このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

DIYで庭を自分好みにアレンジしよう!ひと工夫でオシャレに変身。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月17日

自宅の庭をおしゃれに変身させたいときは、プロに頼む以外にDIYもおすすめである。最近では庭のDIYが流行っており、自分好みに作り込んでいる人も多い。そこで今回は、チャレンジしたことがない人でも楽しめるように、庭のおしゃれなDIYアイデアを紹介しよう。

1. レンガを使い庭の地面をDIY

庭をおしゃれに変身させてくれるアイテムのひとつがレンガだ。レンガを使うことで華やかさが増し、一気に雰囲気を変えられるが、レンガにはどのような使い方があるのか紹介していこう。

庭全体にレンガを敷く

レンガを庭全体に敷くことで、明るい印象を持った庭に変えられる。まず、レンガを敷くスペース分地面を少しだけ掘り、他の部分と段差が生まれないようにする。このときにできるだけ水平にすることを意識して、下地となる部分を作り込んでいこう。水平器やスマホの水平器機能を活用するのがおすすめだ。

水平を保ちながら地面をきれいにならすことができたら、レンガを並べる作業に移る。レンガは水平器で測りながら周りを囲むように縁取りから行うと並べやすい。平らにしないとつまずく可能性があるため、レンガをハンマーなどで叩きながらきれいに敷き詰めていこう。最後に砂などを使って目地を埋めれば完成だ。レンガの敷き方にはいくつかパターンがあるので、好みの並べ方を選ぶとよいだろう。

2. DIYで庭に花壇を作っておしゃれに

おしゃれな庭に欠かせないといっても過言ではないのが花壇である。さまざまな花を植えることで華やかさを演出でき、庭の雰囲気をより一層明るくすることが可能だ。DIYでの花壇作りは簡単に行えるため初心者でも挑戦しやすい。それでは、作り方を紹介していこう。

1.レンガ・土・肥料を用意し、花壇にするスペースを決める
2.レンガなど花壇の土台となるものを積み上げていく
3.肥料を混ぜた土を入れれば完成

DIYで花壇を作る手順は上記の通りだが、いかに簡単であるかわかる流れといえよう。レンガ以外にも花壇作りに使えるアイテムは沢山あるため、ホームセンターなどに調査に行くこともおすすめだ。

土はもともとあるものに肥料を混ぜる方法でもよいが、すでに肥料と混ざったものも販売されている。そちらを活用したほうが土の質も担保され、手間も省ける。DIYで花壇を作るときも、平らに保つことで見た目がきれいになるため、水平器は欠かせないアイテムだ。レンガを使う場合、積み方には特に決まりはないため自分好みに作成することが可能となる。ただ注意点として、積み上げた際に崩れにくくするために、セメントなどを使って固めることも大切だ。

3. DIYで庭の雑草対策を

庭をきれいに保つ上で気になるのが雑草で、定期的に雑草を抜く作業をしていれば問題ないが、やはり面倒な作業であるためついついサボりがちになってしまう。そのうえ、雑草はこまめに抜いてもすぐに生えてくるため、何らかの対策が必要なのだ。そこで活用できるのがDIYによる雑草対策である。ここでは庭の雑草対策を紹介しよう。

人工芝を敷く

庭の雑草対策に活用できるものが人工芝だ。人工芝は手入れもさほど必要とせず、常にきれいな状態を保ってくれ、見栄えもよいという理由からおすすめである。最近ではリアル人工芝という商品が売られており、天然芝と見違えてしまうほどの美しさなので、リアル人工芝を雑草対策に使っている人も多い。

リアル人工芝を使う場合も平らに整地することがとても重要で、平らにした地面に除草シートを敷き、その上にリアル人工芝を敷くとより雑草対策になる。リアル人工芝はそこそこの長さ・幅があるので、1人で行うより2人以上で作業を行った方が作業効率はよいだろう。

また、いくら人工芝を敷いても雑草が絶対に生えてこない訳ではないので、その点は認識しておいてほしい。

結論

DIYで庭に手を加えることで、自宅をおしゃれに改造することが可能だ。庭のDIYは難しいと想像している人も少なくないが、意外にも簡単にチャレンジできるため、まずは試してみることをおすすめする。特にレンガを使ったDIYはホームセンターで安く購入でき、コストを抑えながらも自分らしさを出すことが可能となる。自宅の庭をDIYでおしゃれに、そして自分の好きな雰囲気にしてみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ