このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

無線LANの規格とは?最新の機器や調べ方などもご紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月 9日

無線LANにはさまざまな規格がある。今回は無線LANについて、規格の種類や最新の機器などを説明していく。また、自分がどのような種類の無線LANを使用しているのかわからないという方のために、無線LANの調べ方を説明していくので参考にしてみてほしい。

1. 無線LANの規格とは?おすすめは「11ac」

無線LANには、国際的な標準規格として5種類の通信規格があり、それぞれ最大通信速度や周波数帯など、特徴の違いを持っている。
  • IEEE802.11ac
  • IEEE802.11n
  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11g
  • IEEE802.11b
上記5つが規格の種類だ。それでは、それぞれ速度と特徴をまとめてみよう。

IEEE802.11ac規格

【最大速度】6.9Gbps
【特徴】通信速度が速い

IEEE802.11n 規格

【最大速度】600Mbps
【特徴】障害物に強く、通信距離が長い。電気機械があっても通信が繋がる。

IEEE802.11a規格

【最大速度】54Mbps
【特徴】障害物に弱く、屋外で使用することができない。電気機械があっても通信が繋がる。

IEEE802.11g規格

【最大速度】54Mbps
【特徴】障害物に強く、通信に障害はない。電気機械の電波干渉を受けてしまう。

IEEE802.11b規格

【最大速度】11Mbps
【特徴】障害物に強く、通信に障害はない。電気機械の電波干渉を受けてしまう。

これらの規格の中で1番オススメなのは、「IEEE802.11ac」だ。通信速度が速いため、ストレスなくインターネット接続することができる。

一人暮らしの方だと、「IEEE802.11ac」、「IEEE802.11n」がおすすめだ。通信妨害されることがあまりないうえ、接続が早いので快適に過ごすことができる。

3人以上の家族だと、上記の2種類に加えて「IEEE802.11a」もおすすめだ。家族全員で快適に使うことができるので、ぜひ参考にしてみてほしい。

ちなみにこれらの名称には覚え方がある。IEEE802を除く数字とアルファベットだけで伝わるため、「11a」「11ac」のように覚えておけばよいだろう。

2. 無線LANの規格の調べ方

自分の使っているパソコンの無線LANの規格はどのような種類なのか、その調べ方を説明しよう。無線LANの種類の調べ方はいたって簡単だ。

Windowsパソコンの場合

  • WindowsキーとXキーを押す。
  • システムメニューが開いたら「コマンドプロンプトC」を選択。
  • コマンドプロンプトが起動したら、「netsh wlan show interface」と打ち込む。
  • 打ち込むと「無線の種類」が出てくるので、確認する。

Macの場合

Macを使用している場合は、「option」キーを押しながら、Wi-Fiマークをクリックしてみよう。PHYモードを確認すれば、自分がどの規格で繋がっているのかを確認することができる。

また、Macにはもう一つ調べ方がある。
  • 左上にある「りんごのマーク」をクリックする。
  • 「このMacについて」をクリックする。
  • 中央の下にある「システムレポート」をクリックする。
  • ▼ネットワークのところにあるWi-Fiを選択する。
上記の方法でも自分が使用している規格を調べることができるため、確認してみてほしい。

3. 無線LANが届く距離は?

無線LANを購入した場合、どのくらいの距離まで届くかご存知だろうか?

実は、日本の電波法で無線LANなどの「免許を必要としない無線局」の出力上限がしっかりと定められている。2010年に10mWから1000mWへ改訂されたのだが、この上限は無線LANには適用されていないため10mWが限界だろう。

では、距離でいうとどれくらい繋げることができるのだろうか。実際に「11n」の規格を使用して実験した方がいるのでそれを参考にしてみる。

全く障害物のない状態であれば、距離で表すと直線距離で100m、最大250mの通信に成功したそうだ。これだけの長距離で電波が届くとなると、家中のどこででも無線LANを使用できるということになるだろう。

結論

無線LANの規格には5つの種類がある。自分のパソコンがどのような企画なのか確認したい場合は、今回紹介した調べ方で見てみるとよいだろう。また、無線LANは3年ほどが買い替え時期なので、購入してからの年数を確認し、より使い勝手のよいコストパフォーマンス抜群の最新無線LANに買い替えてみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ