このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カーテンテクニックで寝室をオシャレ&快適に!簡単に真似できるプチ技

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月27日

カーテンを選ぶとき、何を基準に選んでいるだろうか。何も考えずに好きな色のカーテンを選んだり、安かったから買った、という人も少なくないだろう。決して間違いではないが、寝室はカーテン次第で、睡眠の質を高めることができたり、オシャレ度もアップする。ここでは、寝室カーテンの選び方やコーディネートの仕方をはじめ、寝室タイプ別のおすすめカーテンを紹介していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 寝室のカーテンの選び方&コーディネート

カーテンは部屋の印象を大きく変える大切なアイテムだ。色ひとつとっても、狭い部屋を広くみせる「視覚的効果」や、快眠に導いてくれるなどの「心理的効果」がある。そこで、まずは寝室に最適なカーテンの色をみていこう。

寝室に最適なカーテンの色とは?

NGカラー

・興奮状態を引き起こす赤やオレンジ色
・圧迫感を与えて部屋を狭く、暗い印象にみせる黒色

おすすめカラー

・部屋を広く明るい印象にみせる白やベージュ色
・心身を落ち着かせる効果があるとされる青色
・リフレッシュ効果があり疲れを癒してくれる緑色

寝室がオシャレにみえるコーディネートのポイント

インテリアの配色バランスの基本は、ベースカラー70%、メインカラー25%、アクセントカラー5%程度といわれている。

ベースカラーとは壁や床、天井といったインテリアのベースとなる色で部屋の大部分を占める。白やオフホワイト、ベージュなど、部屋が広くみえ、飽きのこない色を選ぶといい。メインカラーは、ソファや家具、カーテンなどの部屋のイメージをつくる色。また、アクセントカラーとは、クッションや小物類でインテリアにメリハリをつける色である。アクセントカラーには鮮やかな色をポイント使いするといい。部屋の配色バランスはとても重要で、色の使い方が上手いと部屋がセンスよくまとまるのだ。以下にコーディネート例を紹介しよう。

コーディネート例

同系色でコーディネートする

同系色で合わせると失敗なく上手くまとまる。日本では白やオフホワイトの壁、茶色のフローリングが一般的で、その場合、カーテンはベージュを選ぶと落ち着いた印象になる。

補色をアクセントカラーにしてコーディネートする

補色とは、色相環で対極にある色のこと。メインカラーの補色をアクセントカラーにすれば、互いの色を引き立て合うことができる。たとえば、青色のカーテンなら黄色の小物をプラスするといいだろう。このコーディネートは個性的な寝室をつくりたいときにおすすめだ。

2. 寝室が和室の場合、どんなカーテンが最適?

和室にカーテンは必要?と、疑問に思う方も多いだろう。しかし、和室もカーテンは重要なのだ。

和室につけるカーテンのメリット

・障子は光を和らげるだけだが、遮光カーテンをつければ光を遮ることができる。
・障子は畳を傷める紫外線を通すが、UVカットカーテンをつければ紫外線をブロックできる。
・和室空間をオシャレに引き立ててくれるインテリアアイテムになる。

では、どのようなカーテンが和の寝室に適しているのだろうか。最初におさえておきたいのは機能性だ。カーテンの機能性といえば、遮光や断熱、防音などさまざまある。1日の疲れを癒してくれる寝室だからこそ、ライフスタイルなどを考慮し最適な機能のカーテンを選ぼう。そのうえで、寝室に合うカーテンの色や柄、生地を選ぶといい。では、選び方のポイントをみていこう。

和室に合う色とは?

和の寝室には、落ち着いた空間を演出してくれる、茶や緑、ベージュのようなアースカラーがおすすめだ。また、畳のヘリやふすまの色に合わせて選ぶと、統一感のある寝室になる。

和室に合う柄とは?

和柄や植物柄、小紋柄は和室との相性がいい。また、和室をモダンにしたいときは、大柄がおすすめだ。

和室に合う生地とは?

綿や麻などの天然素材は和室とよく合う。ほかにも、自宅で気軽に洗濯できるポリエステルもおすすめだ。また、自然な風合いの生地や立体的で存在感のあるジャガード生地は和の空間とマッチする。カーテン以外に、シェードやブラインドを使ってもセンスある和室になるだろう。

3. モダンな寝室に合うカーテンとは?

黒と白のコントラストがクールでスタイリッシュなシンプルモダンスタイルは、多くの男性が好むスタイルだろう。そんなモダンな寝室には、派手な柄物や重厚な雰囲気のカーテンは避けたい。モノトーンカラーをベースに、メインカラーに準じたカラーを合わせるのがコツである。ただし、重く暗い印象にならないよう色の配分には気をつけよう。

寝室のオシャレ度をアップするには、中間色のグレーを上手く取り入れながらコーディネートしたり、異素材のファブリックや小物をプラスするのがポイントである。シンプルモダンスタイルは簡単そうで意外と難しいが、ポイントをおさえれば手軽にハイセンスな空間をつくれるのだ。

結論

寝室に適したカーテンの選び方やコーディネートのコツはつかめただろうか。カーテンは寝室に相応しくない色を選んでしまうと、睡眠の質が落ちてしまうこともあるので注意が必要だ。ポイントをおさえつつ、自分の趣向に合ったものを選ぶといいだろう。
今回紹介した方法を参考に、質のよい睡眠を得られる寝室づくりを目指してほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ