記念に子どもと一緒にウェディングフォトを撮ると家族の軌跡をあらためて感じられるだろう。20年目、30年目と節目の年に写真を撮っておくと、歳をとってから写真を見返すことができるのでいい記念になる。

結論

結婚10周年を迎える夫婦のために、記念日のお祝いのしかたやプレゼントの選び方をご紹介した。夫婦の絆をより強めるためにもこういう節目はしっかり感謝の気持ちを伝え、ここからまた新しい気持ちでスタートしてはいかがだろうか。

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ