このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

どんな意味が隠されている?花言葉の意味

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月 4日

花をプレゼントされると嬉しい女性は多いが、中には花言葉を気にする人も多く、どんな意味が込められているのか探りたくなるもの。花を贈る前に花言葉を知っておくと、より紳士的で魅力的な男性だと思われること間違いなしだ。今回は花に込められた花言葉を紹介することにする。

1. 花を贈るときに多い「感謝」の花言葉の意味を持つ花

花を贈るときは、そこに意味があるはずだ。とくに、誰かに「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えたいときに花を贈ることは多い。感謝の意味を持つ花はいくつかあるので、代表的なものを紹介しよう。

ピンクのバラ

バラの花はどの生花店でも売られていることが多く、手に入れやすい。色によって花言葉が異なるが、その中でもピンク色のバラは「感謝」の気持ちを伝えるにはぴったり。ピンクのバラの花言葉には感謝のほかにも「幸福」の意味があるので、女性に贈ると喜ばれるだろう。

白のダリア

大きくて丸い形が印象的なダリアは、1輪でも非常に存在感のある花だ。ダリアの色は鮮やかなものが多いが、色別に花言葉は異なる。ダリアはフランス貴族に愛されたという逸話があるため、威厳と栄華という意味も込められているが、白いダリアには「感謝」という意味がある。尊敬する上司に感謝の気持ちを伝えるには白のダリアが最適だろう。

ピンクのガーベラ

春3月〜5月に出回ることが多いガーベラだが、生花店で季節を問わず購入できる。華やかでキュートなイメージがあるガーベラの花言葉は「前進」や「希望」だが、ピンクのガーベラには「感謝」「思いやり」「祟高美」という意味がある。とくに女性の先輩に贈るならぴったりだろう。

2. 「愛」を伝えたいときに贈る花はどんな花?

「愛」を伝える時はなかなか面と向かっては言えず、花の力を借りる人は多いのではないだろうか。愛を伝えたい時の花を紹介しよう。

愛を伝えるなら赤いバラ

バラには赤やピンク、白などさまざまな色があるが、愛を伝えるなら断然赤いバラだ。赤いバラの花言葉は「情熱」や「あなたを愛します」といった意味がある。圧倒的な存在感を放つ赤いバラは1輪でも花束でも喜ばれるため、女性に情熱的な愛を伝えたい時にはおすすめだ。

ブルースターで愛を伝えよう

小さく鮮やかな青色が印象的なブルースターは、その名の通り青い星の形をしたような花だ。花言葉は「幸福な愛」や「信じあう心」なので、愛する人に贈るのにぴったりだ。ブルースターは青色からだんだん紫色に変化していくので、購入する際は紫色に近くなっているものではなく、水色に近いものか鮮やかな青色のものを選ぶと長持ちする。

3. 大切な友達に気持ちを伝えよう!「友情」の意味を持つ花

花は友達に気持ちを伝える際にも役立つ。大切な友達に感謝の気持ちを伝えたい時には、友情の証として花を贈ると喜ばれる。間柄もぐっと縮まるだろう。友情の意味を持つ花を紹介しよう。

黄色のガーベラ

気軽に送りたい友人には、明るい印象を与えてくれる黄色のガーベラがおすすめ。黄色のガーベラの花言葉は「親しみやすい」なので、これから親しくなりたい人や親しい間柄の友人へも贈ることができる。ガーベラは花束としても華やかで綺麗だが、季節の花と組み合わせたアレンジメントも喜ばれるのでおすすめ。

ライラック

小さい花でありながらも、可憐で上品な雰囲気を持ち合わせたライラックの花言葉は「友情」。ライラックは甘い香りを放ち、フレグランスにも使われているので女性にも人気の花だ。大きな花の脇役としても使われることが多いが、ライラックがあるのとないのとでは雰囲気が違ってくる。ライラックを送る際には、色違いで花束にしてボリュームを持たせたり、ほかの花と組み合わせたりして、華やかにしたものを贈ると喜ばれる。

結論

花言葉にはいろんな意味があるが、言葉ではなかなか伝えられない時に役に立つ。男性が思っている以上に、女性の多くは花をもらうと嬉しいもの。季節の花や美しい花を贈るのもよいが、思いを花言葉にのせて贈ればロマンティックな雰囲気を演出することができるのでおすすめだ。日頃の感謝の気持ちや愛を伝えたい時は、ぜひ花言葉を考慮した花選びを検討してみてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ