このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

大人の男性におすすめしたい寝室のインテリアコーディネート例

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月24日

寝室は1日の疲れをリセットしてくれる重要な空間である。しかし、ただ寝るだけだからといって室内が殺風景になってはいないだろうか。実は寝室のインテリアは睡眠の質と深く関係している。リラックスできる空間づくりができれば、さらに良質な睡眠がとれるはずだ。今回は、おしゃれで落ち着く寝室のインテリアコーディネート例をいくつか紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 寝室のインテリアはカーテンと布団カバーの色で決まる

突然だが、みなさんの寝室のカーテンや布団はどんな色を基調としているだろうか。もし今まで寝室の色について意識したことがなかったのであれば、是非この機会に考えてみてほしい。というのも、暮らしの中にある色は、私たちの心理に大きな影響をもたらすからだ。

例えば、赤色は情熱・エネルギッシュ・元気などといったイメージが強い。一方で、赤色は気持ちが落ち着かなかったり、集中力が欠けてしまったりする興奮作用もある。もしカーテンや布団カバーが赤色だったらどうだろうか。リラックスできず、ゆったりと眠ることができない可能性がある。寝室のインテリアは色選びがカギとなり、色が全体の印象に大きな影響を与える。特にドアをあけて最初に目が留まるカーテンと布団カバーは、寝室に適した色合いのものを選ぼう。

2. インテリアコーディネート例1.ブルーを基調とした寝室

寝室のインテリアで特におすすめしたいのがブルーを使ったコーディネートだ。ブルーには気持ちを落ち着かせたり、高まった感情を鎮静化したりする心理的効果がある。疲れがたまっているときやストレスが溜まっているときでも、ブルーを寝室のメインカラーにすることで心身ともにリラックスして眠れる効果が期待できる。アメリカのホテル予約サイト・Travelodgeの調査においても、ブルーを基調としている寝室は他の色を基調としている寝室よりも、長く質の高い睡眠がとれていることが明らかになっている。

寒色系であるブルーは、見ていて涼しさを感じることもできるため、暑い季節の寝室には特におすすめしたい。なお、カーテンと布団カバーをブルーの同系色で揃えても良いが、アクセントが欲しい場合はどちらかの色を変えてみるのもひとつの手である。特にこだわりがなければ、ブルーと相性の良い白やグレーを取り入れてみよう。

3. インテリアコーディネート例2.グレーを基調とした寝室

スタイリッシュなモノトーンインテリアに憧れている人は、寝室のメインカラーを白と黒に統一したいと考えていることだろう。しかし、黒は不安や恐怖などを煽る心理効果があるため、寝室のインテリアにはあまりおすすめできない。そこで黒の代わりとして、グレーをインテリアコーディネートに取り入れてみてはいかがだろうか。

上品でシックな印象を与えてくれるグレーは、黒ほど武骨にならず、程よく落ち着いた空間を生み出してくれる。また、グレーは基本的にどんな色とも相性が良いので、モノトーンインテリア以外でも寝室のコーディネートを楽しむことができるだろう。おすすめとしては、くすみがかったスモーキーカラーとグレーを組み合わせることだ。特に寒色系のスモーキーカラーを取り入れると、洗練された大人の男らしい寝室に仕上がるので試してみてほしい。

4. インテリアコーディネート例3.ベージュを基調とした寝室

高級感が漂う寝室にコーディネートしたい人は、ベージュを基調としたインテリアがおすすめだ。カーテンや布団カバーなど全てのアイテムをベージュで統一することにより、まるで高級ホテルのような寝室に変身させることができる。

また、ベージュはシンプルなインテリアコーディネートにも適しており、植物を連想させるグリーンや砂を連想させるグレーなどと組み合わせれば、ナチュラルな空間に仕上げることも可能だ。ただし、ダークブラウンなど暗めのベージュは黒同様、気持ちを不安定にさせてしまうので、出来れば明るめのベージュをコーディネートに取り入れてみてほしい。

結論

今回は3つの色を使った寝室のインテリアコーディネート例を紹介したが、他にも寝室をおしゃれな空間に変える色はたくさんある。しかしあれこれ色を使いすぎると、部屋の雰囲気がごちゃごちゃしてしまい、かえって落ち着かなくなってしまうため注意が必要だ。寝室の色は多くても3色以内に収めることがポイントである。色の組み合わせを意識して、ぐっすり眠れるおしゃれな空間をつくってみよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ