このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

マスクで耳が痛い!こうやって簡単に解消しよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月13日

マスクを着けていて耳が痛くなった経験はないだろうか。痛くなりやすい場所として耳の付け根があり、マスクのゴムが耳を圧迫して痛くなる。短時間で耳が痛くなることもあれば全くならないこともあり、痛みが出てくるとなんとも厄介である。マスク着用中の痛みはマスクを外さない限り続くので、今から紹介する痛みの対処法をぜひ試してみてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マスクのゴム紐にティッシュを巻くだけ!接触面積を増やそう

マスクを着けて耳が痛くなる理由として、ゴム紐の力が耳の付け根に大きく圧力をかけていることが考えられる。これはゴム紐が細い場合に痛くなることが多く、ゴム紐が細いと耳と接触する面積が小さくなり、そこへ圧力が集中して痛みを感じてしまう。最近は幅広のゴム紐を採用するマスクも増えており、ゴム紐の接触面積が大きいと圧力が分散されるので痛みが軽減できる。この原理を利用して、ティッシュを使った耳に優しいマスクを作ってみよう。

ティッシュを使った方法

やり方は簡単であり、ティッシュを折りたたんでゴム紐に巻きつけるだけである。耳に接触しやすい部分にだけ巻きつければよい。ティッシュを巻きつけることで力が分散されるので、耳の痛みを感じることが減るだろう。圧力を分散させる方法として、ほかにも次の方法が挙げられる。

ゴム紐を伸ばす

あらかじめマスクのゴム紐を引っ張り、ゴムの収縮力を弱めておく。接触面積にはさほど変化はないが、圧力が弱くなるため耳が痛くなりにくくなる。注意点は、ゴム紐を引っ張る際に強く力をかけすぎないことだ。ゴム紐は耳によく触れる場所を中心に引っ張るとよい。

結んだ髪にかける

これは髪を結んでいる人限定の方法だ。まず髪を左右に結び、口にマスクを当てて結び目にゴム紐がかかるようにマスクをつける。これでゴム紐は耳にかからないため、耳が痛くなることはない。ただし本来とは異なる場所にゴム紐がかかるため、見た目が気になる場合は人前ではなく家で試してみよう。

2. 輪ゴムがあれば痛み解消!長時間つけていられるマスクに変身

ゴム紐の圧力で耳が痛むと紹介したが、長時間マスクを使用することでさらに痛みは生じやすくなる。ここでは、耳の痛みを解消して1日中マスクを着用できる方法を紹介しよう。

輪ゴムを使う方法

まず輪ゴムを1本用意し、マスクの一方のゴム紐に輪ゴムを結ぶ。そしてもう一方のゴム紐に輪ゴムを片結びして完成である。

こうするとマスクのゴム紐部分が円形になり、ゴム紐を耳ではなく後頭部にかけることができる。これで耳への負担を大幅に軽減できるため耳の痛みの解消に繋がるだろう。ただし、マスクのゴム紐が通常以上に伸びるため、マスク着用中に顔や頭部への締め付けが強くなる場合がある。その際は輪ゴムを2本に増やして長さを調整しよう。

クリップを使う方法

まずクリップを1個用意し、マスクのゴム紐を左右ともクリップに通そう。原理としては輪ゴムを用いた場合と同じである。この場合もゴム紐の長さが足りなければクリップを追加して、後頭部にゴム紐がかかるようにマスクを着用しよう。

輪ゴムとクリップを使う解消法は、後ろからの見た目が大幅に変わってしまう。しかし、風邪や花粉症でマスクが手放せない人にとって、痛みを感じずにマスクを長時間着用できる方法は試す価値があるだろう。

3. マスクに着ける100均アイテムが優秀!見た目も違和感なし

便利なものが次々と登場する100均ショップだが、ここにも耳が痛くなるのを防ぐマスク専用のアイテムがある。使用時のメリットがとても多いので、耳が痛くなりやすい人やマスクを長時間着ける人はぜひチェックしてみよう。

フック付きベルト

これはマスクのゴム紐の補助ベルトといえばわかりやすいだろう。幅広のゴムの端にフックが付いている。先ほど紹介した輪ゴムとクリップを使った方法を、この補助ベルトを使って行うことができる。フックからゴム紐がすぐ取れてしまうこともなく、ベルトを髪の毛の下に隠せば目立たず使用することができる。ベルトの色は、髪の色に近い黒色のほかに白色がある。ただし、店舗やメーカーによって取り扱っていない場合があるので注意しよう。

100均アイテムのフック付きベルトは長さ調節機能を搭載していないので、調節してより快適に使いたい場合は100均ショップでゴムとプラスチック留め具を購入して、ベルトを自作するのもおすすめである。

結論

今回はマスクで耳が痛んでしまう場合の対処法を紹介してきた。ティッシュや輪ゴム、クリップといった身近なもので痛みを大幅に軽減することができ、100均アイテムを使用すれば見た目にもこだわりながらマスクのゴム紐に変化を加えることができる。耳の痛みが軽減されれば長時間マスクを使用した場合のストレスが減るので、ぜひ試してみてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ