このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

少々複雑なA4封筒の切手代の調べ方とは?金額過不足だとどうなる?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月14日

履歴書や仕事上の書類をA4封筒で郵送しようとした場合、サイズと重さで細かく料金が分けられていて「いくらの切手を貼ればいいのか?」と疑問に思ったことはないだろうか。今回は、A4封筒を郵送する際にかかる切手料金の調べ方と、切手料金の過不足によって生じるデメリットについて解説する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. A4封筒の料金を調べるためのステップ1:サイズ

A4封筒を郵送する際の料金を調べるには、郵便物のサイズと重さを測り料金表に当てはめる必要がある。まずは、サイズについて詳しく解説する。

郵便物のサイズ区分は3種類と捉えると分かりやすい

第一種郵便物の手紙は「定形郵便物」「定形外郵便物」の2つに分けられ、さらに定形外郵便物は「規格内」「規格外」の2つに分けられている。つまり、定形・定形外(規格内)・定形外(規格外)の3種類に分けられていると捉えておくと料金を調べる際に分かりやすい。

具体的なサイズは、定形郵便物のサイズが最大23.5×12×1㎝、定形外郵便物(規格内)は34×25×3㎝、定形外郵便物(規格外)は最長辺が60㎝以内で、縦・横・厚さの合計の長さが90㎝以内だ。

A4封筒は定形外郵便物の規格内

封筒のサイズはJIS規格によると長形、洋形、角形の3種類に分類される。A4サイズのコピー用紙は縦29.7×横21cm で、A4用紙を折らずに入れるには、縦33.2×横24㎝の角形2号封筒がちょうどいいサイズとなる。

A4封筒は、サイズの面では日本郵政のHPにある郵便物分類のサイズ表に当てはめると、定形外郵便物(規格内)に分類される。

2. A4封筒の料金を調べるためのステップ2:重さ

次に重さについて解説しよう。切手料金はサイズだけでなく重さが関係してくるのだが、少々複雑な理由はこの重さの区分の細かさにある。

定形郵便物・定形外郵便物の料金は重量制

重さは郵便種別を分類する第一段階と、料金を分類する第二段階がある。

第一段階である郵便種別の分類では、定形郵便物は既定のサイズ内かつ50g以内という決まりがあるため、規定サイズ内であっても50gを超えると定形外となる。定形外(規格内)は1㎏以内、定形外(規格外)は4㎏以内となっている。A4封筒の郵便物が内容物まですべて含めて1㎏以内であれば、定形外郵便物(規格内)で確定する。

第二段階である料金の分類を見ると、定形郵便物は、25g以内84円、50g以内は94円である。定形外(規格内)の料金は、50g以内120円、100g以内140円、最大料金は1㎏以内580円となっている。定形外(規格外)の料金は、50g以内200円、100g以内220円とその後6段階まで続き、最大料金は4㎏以内で1,350円だ。この料金に当てはめることで、郵便物の切手代が確定することになる。

A4封筒の切手代最低料金は120円から

A4封筒を郵送する料金の目安としては、封筒の重さにもよるが約15gとして、コピー用紙1枚4gだとすれば書類2~3枚程度で120円、書類を数枚クリアファイルに挟むと、クリアファイル約26gとして140円になるだろう。
以上は概算であるため、実際に郵便物を送る際には自宅にある家庭用スケールなどを用いて計量するか郵便局の窓口で出して欲しい。

3. 要注意!A4封筒に貼る切手の金額過不足のデメリット

切手の金額が不足していた場合、差し出し人へ返送されるか、受取人が不足分の金額を負担することになる。切手の金額の過不足によるデメリットについて詳しくみてみよう。

金額不足によるデメリット

切手代が不足して返送された場合、大きな時間のロスになる。期日間近であれば、返送されることによる時間のロスで間に合わなくなることもあるだろう。

返送されず相手方に届いた場合、相手に料金を支払ってもらうことになり、最も避けたい状況といえる。場合によっては受取拒否される可能性もあり、受取人への印象を悪くした上、期日に間に合わないという事態になりかねない。

金額過多によるデメリット

切手の金額不足を心配し多めの切手を貼れば問題ないと考える人もいるだろう。しかし、多めの切手が貼られた履歴書は、採用担当者にコスト意識が低い人とみなされる可能性があり、デメリットとなる場合もあるので注意する必要がある。

結論

A4封筒の切手料金の調べ方と、切手料金の過不足によって生じるデメリットについて解説した。定形郵便と違い定形外郵便は料金段階が細かく分かれているため、複雑だと感じることもあるだろう。ポスト投函は手軽ではあるが、切手料金の間違いを防ぎたい場合は窓口で出すことが確実で安心な方法といえる。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ