このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

陶器は電子レンジ使用不可?お気に入りの陶器を長く使うためのコツ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月25日

お気に入りの陶器の器をお持ちだろうか。陶器が醸し出すぬくもりには、人を夢中にさせる魅力があるものだ。ただ、取り扱いに多少気を遣う必要があるため、なかなか日常的には使えないというジレンマに陥ることもあるだろう。今回は、陶器の取り扱い方について解説する。

1. 陶器は電子レンジ使用不可?

陶器は「土もの」とも呼ばれる通り、粘土を原料として作られるものである。土の風合いを活かした仕上がりになっているものが多く、表面はザラザラしていたりデコボコがあったりする。焼成温度は800度から1200度で、磁器などと比べると低温であるため、強度はそれほど高くない。

それもあって、陶器というと電子レンジはとにかく使用不可というイメージがあるだろう。しかしなかには問題ないものも存在する。一概に「陶器だから電子レンジ不可」とは言いきれないので、商品ごとに説明書や取り扱い方をよく確認し、それに従うようにしよう。

とはいえ、磁器などに比べると陶器の強度は劣るため、数回の電子レンジ使用には耐えられても、いずれ破損してしまうというようなこともある。基本的には電子レンジの使用は不可だと考えるに越したことはないだろう。

2. 「陶器が割れる」のは性質の問題

上述したように、陶器は強度があまり高くないためどうしても破損しやすいという欠点がある。衝撃に弱く、落としたりぶつけたりすると想像以上に簡単に割れることがある。食器洗い時にはとくに注意が必要だ。

「手洗いしなければ割れることもないだろう」と考えて、食器洗い乾燥機を使うのもいいことではない。洗浄中に器どうしがぶつかり合うことで、むしろ割れる可能性を高めてしまうからだ。人の手で、細心の注意を払って洗う方がまだ破損の危険性は下げられるだろう。繊細な器である、ということを常に念頭に置いておこう。

陶器を破損から守るために、使いはじめには「目止め」をおすすめする。目止めとは、陶器の表面にある細かいデコボコをコーティングすることだ。米のとぎ汁を入れた鍋に陶器を浸けて、弱火で15分~20分ほど煮沸する。米のとぎ汁の代わりに小麦粉や片栗粉大さじ1~2を入れた水でもいい。目止めをすることで、陶器の表面に水分が入り込むことを防ぎ、ヒビ割れやシミまで予防できる。長く陶器を愛用するために、ぜひやっておきたい。

3. 「陶器を作る」という新しい楽しみ

陶器が好きなら、自分で作るというのもおすすめだ。一見ハードルが高そうに思えるが、最近は「オーブン陶土」という陶芸用の粘土が市販されているので、これを利用すればそれほど難しいものではない。オーブン陶土はその名の通り家庭用オーブンの温度で十分に焼成することが可能な粘土なので、専門の窯がなくても十分それなりのものを作ることができるのだ。

形成は、これも最近豊富にラインナップされている手動ろくろを使うといいだろう。もちろん、自分の指先だけで形成する「手びねり」でも十分だ。こちらの方がむしろ仕上がりに味が出て、あたたかさを感じさせる作品ができるだろう。

初心者でも比較的簡単に挑戦できる。オーブン陶土には色付けも可能なので、慣れてくれば個性あふれるさまざまな陶器を生み出せそうだ。オーブン陶土で「作る楽しみ」を味わって、「陶芸」を趣味のひとつに加えてみるのもいいだろう。自分の作品であれば、愛着もひとしおだ。

結論

素朴なぬくもりで愛されている陶器。表面に凹凸があるのも、土地ごとの陶土の風合いを大切にした結果であり、ひとつひとつ違った表情を見せてくれる。長く愛用するためにも、取り扱いのポイントはしっかりとおさえておきたい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ