このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

寝室を手軽にオシャレに快適に!寝室インテリア&コーディネート術

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月14日

寝室は1日の疲れをリセットしてくれる大切な空間のひとつ。良質な睡眠をとるためには、ベッドや寝具の心地よさはもちろん、ちょっとした小物を取り入れて、ゆったりくつろげるような雰囲気づくりも重要だ。そこで今回は、快適でかつオシャレな寝室をつくるコツを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. まずは使い勝手をアップする寝室コーディネートをマスター

私たちは人生の3分の1を寝て過ごすといわれているからこそ、寝室は快適な空間にしたいもの。狭い寝室でも家具の配置をちょっと変えるだけで、広く、心地よく、使い勝手がよくなるのだ。そのポイントは、家具のレイアウトやインテリアコーディネートにある。基本となる2つのポイントを見ていこう。

寝室のレイアウトはクローゼットと窓に注意

ベランダやクローゼットの前にはベッドを置かないことが基本だ。出入り口をふさいだり、クローゼットの開閉の邪魔になるような置き方は、生活を不便にする。クローゼットの近くにベッドを置く場合、開き戸の場合は90cm以上スペースを確保し、引き戸の場合は75cm以上のスペースを確保するのが理想といわれている。そして最低50cmは、通路を確保できる場所に配置したい。生活動線の確保や掃除のしやすさなどを考慮するとこのくらいのスペースはほしい。

また、窓の前は外気の侵入や光が差し込むため、ベッドの頭の方を窓側に向けない。冬になると冷気で風邪をひくなど身体に影響を及ぼしたり、冷気や光が睡眠を妨げる場合もあるので注意しよう。

部屋の広さに合わせてインテリアをコーディネイト

寝室の一般的な部屋サイズ6畳の場合は、背の低い家具や細めラインの家具を選ぶことで、空間が広く見えるようになる。限られたスペースのため、必要最低限のインテリアでコーディネートするのがベストだ。8畳の寝室になるとスペースに余裕が出てくるため、サイドテーブルなどを置いてコーディネートすることで使い勝手の幅が広がる。10畳の寝室は十分な広さがあるのでソファなどを置き、くつろぎスペースをつくるのがおすすめだ。細かなコーディネート術は2.3.で紹介していこう。

2. 寝室を快適&オシャレにするカーテンの選び方

寝室にピッタリのカーテンの色とは?

日本では白やオフホワイトの壁が多いので、壁の色に近い白やベージュを選ぶと部屋が広く見える。心身を落ち着かせる効果があるとされる青系、リラックス効果やストレス緩和に効果があるといわれている緑やベージュ系も最適だ。また、柄カーテンもおすすめである。たとえば、ストライプ柄であれば天井が高く、横ボーダー柄だと広さを演出してくれる。視覚効果とオシャレカーテンで心地よい理想的な寝室になるだろう。 逆に、赤やオレンジ色などのビビットカラーは、興奮したり緊張状態へと導くため不向きである。

寝室のカーテンにおすすめの機能とは?

一口にカーテンといっても、機能もさまざま。では、どんな機能があるのか見ていこう。

「遮光カーテン」:外からの光の侵入を遮るカーテン
「防炎加工カーテン」:万が一火災になっても燃え広がらないようにつくられているカーテン
「ウォッシャブルカーテン」:自宅の洗濯機でまる洗いできるカーテン
「遮熱加工カーテン」:日差しの熱を室内に取り込みにくいカーテン
「UVカット加工カーテン」:室内への紫外線の侵入を防ぐカーテン
「防音カーテン」:音を遮断するカーテン

寝室を快適な空間にするには、カーテンを色や柄だけで選ぶのではなく、自分に合った機能のついたカーテンを選ぶようにしよう。

3. 寝室をオシャレに見せる裏ワザ

インテリアを選ぶとき、色で迷ったことはないだろうか。インテリア初心者であれば、どんな色とも相性のよい白色の家具や小物をプラスすると、まとまりやすいのでおすすめだ。また、色のトーンや素材感を統一するとオシャレ度がアップする。

さらに、額やファブリックパネルなどで壁面を飾ったり、観葉植物を置いたり、寝室をやさしい雰囲気にするラグを敷いて間接照明をプラスすれば、簡単にオシャレな部屋になるだろう。ただし、棚や壁いっぱいに並べ過ぎたり、飾り過ぎるのは、ごちゃごちゃとした印象になるので注意しよう。ちょっとしたポイントをおさえれば生活空間を居心地よいオシャレ空間にできるので試してみよう。

結論

オシャレで快適な寝室をつくるためには、まず家具のレイアウトを見直すこと。そして、部屋の雰囲気を決めるといっても過言でないカーテン選びもポイントだ。そのうえで、小物インテリアをプラスすれば、一気にオシャレな寝室ができあがる。ぜひ参考にして、オシャレと快眠を両立した心地よい寝室を完成させてみてはどうだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ