このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイヤモンドを選ぶ基準は?意外と間違いやすいカラットの意味とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月29日

4月の誕生石としても有名なダイヤモンドは、永遠に美しく光り輝き続けるため「宝石の王様」とも呼ばれている。婚約や結婚、さらには結婚60周年を祝うダイヤモンド婚式などで女性に贈る定番の宝石でもある。しかし、贈る側はダイヤモンドの意味をしっかり把握できているだろうか。ダイヤモンドを贈るなら意味を理解し、想いと共に贈るのがいいだろう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ダイヤモンドが持つ意味は?婚約指輪や結婚指輪におすすめ

婚約や結婚をはじめ、プレゼントなどでダイヤモンドを贈ることもあるだろう。しかし定番という理由だけでダイヤモンドを選ぶのは、女性に対して失礼だ。貰った側からすれば、宝石が持つ意味に期待してしまう可能性もある。男性はダイヤモンドの石言葉を理解したうえで、選ぶべきだ。

ダイヤモンドの石言葉は?

地球上で最も硬い宝石であるため、その硬さから固い絆を結ぶ時の証として贈られるようになったダイヤモンド。その石言葉は「純潔・清浄無垢・純愛・永遠の絆」だ。 さらにダイヤモンドは不屈の精神力を得られる石とも伝えられていて、挫折や困難を乗り越え最終的に栄光をつかむ成功の守護石としても有名だ。

婚約指輪や結婚指輪に選ばれる理由

数ある宝石の中から一生の愛を誓う婚約指輪や結婚指輪にダイヤモンドが選ばれるのは、石言葉だけでなくほかにも明確な意味が込められているからだ。その意味を理解しているか、していないかによって指輪に込められた想いの度合いは変わってくるだろう。

そもそもダイヤモンドは地球で最も硬い物質であり、その硬さから二人の永遠の絆を象徴している。また、永遠に美しく輝くので「美と金運に恵まれ、愛に満ちた家庭を築ける」と信じられている。これらの意味合いから、二人の愛が永遠に続き幸せに暮らせることを願い、ダイヤモンドを贈る習慣が定着したのだ。

2. ダイヤモンドのカラットとは?品質評価の基準となる「4C」について

ダイヤモンドを選ぶ際、カラットを気にする人は少なくない。しかし、その意味を間違って認識している人もいるはずだ。カラットとは何を意味しているのか、さらにダイヤモンド品質評価の基準にもなる4Cについても説明する。

カラットの意味

カラットとはダイヤモンドに限らずさまざまな宝石の重さのことである。1カラットが0.2gであり、重さとサイズは比例しているため、カラットをサイズ感と間違って認識しやすい。

0.1カラット増すごとに、直径が0.6~0.8mm大きくなるため、0.1カラットは0mm、0.2カラットは7mm、0.3カラットは4.3mm、そして5カラットになると10mmのビッグサイズとなる。大粒のダイヤモンドは稀少性が高く、大きくなればなるほど価値も上がる。

ちなみに婚約指輪や結婚指輪に選ぶダイヤモンドのカラットは「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」によると0.2~0.3カラットが最も多く0.3~0.4カラットが続いて多い。

ダイヤモンドの品質評価の基準はカラットだけではない!

ダイヤモンドの価値を決める基準はカラットだけでは不十分であり、G.I.A.(米国宝石学会)の品質評価国際基準に基づいた4Cが通例となっている。

4Cとはカットされた形や研磨技術を示す「カット」、ダイヤモンドの色である「カラー」、透明度を表す「クラリティ」、そして重さのカラットの4つを意味している。それぞれに段階と等級があり、総合的に見てダイヤモンドの価値が決められる。

3. ダイヤモンドのカラット数を導く計算式

ダイヤモンドのカラット、つまり重さはサイズと比例するので深さと直径が分かれば、おのずとカラット数を算出できる。計算式は、カラット=深さ(mm)×直径(mm)×直径(mm)×0.0061だ。これは「ラウンドブリリアントカット」と呼ばれるカットをしたダイヤモンドのカラットを導く計算式となる。

ほかにも卵型の「オーバルブリリアント」、ハート形の「ハートブリリアント」などさまざまなカットの種類があり、ダイヤモンドの形状により計算式は異なる。ちなみにオーバルブリリアントは深さ(mm)×直径(mm)×直径(mm)×0.0062、ハートブリリアントは深さ(mm)×長さ(mm)×幅(mm)×0.0059、これがそれぞれの計算式だ。しかし、主流となっているのはラウンドブリリアントカットなので、すべての計算式を覚えるよりも1つの計算式を覚えておいたほうが効率はよいだろう。

結論

ダイヤモンドは石言葉やその特徴から、婚約や結婚など固い絆を約束する時にぴったりの宝石だ。もしダイヤモンドを贈るのであれば、意味をしっかり理解しておくべきだ。また、ダイヤモンドの評価の基準となるカラットはサイズではなく、重さであることも覚えておくとよいだろう。プロポーズを控えている人、誕生日や記念日に贈るプレゼントを探している人など、ダイヤモンドを贈ってみてはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ