このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

寝室の照明はどんなものがよい?寝室におすすめの照明を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月 6日

ぐっすり眠るためには、快適な寝室が必要だ。快適な寝室をつくるために必要なもののひとつが照明だ。寝室があまりに明るいと、なかなか眠くならない場合がある。ここでは、寝室におすすめの照明や、賃貸でもできる照明の取り換え方を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 寝室の照明は間接照明でおしゃれに

寝室の照明には、間接照明がおすすめだ。間接照明は光を壁や床に当てるので、部屋に陰影ができる。直接照明に比べると光が柔らかくなるため、落ち着きがあるうえにおしゃれな感じになるのだ。

たとえば、スポットライトをポスターや絵、観葉植物に当てるととてもおしゃれに見える。天井や壁から吊り下げて使うペンダントライトや、壁面に取り付けて使うブラケットライトを使用してもいいだろう。

間接照明には、そのほかにも天井に埋め込むダウンライトや、テーブルの上に置くスタンドライトなどの種類がある。これらのライトは、組み合わせて置く、床に直接置く、など置き方によってもおしゃれに見える。とくにペンダントライトは、同じ照明や色違い照明を2個以上並べるとおしゃれに見えるのでおすすめだ。

2. 寝室にはニトリの照明がおすすめ

寝室にはニトリの照明がおすすめだ。ニトリの照明は価格が安いものが多いうえに、おしゃれなデザインが多い。シーリングライト(天井に直接固定するタイプの照明)、ペンダントライト(コードやチェーンで吊り下げて使う照明)、クリップライト(クリップで止めて使用する照明)、スタンドライト、フロアライト(床に置くタイプの照明)、センサーライト(センサーで自動的にオン・オフする照明)など種類も豊富だ。

中でもニトリのフロアランプは、種類が豊富でしかも安いので寝室におすすめの照明だ。一般的にフロアランプは価格が高めのものが多いが、ニトリのフロアランプは安いもので二千円台のものからある。

テーブルランプも寝室におすすめの商品のひとつで、千円以下のものもある。おしゃれなデザインのものやホテルのような高級感のあるデザインのものが、三千円から五千円程度で多く揃っているのでおすすめだ。

3. 賃貸住宅でもできる寝室の照明の取り換え方

賃貸住宅の場合、照明があらかじめついている場合がある。寝室の照明を変えて雰囲気を変えたいが賃貸なので仕方がない、と諦めてはいないだろうか?実は、賃貸でも照明を変えることができる場合もあるのだ。

あらかじめついている照明の取り付け口が「引掛シーリング」なら、照明を変えることができる。引掛シーリングとは、天井に備え付けてある照明用のコンセントで、角形・角形フル・引掛埋め込みローゼットなどの種類があり、同じタイプのものなら付け替えが可能だ。

また、簡易取り付け式ダクトレールを使用すると、スポットライトやペンダントライトを複数並べて付けることができる。レールの上であればどの位置にでも照明を取り付けることができるので、引掛シーリングの下以外の場所でも照明を使用できるのだ。取り付けも簡単で、使用中のシーリングライトを取りはずして簡易取り付け式ダクトレールを取り付けるだけだ。賃貸でも、スポットライトやペンダントライトを並べて使用でき、部屋が大変おしゃれになるので、おすすめだ。

結論

寝室の照明には間接照明がおすすめだ。間接照明は光を直接ではなく、壁や床に当てて間接的に目に入れる。光がやさしくおしゃれに見えるうえに落ち着きを感じるので、寝室に適した照明だ。ニトリの照明は価格が安いものが多く種類も多い。そのうえ、デザインもおしゃれなのでおすすめだ。賃貸住宅で照明が付いている場合でも、引掛シーリングなら取り換えが可能だ。簡易取り付け式ダクトレールを使用するとペンダントやスポットライトを複数吊るすことができる。寝室の照明にこだわって快適な睡眠を手に入れよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ