このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

人気の観葉植物、オリーブの木に実をつけるためには、しなければいけないこと

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月 2日

健康志向の昨今、人気のある植物といえばオリーブではないだろうか?オリーブオイルとしての効用はもちろん、観葉植物としてのスタイリッシュさも魅力的なオリーブ。そもそもオリーブとはどのような植物なのか、詳しくみていこう。

1. オリーブの木と種類

もくせい科、オリーブ属

オリーブとは、地中海沿岸が原産といわれており、「もくせい科、オリーブ属」の植物である。果実はピクルスやオリーブオイルとして重宝され、乾燥に強くて一年中葉がしげることから、観葉植物としても人気が高い。

オリーブの木は種類も多く、中には家具やスキンケアに使われるものもあるが、大きく分けると「観賞用」「食用」とで、育て方が変わってくる。

オリーブを食用で育てたいなら二本以上必要

オリーブは二本以上の違ったDNAで実をつけるため、シンボルツリーや室内での観賞用では一本でも大丈夫だが、実をつけて食用にするのであれば、二種類以上の異なるオリーブの木を隣接させる必要がある。

代表的なネバディロブランコをはじめ、ルッカ、マンザニロ、レッチーノなどがあり、シンプルな濃いグリーンの葉とスマートなフォルムが大変美しい。シンプルモダンやナチュラルテイストの部屋によく似合う観葉植物だ。

2. オリーブの実と栄養

オリーブの実といえば、グリーンオリーブとブラックオリーブの2種類あるが、成熟過程によって色の違いがでてくる。

実の主成分は「オレイン酸」という脂肪分で、オリーブオイルとして絞られたり、塩漬けにしたりと、地中海料理には欠かせない食材となっている。オリーブの実に含まれるオレイン酸やビタミンEは、血流の改善が期待されているため人気がある。

飲めるのであればそのまま生でスプーン一杯目安を飲むのもよいだろう。

3. オリーブの室内での育て方

オリーブを育てるには、「日光」と「剪定」が重要なポイントとなる。基本的には風通しがよく日光の当たる場所を好むので、戸外でそだてるのが一般的だ。

室内で育てる場合には、時々日光の当たる場所に移動させ、充分太陽の光を浴びるように注意しよう。極端な寒さには弱いため、寒冷地では鉢植えを室内に入れるとよい。

どの場合も、風通しを良くして、元気に実をつけるための剪定が必要となる。剪定の時期は、2月から4月が中心で、新梢を残しながら、重なった枝や複数個所出てきた部分をカットしよう。

4. オリーブの花言葉

オリーブの花言葉は「平和」と「知恵」。

旧約聖書のノアの方舟の伝説から由来される平和の象徴であるオリーブは、知恵の意味も持つ。食用や鑑賞はもちろん、ベビーオイルのようにスキンケアとしての使用や、家具に使われる木の種類もある。さまざまな用途に使えるため、知恵を象徴する神からの贈り物として大切にされている。

結論

食用としても観賞用としても、大変人気のあるオリーブ。実がなると、ますます観ていても楽しくなるだろう。日本でのオリーブの生産は温暖な気候の小豆島が有名だが、日光と剪定に気をつければ、家庭でも充分に育てることができる。インテリアとして飾りながらも、実をつければ食用としてピクルスにしてみるなど、おしゃれなライフスタイルが楽しめそうである。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ