このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ペットホテルの料金相場は?大切なペットを預ける際の注意点!!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月17日

ペットがいても、たまには旅行を楽しみたいという人は多いだろう。そのような人にぜひ利用してほしいのが、ペットホテルである。利用する上で気になることといえば、一泊あたりの利用料金や預ける際にしておくべきことだろう。今回は、犬や猫、うさぎやインコなどの小動物をペットホテルに預ける際の注意点を解説する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ペットホテルに犬を預けたい!料金相場や注意点

ペットホテルに犬を預ける場合、一泊当たりの料金相場は以下のようになっている。

小型犬:3,000円前後
中型犬:4,000円前後
大型犬:5,000円前後

ちなみに、宿泊日数が長い、預ける頭数が多い場合は、割引が適用されるペットホテルもある。預けたいと考えているペットホテルの料金設定は、ホームページや電話で事前に確認しておこう。

犬をペットホテルに預ける際には、以下の点に注意する必要がある。

1.ワクチン接種

ペットホテルに犬を預ける際には、予防接種証明書の提示が求められる。ペットホテルに預ける前に必ず狂犬病ワクチンや混合ワクチンの接種を済ませ、証明書を取得しておこう。

2.発情の有無

避妊手術をしていないメス犬を飼っている場合、ペットホテルに預ける前に発情(ヒート)の有無を確認しておく必要がある。発情中の犬を預けられるペットホテルは少なく、預けることができても別料金がかかることが多いので注意しよう。

3.ケージで過ごすことに慣れさせる

ほとんどのペットホテルでは、預かった犬を1日中狭いケージの中で過ごさせる。そのため、ペットホテルに預ける数週間前から狭いケージの中で過ごすことができるように、犬をしっかり訓練しておこう。

4.宿泊日数分のフードやペットシーツ

多くのペットホテルでは、フードやペットシーツを持ってくるように指示される。そのため、ペットホテルに預けに行く前に、宿泊日数に応じたフードやペットシーツをしっかり準備しておこう。フードは回数分を小分けの袋に入れ、シーツは多めに用意しておくとよい。

2. ペットホテルに猫を預けたい!料金相場や注意点

猫をペットホテルに預ける場合、1泊あたりの料金相場は2,000円から5,000円となっている。サービスによって料金に差があるのが、猫のペットホテルの料金の特徴だ。

ちなみに、犬と同様、宿泊日数が長く、預ける頭数が多い場合には、割引が適用されるペットホテルもある。猫の預け先として考えているペットホテルの料金設定は、ホームページや電話で事前に確認しておくと安心だ。

猫をペットホテルに預ける際の注意点としては以下のものが挙げられる。

1.宿泊日数分の食べ慣れたフード

慣れないペットホテルに猫を預ける場合、ペットフードを用意してもらえるペットホテルに預けるとしても、猫が普段食べ慣れているフードを小分けの袋に入れて持っていくとよい。ペットホテルのフードが猫の口に合わなかったとしても、食べ慣れているフードがあれば、猫も安心して食べることができるはずだ。

2.発情の有無

避妊手術をしていないメス猫をペットホテルに預ける際には、発情の有無を確認しておこう。発情中の猫を預けられるペットホテルは少なく、預けることができても別料金がかかることが多いので注意してほしい。

3.ワクチン接種

ペットホテルに猫を預ける際、犬を預ける場合と同様に予防接種証明書の提示が求められることもある。ペットホテルに預ける際には必ずワクチン接種を済ませ、証明書を取得しておこう。

3. ペットホテルにうさぎやインコなどの小動物を預けたい!料金相場や注意点

うさぎやインコなどの小動物が利用できるペットホテルも増えてきている。1泊あたりの料金相場は2,000円から3,000円となっている。ただ、小動物が利用できるペットホテルは犬や猫も預かっていることが多く、犬や猫の鳴き声が小動物にとってのストレスになってしまう場合がある。ストレスに弱い小動物を預けたいと考えている場合、多少料金が割高になっても個室のあるペットホテルを利用した方がよいだろう。

小動物をペットホテルに預ける際には、以下の点に注意する必要がある。

1.使い慣れた敷物やケージ

小動物は環境の変化に敏感だ。そのため、ペットホテルに預けると大きなストレスを感じてしまうことが多い。ストレスを少しでも軽減できるよう、ペットホテルには使い慣れた敷物やケージを持って行こう。

2.気をつけてほしいことを書いたメモ

犬や猫については詳しくても、小動物にはあまり慣れていないというペットホテルもある。そのため、気をつけてほしいことについてはできるだけ詳細にメモし、そのメモをペットホテルの店員に渡しておこう。

3.宿泊日数分のフード

多くのペットホテルでは、ペットがいつも食べているフードを持ってくるように指示される。そのため、ペットホテルに預けに行く前に、宿泊日数に応じたフードを小分けの袋に入れて準備しておこう。

結論

かけがえのない大切なペットを他人に預けるのは、とても不安なことだろう。しかし、プロが常駐しているペットホテルに預ければ、安心して旅行に出かけることができる。ペットをホテルに預けたいのであれば、今回紹介した注意点をしっかり踏まえ、利用するペットホテルの料金体系や注意事項を事前にしっかり確認しておこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ