このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンマットって必要ですか?必要性を徹底考察!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月26日

あなたの家のキッチンにはキッチンマットがあるだろうか?キッチンマットが必要だという人、不要だという人に分かれるのだが、この違いはどこから出てくるのだろうか?今回はキッチンマットがあるのとないのでは、どのように暮らしが変わってくるのかや、キッチンマットの必要、不要論について考えていく。

1. キッチンマットって必要?それとも不要?

キッチンマット必要派、不要派の人はどのような意見を持っているのだろうか。

キッチンマット必要派

キッチンマットの機能として挙げられるのが、水や油などの汚れ防止、防音・衝撃吸収効果、ホコリの飛び散り防止、防寒対策、滑り止め効果などがある。料理や食器を洗うなど家事をしていく中で、どうしても水や油が床に飛び散ってしまい汚れてしまう。床自体を汚さないためにもキッチンマットでガードするのはいい解決方法なのだ。

汚れたら洗濯すれば再び清潔にすることができるのは大きいメリットで、清潔感を保つことができる。また料理を作っていると、調理器具や食器を誤って落としてしまうことがあるが、キッチンマットがあると衝撃吸収、防音につながるので、下の階の住人に気を使わなくてもいいようになる。

生活をしていると徐々にホコリが蓄積していくが、キッチンマットがホコリを吸着してくれて、飛び散るのを防いでくれる。キッチンマット必要派の意見としてはこのようなメリットがある。

キッチンマット不要派

キッチンマットが不要だという意見もたくさん存在する。キッチンマットは定期的な洗濯が必須だが、その洗濯が面倒くさいという人、キッチンマットを置くことで見た目のすっきり感がなくなってしまい、気に入らないから不要だという人もいる。

またマメに掃除ができる人は床が汚れたらすぐに掃除するため、そもそもキッチンマットは不要だ。油汚れの掃除がネックだという人でも、揚げ物をする時は新聞紙を敷くことで代用する人もいる。

このように、キッチンマットが必要なのか不要なのかは、個人の性格やライフスタイルによって左右されるだろう。自分の生活を振り返ってみてよく考える必要がある。

2. 賃貸物件にはキッチンマットを!

現在、賃貸物件に住んでいる人は退去する時に、大掛かりな掃除をするのが一般的だが、キッチンマットを使っていると退去時の掃除が比較的に楽になる場合がある。綺麗な状態で部屋を家主に返すことができるなら、敷金が多めに帰ってくる可能性もある。

キッチン周りの掃除は、汚れを放置していると非常に大変になるが、キッチンマットは床が汚れるのを防いでくれる。掃除を普段しないようなら、使った方がいいだろう。またキッチンマットがあることで、床自体が傷付くのを防いでくれる。これはキッチンマットがないと受けられない効果だ。

キッチンマットではなくても、フロアパネルなどで床全体をカバーすることでも、汚れや傷から守れる。引っ越すときには剥がして捨てるだけなので手間も少ない。また、自分の思い通りのデザインを楽しむこともできる。賃貸に住んでいる人はぜひ参考にしていただきたい。

3. 汚れるキッチンマットのお手入れの方法

さて、キッチンマットは必然的に汚れるものなので、定期的なお手入れが必要になってくる。放っておくとカビやダニの繁殖にもつながり、不衛生である。

こまめに洗濯する

基本的なお手入れとしては、洗濯になる。まずは掃除機でホコリやゴミをある程度吸い取る。そして目立つような汚れがあるのなら、ブラシによる叩き洗いや、もみ洗いをすることをおすすめする。そのあとは洗濯ネットに入れて、通常通りに洗濯する。

洗濯を終えて汚れが落ちたなら、しっかり乾かそう。その際は物干し竿やハンガーを2本使うことでM字型に干すと、効率よく乾かすことができる。

直接拭くことができるキッチンマットを選ぶ

キッチンマットには直接水拭きできるようなものが売られている。キッチンマットが汚れたらすぐ拭くようにしておけば清潔感は保たれるし、床の傷を守ることができる。

結論

キッチンマットは自分のライフスタイルや生活、好みによって、必要な場合と不要な場合がある。キッチンマットには触り心地がよい柔らかいものから、掃除が楽なシートタイプのようなものもある。キッチンマットがあることによるメリットをしっかり押さえたうえで、上手に使いこなしてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ