このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

庭の雑草対策には人工芝が最適!?人工芝と天然芝の特徴も解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月 3日

庭を鮮やかかつ明るい雰囲気にしたいときに活躍するアイテムの一つとして挙げられる人工芝であるが、最近では簡単に入手することができるため、自宅の庭に活用している人も多い。では、人工芝にはどういった魅力があるのだろうか。今回は、庭の人工芝を雑草対策として活用する方法やDIYする方法、さらに人工芝と天然芝はどちらがおすすめなのかについて紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 人工芝で庭の雑草対策

人工芝は、庭に敷くことで雑草対策として活用することができる。雑草を生やさないようにするためには日光を遮断することが大切であり、いかに地面に太陽の光を浴びさせないかが鍵となるが、人工芝を敷くことでその問題はすぐに解決できるだろう。

人工芝なら庭のサイズに合わせてカットすることが可能なため簡単に敷けるほか、おしゃれな雰囲気を演出することもできる。さらに、人工芝は手入れがとくに必要ない点も高い評価を獲得しており、初心者でも雑草対策として取り入れやすい。

最近ではホームセンターでも販売されているので購入しやすく、見た目に関してもより一層本物の芝に見えるように高いクオリティで作られている。ちなみに、人工芝にはロール式と小分けにされた敷き詰めタイプとあるので、自宅の庭に合った使いやすい商品を選ぶようにしよう。

2. 庭を人工芝でDIY

人工芝は庭を華やかに彩るためのDIYに最適なアイテムだ。人工芝を庭に敷き詰める場合はまず、生えている雑草を綺麗に取り除くことから始めよう。また、大きな石やしっかりとした根があると人工芝を敷いたときにでこぼこになってしまうため、ベースとなる地面は平らに整えておくことが重要だ。さらに、地面が柔らかいと人工芝をしっかりと施工できなくなるため、きちんと固める下準備も行っておこう。

次に人工芝を仮敷きして量が足りているかを確認する。足りなかった場合は敷き詰めタイプの人工芝で隙間を埋めるようにし、一方余ってしまった場合はハサミやカッターで簡単に切ることができるため適度なサイズにカットしよう。

最後に仕上げとして人工芝用のピンを使って固定すれば、庭をDIYで人工芝に変化させることができる。DIYで人工芝を敷くことで比較的安全な地面にできるため、とくに子供のいる家庭では遊びやすくなりおすすめだ。

防草シートを敷くといい

人工芝を平らにした地面にそのまま敷いてもいいが、一手間かけて人工芝と地面の間に防草シートを敷くとより雑草の影響を受けにくくなる。雑草は思った以上に生命力が強く、人工芝の間からも生えてくる。防草シートを敷くことで雑草の影響を減らすことが可能だ。

3. 庭に敷く人工芝と天然芝の特徴

見た目の爽やかさや華やかさを求め、芝生のある庭に変えてみたい、実践してみたいと憧れている人は多い。しかし、人工芝と天然芝のどちらがよいかは悩むところではないだろうか。それぞれのメリットとデメリットなど、特徴を理解していこう。

人工芝の特徴

人工芝は手入れがほとんど不要であることが最大のメリットといえる。水はけも良好で、雨が降って濡れてしまった場合でも比較的早く乾いてくれるところは嬉しいポイントだ。最近の人工芝は天然芝かどうか見分けがつきにくいほどの高いクオリティを持った商品が販売されているため、庭に敷いても外観の印象を損なうこともない。また、人工芝の掃除は、枯葉やゴミが落ちている場合にほうきで掃くだけととても簡単だ。

一方でデメリットとしては、最初にかかる費用が天然芝に比べると高い点と、どうしても経年劣化を避けられない点が挙げられる。

天然芝の特徴

天然芝は手入れをきちんと行わなければ雑草が生えてくるため、定期的なメンテナンスが欠かせない。しっかりと手入れを行っていれば数十年もの長い間綺麗な状態を保ってくれるが、手を抜いているとすぐに枯れてしまうため、放置しないように注意が必要となる。

初期費用は人工芝よりも安いが、天然なだけに肥料などは欠かせないためランニングコストはかかってしまうだろう。しかし、人工芝にはない季節によって変わる雰囲気が、四季折々の見た目のよさにも繋がる点を天然芝の大きなメリットとして挙げる人も多い。

上記の特徴から、初期費用こそかかってしまうものの、手入れの簡単さなどを考えると人工芝の方が扱いやすい印象を受ける。もちろん天然芝にしかないよさもあるが、きちんとメンテナンスができる人でなければすぐに枯らしてしまう可能性もあるため、慣れるまでは人工芝を採用する方がよいだろう。

結論

昨今では、庭に人工芝を敷いている家庭は非常に多くなっている。緑が加わることで華やかな印象にすることができるうえ、流行りのDIYを庭に施す場合でも、人工芝は作業が比較的簡単なため取り組みやすい。庭で遊ぶ機会が多い子供がいる方はとくに安全面を考え、ぜひ人工芝に挑戦してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ