このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

使いやすいボールペンの太さは?勉強や履歴書におすすめな理由を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月 2日

文房具店を覗いてみると、ボールペンには驚くほどの種類があることがわかる。太さや書き味はさまざまであり、ものによっては使っているうちに手が疲れてしまうものもある。そこで今回はボールペンの使いやすさを重視しながら線の太さやインクの種類を考慮して、勉強や履歴書を書く際におすすめなものをピックアップしたので参考にしてみてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ボールペンが勉強に向いている理由

受験や資格の勉強をする際に鉛筆やシャープペンシルを使っている方が多いが、勉強にはむしろボールペンのほうが向いているといわれているのをご存知だろうか。

ペン先が球状で書きやすい

ボールペンの特徴として、まず文字を書きやすいことが挙げられる。ペン先が球状になっているため紙滑りがよく、鉛筆やシャープペンシルに比べると書いていて手が疲れにくいのが特徴だ。

書いた文字が消えない

書いた文字が消えないのもボールペンが勉強向きとされるポイントだ。鉛筆やシャープペンシルの場合、間違った箇所はあとで消してしまうことができる。しかし消すことができないボールペンであれば、自分が間違った箇所をあとで確認しやすく、弱点を探るきっかけにすることが可能だ。間違った箇所は二重線で消すだけでよいので、消しゴムを取り出す手間もいらなくなる。

文字が見やすい

書いた文字が後から見やすいのもボールペンの特徴である。鉛筆やシャープペンシルの場合、手でこすってしまうと文字がぼやけてしまうことがある。ボールペンもインクが乾く前にこすると滲んでしまうが、乾いたあとははっきり文字が残っているはずだ。

インクの減りで勉強量を実感

インクが減っていくのを見て、勉強した量を実感できるのもボールペンならではの魅力だ。鉛筆だと短くなるにつれて持ちにくくなってしまい、シャープペンシルはどのくらい芯を使ったのかわかりにくい。ボールペンはインクを使い切ったことが一目でわかるので、どれくらい勉強したかが形になり達成感を感じられるだろう。

2. ボールペンの選び方とおすすめの種類

ボールペンには実にさまざまな種類がある。どれも似たように見えてもものによって使いやすさがまるで違うため、自分にあった1本を見つけたいところだ。

ボールペンの太さの種類

ボールペンを選ぶ際にまず気をつけたいのがボールペンの太さだ。太さにはかなりのバリエーションがあり、0.3mm、0.4mm、0.5mm、0.7mmという具合に細かく種類が分かれている。

手帳などの小さいスペースに書き込みたい場合は0.3mm~0.5mm程度の太さが適切だろうし、大きな文字を書くことが多いようなら、0.7mm~1.0mmぐらいの太さのものが使いやすい。

ボールペンインクのいろいろ

インクにもさまざまな種類がある。耐水性を重視する場合は油性ボールペンがおすすめで、長時間書き続けたい場合は、書き味が軽めな水性ボールペンが疲れにくいのでおすすめだ。耐水性で、軽い書き味のボールペンが必要な場合はゲルインクのものが使いやすい。

ペン先の出し方の違い

ペン先の出し方にも注目してみよう。うしろ部分をノックしてペン先を出すノック式、ペン本体をひねる回転式などは、使いたいときにすぐ使えて手間も少ない。キャップを開けて使うキャップ式は、ペン先が保護されるのでペン先が乾きにくいメリットがある。

そのほか、上から蛍光マーカーを塗ってもにじまないもの、グリップしやすいもの、後からインクが消せるものなどがあるので、好みの機能を備えたボールペンを選ぼう。

3. 履歴書を書くのにおすすめのボールペンの太さ

履歴書はボールペンで書かれることが多いが、面接官が手書き文字の丁寧さに注目していることもあるので注意が必要だ。できるだけ読みやすくてきれいな文字を書くために、適切な太さのペン先を選ぶことが大切である。

とくに履歴書に向いているといわれるのが、0.7mmのボールペンだ。比較的大きめの文字を書くことが多い履歴書では、若干太さがあるとバランスがとりやすいようだ。住所のふりがななど、小さい文字を書くときだけ0.3mm程度の太さのボールペンを使うとより綺麗にみえる。

また、インクは耐水性があって滑らかに書きけるゲルインクがおすすめだ。インクの色はもちろん黒を選び、書いた文字をこすって滲ませないように注意して書こう。

結論

ペンの太さやインクの種類などボールペンにはさまざまなバリエーションがあるが、それぞれ特徴が異なるので用途にあったベストなものを選ぶとよいだろう。勉強したり履歴書を書いたりする際にボールペンは重宝するアイテムなので、ぜひこの記事を参考にお気に入りのボールペンを見つけてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ