このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
結婚式の髪型のマナーを解説!男性のロングヘアや金髪はNG?

結婚式の髪型のマナーを解説!男性のロングヘアや金髪はNG?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月11日

フォーマルなシーンでは非常識な人と思われないように身だしなみには気を配りたいもの。とくに結婚式ではマナーをおさえた身だしなみで出席しないと、新郎新婦に恥をかかせることにもなりかねない。そこで今回は、男性ゲスト向けに結婚式に出席するときの髪型のマナーについて解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. メンズ向け結婚式の髪型マナー

結婚式にゲストとして参列するときの服装のマナーについてはよく知られているが、髪型にもマナーはあるのだろうか?ここではメンズ向けの髪型のマナーについて解説する。

結婚式のメンズヘアスタイルは清潔感が大切

フォーマルなシーンではきちんとセットされた短髪が理想ではあるが、髪の毛が長めだからといってマナー違反になるわけではない。結婚式に出席するためにわざわざ短髪にする必要はないだろう。

大切なのは清潔感のあるヘアスタイルを心がけることだ。ワックスなどのスタイリング剤を使ってセットし、社会人らしいきちんとした髪型で出席しよう。肩に付くようなロングヘアの男性は、うしろでひとつにまとめると清潔感が出る。

結婚式のメンズヘアスタイルは個性を出しすぎないよう注意!

友人たちとの久しぶりの再会を前に気合いを入れたくなるかもしれないが、結婚式のゲストとして招待されている場合は、個性的すぎるヘアスタイルはNGである。主役の新郎新婦よりも目立ちすぎることがないよう、あくまでも控えめな身だしなみが基本だ。

2. 結婚式では髪の色は染めないとだめ?

職業柄髪の毛を染めている人は、そのままの髪色で結婚式に出席してもいいものかどうか迷うこともあるのではないだろうか。最近は男性の茶髪もそれほど珍しくはないので、落ち着いた茶色であればそのまま出席しても問題はない。

ただし金髪の場合は結婚式のスタイル次第で判断が変わってくる。レストランウェディングやガーデンウェディングなどの比較的カジュアルな式であれば、金髪でも許容される雰囲気があるが、格式の高いホテルでの挙式や神前式では一人だけ浮いてしまう可能性もある。

とくに年配の参列者の中には金髪で出席するのは非常識と考える人も少なくないので、黒く染めなおすことができればベストだが、難しければ一時的に髪色を戻せるようなアイテムを活用しよう。

一時的に髪色を戻す方法

金髪を一時的に落ち着いた髪色にしたい場合は、カラースプレーやカラーコンディショナー、カラートリートメントなど使うのがおすすめだ。カラースプレーは乾いた髪に直接スプレーをして髪の毛に着色する。朝にスプレーして髪を黒くし、その日の夜のシャンプーで落とすことができるので、1日だけ髪を黒くしたい人にはおすすめのアイテムだ。ただし髪の毛がキシキシとした質感になり、自然な仕上がりにするのは難しいうえに、雨にあたると色が落ちてしまうリスクもある。

カラーコンディショナーやカラートリートメントは、シャンプーの後に塗布して洗い流すことで、一時的に髪の毛を染めることができるアイテムである。シャンプーのたびに数回使用するとだんだん髪の毛が黒く染まり、使用をやめると数日かけて元に戻るのが特徴だ。準備期間が数日必要になるが、スプレーに比べると自然な仕上がりになるのがメリットだ。

3. 結婚式のそのほかの身だしなみマナー

最後に髪型以外の身だしなみマナーについても確認しておこう。

結婚式に出席するときの服装のマナー

格式のあるホテルでの結婚式の場合、男性ゲストはブラックスーツを着用するのが基本だが、カジュアルな結婚式では紺やグレーなどのダークスーツを着る人も多い。白や明るいグレーは新郎が着る色なのでゲストは控えよう。

また、黒のスーツならビジネススーツでもいいというわけではなく、冠婚葬祭用の黒の礼服を着るのが正式なマナーだ。ベストやポケットチーフ、カフスボタンなどでドレスアップし、お祝いらしい華やかな装いを心がけよう。

ボタンダウンのYシャツはカジュアルな印象なので結婚式には向かない。スタンドカラーで、白い無地のYシャツを選ぶといいだろう。ネクタイは白やシルバー、ライトグレーが基本だが、カジュアルな結婚式に友人や同僚として招待されている場合は、明るいパステルカラーのネクタイを着ける人も増えている。

結婚式に出席するときの持ち物のマナー

結婚式会場に大きなバッグを持ち込むのはマナー違反になる。男性の場合、持ち物は必要最低限に絞ってスーツのポケットに入れ、手ぶらで参列するのが一般的だ。どうしても荷物がポケットに入りきらないときは、革製のクラッチバッグなど、フォーマルな小さめのバッグを持参するのがおすすめだ。

結論

今回は結婚式に出席するときの男性の髪型のマナーについて解説した。基本的には清潔感のある髪型であれば長さやヘアスタイルは自由だが、格式のあるホテルでの挙式など、フォーマルな場では金髪や個性的な髪形は避けるべきだろう。年配の参列者の中には身だしなみに厳しい人もいるかもしれないので、オシャレよりもマナーを優先して身だしなみを整えよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >