このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

A4の半分のサイズは?A4用紙のサイズに関する疑問を解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月 7日

A4用紙といえば、ノートや書類など使用されており、最も一般的な用紙のサイズといえるだろう。ところで、このサイズの規格は、どこで決められているのかご存じだろうか?今回は用紙サイズの決まりや、実際に用紙を半分にする際の縮小の割合など、普段何気なく使用しているA4用紙のサイズに関係する、「そうだったのか!」と思う事柄について解説してみたい。

1. A4サイズはどこで決められている?

仕事や学校など多くのシーンで使用される、A4を中心とした書類サイズは、一定の規格のもとに標準化されている。サイズが標準化されていることによってファイルから封筒、デスクの引き出しに至るまで、整理のしやすい便利な環境が整えることが可能となっているわけだ。ここでは、A4を含むA判B判と呼ばれる用紙サイズの規格について解説する。

A判はISO 216で標準化されている

一般に多く採用されている用紙サイズA4のAとは、もとはドイツの工場規格で、面積が1平方メートルの「ルート長方形」をA0とし、それが国際規格として、標準化機構ISOに定められた。

A判の最も大きいサイズ、A0が841×1189㎜で面積が1平方メートル、A0の半分のサイズがA1、さらに半分がA2と数字が1増えるごとにサイズが半分になる。A4はA3の半分でA0の1/16であり、実際の各辺の長さは210×297㎜だ。

ISO 216ではライティングペーパー及び特定の印刷物として、AとBシリーズの規格を定めており、そのAシリーズを元に日本産業規格JIS P0138が制定されている。

JIS規格のB判とは

国内で採用されているJIS規格によるB判の、最も大きいサイズB0は1030mm×1456㎜で面積が1.5平方メートルである。A判と同様にB0の半分のサイズがB1、さらに半分がB2となっている。ISO 216におけるB判はJISでは不採用となったため、B判は国内規格と国際規格では異なる。

かつて、国内で使用される主な文書はB判が採用されていたが、平成4年(1992年)の臨時行政改革推進審議会の「国際化対応・国民生活重視の行政改革に関する第三次答申」に基づいた通達により、平成5年(1993年)から行政文書のA判化が推進され、書類の主流はA4になった。

2. A4を半分の大きさに縮小する際は何%

コピー機でA4を半分の大きさであるA5にする際、倍率が50%ではないことに疑問を感じたことはないだろうか。コピー機の縮小拡大は縦横サイズであるため、A4の大きさを半分にする面積上の縮小拡大となると別の計算式が必要となる。その理由を具体的な数字で解説する。

縮小印刷は71%、拡大印刷は141%

A4を半分のA5のサイズに縮小するときの倍率は、面積を1/2倍にするので計算上は1/√2倍にする必要があり、1/√2≒1/1.414≒0.707倍(70.7%)となる。大手メーカーのコピー機では、工場出荷時の設定で、71%となる場合もある。

A4をA3の大きさに拡大するときの倍率は、面積を2倍にするので計算上は√2倍つまり≒1.414(141%) となる。

コピー機上で縮小拡大をする際には、上記の倍率でコピーするとよいが、パソコン上で割付印刷機能を使用し縮小拡大することもできるので、状況に応じて使い分けるといいだろう。

3. A4用紙の縦横比率は何対何?

貴金属比という言葉をご存じだろうか?人が美しいと感じる形には、一定の比率があるとされていて、貴金属比はその比率として古くからさまざまなものに用いられている。花びらの数や葉の形なども、貴金属比の一つである黄金比がみられる場合もある。ここでは、用紙サイズの縦横比率に採用されている貴金属比について解説する。

用紙の縦横は白銀比(はくぎんひ)

白銀比は貴金属比の一つであり、大きく分けると黄金比、白銀比、青銅比の3つがある。その中の白銀比には大和比、第2貴金属比があり、用紙のA判・B判全ての縦横の比率は、大和比と呼ばれる1:√2である。

ここで、貴金属比が採用されている代表的なものを紹介する。

黄金比:パルテノン神殿、モナ・リザ、Apple社のリンゴマーク(ロゴ)
白銀比(大和比):法隆寺の金堂、五重塔

以上のような、人が美しいと感じる調和のとれた建造物やデザインは、ある一定の法則が採用されている。普段何気なく使用しているA4サイズにも、サイズを決めるに当たって、利便性だけではなく、美しさの要素も含まれて考案され、その規格が世界標準となっている。

結論

今回は用紙サイズの決まりや、実際に用紙を半分にする際の縮小拡大の割合について、解説したがいかがだっただろうか。日常生活のあらゆる場面で、A4用紙を手にすることは多い。今回紹介した内容を、ぜひ役立ててほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ