このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

グリーンライフが楽しくなるガーデニング用品。プレゼントにも最適!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月15日

ここ最近、ガーデニングを楽しむ人が増えてきている。好きな人にとっては、庭いじりしているだけで幸せなものだが、おしゃれなウェアや道具があれば、さらに気分がアガり充実した時間をすごせるはずだ。そこで今回は、グリーンライフをいっそう楽しくしてくれるガーデニング用品を特集する。誰かにプレゼントしたくなる、とっておきのグッズやおしゃれなウェアなどを紹介しよう。

1. ガーデニングが楽しくなる!おしゃれウェア&小物

おしゃれをするとそれだけで気分がアガるものだ。それはガーデニングをするときも同じである。庭いじりが好きな人にとっては、なにを着ていようが宝物のような時間が過ごせるはずだが、おしゃれなガーデニングウェアを身につけていて、楽しくない人はいないはずだ。

LAND&B.C.のHunt apron

ガーデニングに必要なファブリックアイテムといえば、真っ先にエプロンが連想されるだろう。園芸用とされるものだけでもかなりの商品が市販されているが、ガーデニング用品としての実用性とおしゃれなルックスを兼ね備えたものとしておすすめなのが、LAND&B.C.の「Hunt apron」である。滋賀県の比良山系の麓にある工房で作られたショート丈のエプロンだ。

マウンテンパーカーをモチーフにしているというだけあって、アウトドアなテイストが持ち味で、ゴールドのボタンがあしらわれているところも、装いのよいアクセントになっている。もちろんポケットやフックもたっぷりついていて機能的な点も見逃せない。

バードウォッチング長靴

日本野鳥の会の「バードウォッチング長靴」もおすすめ。その名の通りバードウォッチングのために作られたものということで、普通の長靴よりも動きやすいのが特徴だ。軽量でしかも折りたたんで持ち運べるなど、使い勝手もよい。見た目もなかなかおしゃれで、カラーバリエーションも豊富だ。

ウエストカウンティークラシック

グローブも、ガーデニングの必需品である。東和コーポレーションの「ウエストカウンティークラシック」は、バラなどのトゲから手を守る丈夫な人工皮革を使用していながら、洗濯機で洗えるという優れものだ。通気性、グリップ性にも優れ、着脱テープ採用でなかに土が入る心配もない。また、ツートーンの配色もおしゃれである。

2. プレゼントにおすすめ!あると便利なガーデニング用品

CUKKE 18点 ガーデニングツール 園芸用品セット

ガーデニングを始める友人にプレゼントするなら、あると便利なガーデニング用品がよいだろう。たとえば、ツールセット。ガーデニングを始めるとき、どんな道具を用意すればよいか迷ってしまうものだが、CUKKEの「18点 ガーデニングツール 園芸用品セット」なら、フラワーシャベルや草刈りなど、これ1つでガーデニングに必要な道具をまかなえてしまう。ボックス入りで持ち運びや管理がしやすいのもポイントだ。

フィールドカート

「フィールドカート」もプレゼントにおすすめ。座ることができるカートで、草むしりなど、長時間の庭いじりを楽にしてくれるアイテムだ。収納がついているのもうれしい。

かんたん水やりタイマーセット

屋外に蛇口があるなら、タカギの「かんたん水やりタイマーセット」もプレゼントによさそうだ。水道の蛇口に設置すると、一定の周期で水やりをしてくれるという便利アイテムで、水やりを忘れる心配がない。タイマーが電池式で、コンセントいらずだから屋外でも使いやすいだろう。

3. こだわり派にはガーデニング大国イギリスの輸入品を

ガーデニング用品にとことんこだわりたいという方には、ガーデニング大国イギリスの製品がおすすめだ。スコップなどのガーデニングツールなら、バーゴン&ボールのものが人気である。1730年創業の老舗で、デザイン性の高さと品質のよさを兼ね備えたアイテムで知られている。たとえば、ウッド製の持ち手とステンレススチールのプレートの組み合わせがおしゃれなスコップやハンドフォークは、手にするだけでテンションがアガりそうだ。

ガーデニングでは、つる性植物を誘引するのに麻ひもが欠かせないが、1922年創業のイギリスの老舗ナッツシーンのものはカラーバリエーションが豊富である。好みに合わせて選べば、庭いじりを楽しくしてくれそうだ。

また、ガーデニングは虫との戦いでもある。イギリスのインテリアショップであるベイリーズのキャンドルには、虫に対して忌避効果を発揮するといわれるシトロネラが配合されている。これがあれば作業中、蚊に悩まされることもなさそうだ。

結論

ガーデニングを楽しむにはウェアやハンドツールなどの用品が欠かせない。100円ショップでも適当なものを集めることは可能だが、お気に入りのものに囲まれて作業できれば、より充実した時間が過ごせるはずだ。プレゼントする際にもぜひ参考にしてみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ