このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

失礼?行きたくない・行けない結婚式の上手な断り方とマナー

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月23日

結婚式に招待されたら、本来は出席するのがマナー。ただし、仕事の事情や、どうしても避けられない用事で行けなかったり、新郎新婦との関係性や経済的な理由であえて欠席したい場合もある。こうした、「行けない」「行きたくない」結婚式の招待を断るには、どのように伝えるのがよいのだろうか。相手を傷つけずに、上手に伝える断り方やマナーを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 仕事?病気?結婚式を断る主な理由とは 

結婚式を断る理由には、本当に出席できない理由と、自分の都合で出席したくないだけで、正当な理由はない、のどちらかに当てはまるだろう。

仕事などで、本当に出られない場合は、そのまま伝えても問題はなさそうだが、正当な理由がなく、単に出たくない場合は、そのまま伝えると相手を傷つけたり、失礼にあたることもあるので、伝え方にはくれぐれも注意しよう。また、たとえ仕事が理由だとしても、有給などを取れば参加が可能と思われる場合もある。とくに親族などの結婚式の場合は、断る理由には十分な配慮が必要だ。

本当に出られない理由

  • 仕事が忙しい、出張などが入った。
  • 病気・体調不良
  • ケガや、長期入院をしている。
  • 妊娠・出産間近、子育てで外出できない。
  • 大事な行事や試験がある。
  • ほかの結婚式と重なった。
  • 喪中・不幸

自分都合の言いたくない理由

  • ご祝儀が払えないなどの経済的理由。
  • 新郎新婦とあまり親しくない。
  • 遠方の結婚式なので行くのが面倒。
  • 趣味や旅行の予定がある。

2. 友達であっても、失礼にならない結婚式の欠席理由は?

本当の理由を伝えていい場合

出張やその日に仕事が入っている、病気や入院中、ほかの先約していた結婚式とかぶったなどは、物理的に結婚式に参加することができない理由なので、そのまま伝えても差し支えないだろう。ただし、友達であっても、新郎新婦との関係性によっては、多少にごした欠席理由をした方がいい場合もある。相手の性格や感じ方を考慮して対処するようにしたい。その場合も、あくまでも「本当は出席したいができなくて残念」という気持ちを伝えるのが重要だ。

あえてストレートに伝えない方がいい場合

経済的な理由や、友達であっても新郎新婦とそれほど仲がよくないので行きたくない、など、欠席理由をストレートに伝えられないこともあるだろう。その場合は、あえて本当のことはいわずに、「先約や予定がある」という理由で、丁寧に断るのが招待してくれた人への礼儀である。お祝いごとなので、関係に亀裂を生むような理由は避けるようにしよう。

また、身内に不幸があった場合は不祝儀になるので、明確な理由をいわないのがマナー。「どうしても都合がつかなくて・・・」など、理由をぼかしながら、欠席することを伝えるといい。気心知れた友達ならば結婚式が終わり、ひと段落がついた頃に本当の理由を話すのもいいだろう。

3. LINEなどを有効活用。結婚式の招待を断るときのマナー

結婚式の適切な断り方とマナーについて紹介する。

打診段階なら

事前に電話やメールなどで結婚式の参加を打診された場合は、なるべく早めに返事をしよう。相手から電話が来た場合は電話で、メールやLINEなら返信で欠席を伝えても問題はない。ただLINEで簡単に済ますよりも、本人に直接会って話す方が気持ちは確実に伝わるだろう。

招待状の返信はがきは必ず送る

打診なしに招待状が届いた場合は、親しければ電話で欠席の旨を一報しよう。あまり親しくなければ、返信はがきにメッセージを添えて、欠席の理由を書く。招待状が届いた場合は、メールやLINE、電話のみで済ますのはマナー違反。電話などで伝えたとしても、必ず返信はがきを送るようにする。

行きたいけど、行けなくて残念という姿勢で

どんな理由で招待を断るにしても、「本当は行きたいのだが行けない、とても残念だ」という気持ちを伝えるのが重要だ。

アフターケアも忘れない

当日は欠席するものの、結婚式会場に、電報でメッセージは送っておきたい。また、お祝いの気持ちとして、ご祝儀や贈り物は渡すようにしよう。

結論

結婚式に招待されても、行けない・行きたくないなど、理由はさまざまあるだろう。そのままストレートに伝えると、せっかくのお祝いごとなのに、相手を傷つけたり、関係にひびが入ったりする場合もある。結婚式を欠席する際は、その理由には十分配慮しよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ