このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

保温機能付きの電気ケトルは節約効果大で人気?メリットを徹底解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月12日

コーヒーを飲んだり調理をしたりするうえで欠かせない電化製品が電気ケトルである。今ではさまざまな種類の電気ケトルが各メーカーから販売されており、どれにすればよいか迷ってしまう人も少なくないだろう。そんななかで注目されているのが、保温機能付きの電気ケトルだ。今回は、保温機能付き電気ケトルがなぜ人気なのか、メリットは何なのかなどを紹介していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 人気の保温機能付き電気ケトルの選び方

使う分だけのお湯を沸かし、冷めたら再度沸騰させるというのが一般的な電気ケトルの使い方だが、最近では、保温機能付きの電気ケトルが販売されており、多くの人の注目を集めている。ここでは、保温機能付きの電気ケトルはなぜ人気なのか、さらに商品の選び方について見ていこう。

保温時間

保温機能付きの電気ケトルを選ぶ際には、どれくらいの時間保温できるかを確認することが大切だ。保温時間は商品によって異なり、15分や30分、長いものになると60分まで温度を保てるものもある。電気ケトルでできるだけ長い時間保温したい場合は、購入する前にきちんと保温可能時間をチェックしておこう。

保温温度

人気の保温機能付き電気ケトルの選び方としては、時間だけでなく、温度に意識を向けることも重要である。お湯を沸かす際にどれくらいの温度にするかを設定できる電気ケトルも販売されているほか、保温温度も設定可能なものがある。保温の温度設定も商品によりさまざまで、50℃から100℃までと幅広い。

赤ちゃんのミルク用に使える

保温機能付きの電気ケトルが人気の理由として、赤ちゃんのミルクを簡単に作れる点が挙げられる。各メーカーで保温可能な温度に違いはあるが、50℃設定できるものを選べば、適温ですぐに赤ちゃんのミルクが作れるので大変便利である。さらに、調理に使うお湯をあらかじめ用意することで、都度沸かす時間や手間が省け、スムーズな作業が可能となるだろう。

2. 保温機能付き電気ケトルと電気ポットの電気代

保温機能付きの電気ケトルは温度の設定もできるため、使い勝手がよく人気があるが、電気ケトルと同様にお湯を沸かすために活用されている電気ポットと電気代を比較するとどちらが高いのだろうか。商品によって機能は異なるため一概には言えないが、必要な分だけをその都度沸かすことができる電気ケトルの方が電気代の節約に繋がるようだ。

過去には電気ポットとの違いとして保温ができない点があったが、今では保温機能付きの電気ケトルが登場したためその点についてはあまり差はないといえるだろう。家族の人数が多い場合などは、一度にお湯を沸かすことができる量を考慮すると電気ポットの方が向いているなど、家庭環境によっても向き不向きが変わる。最近では省エネ家電も多く販売されているため、電気代の節約を考えるなら、使う頻度や使用目的などを考慮したうえで検討することが大切だ。

3. おしゃれな保温機能付き電気ケトル

電気ケトルは、ボタン一つで必要な分だけのお湯を短時間で沸かすことができるため、キッチン家電のなかでも人気が高い。そして、最近ではおしゃれな電気ケトルが多く販売されていることも注目を集めている理由の一つだ。

電気ケトルに使っている素材としてはステンレス製やガラス製、さらには安全面を考慮したプラスチック製など、さまざまな種類が販売されている。また、おしゃれな海外ブランドが日本市場に参入していることもあり、デザインに凝った商品が多いのも特徴だ。

なかには、注ぎ口がシャープになっているものなど、個性的な形の電気ケトルまで存在する。キッチン用品にこだわりたい方は、どのようなデザインのおしゃれな電気ケトルがあるか、チェックしてみてはいかがだろうか。

結論

昨今は電気ケトルも進化しており、保温機能が加わることによってさらに使い勝手がよくなっている。保温できる時間や温度に違いはあるものの、キッチン用品として機能が向上している点を評価する人は多く、人気も一層高まっているようだ。使用する人数などで変化はあるが、電気ポットと比較して電気代の節約に繋げられる点もメリットといえるだろう。また、さまざまなデザインや素材の電気ケトルが販売されているため、インテリアの一部として考える場合はぜひこだわってみてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ