このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
結婚式のネクタイは何色がおすすめ?色選びの基本とマナーを解説

結婚式のネクタイは何色がおすすめ?色選びの基本とマナーを解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月14日

結婚式に参列するときのネクタイを何色にするか悩む人もいるだろう。結婚式といえば白のネクタイが基本であったが、時代とともにネクタイのマナーも変わってきている。今回は、結婚式にふさわしいネクタイの選び方について紹介するので参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 結婚式のネクタイの色のマナー

結婚式で着用するネクタイには、マナーとしてふさわしい色とNGな色がある。非常識と思われないためにも、結婚式のネクタイ選びの正しいマナーを押さえておこう。

結婚式にふさわしいネクタイの色

結婚式のネクタイは白のイメージがあるかもしれないが、最近はマナーも変わってきている。白いネクタイをするのは比較的年配の人が多く、若い世代の人たちは、むしろ白以外を選ぶようになってきているのだ。

年齢問わず選ばれるカラーとして多いのは、シルバーのネクタイだ。シルバーと白はフォーマル感があるため、ゲストをもてなす側の親族もこの2色から選ぶとよいだろう。また、最近ではカラーネクタイもマナーとして許容されているので、親族でなければ淡いパステルカラーのネクタイを選んではいかがだろうか。ブルーやピンクなどのパステルカラーは華やかさが出るので、おめでたい席にふさわしい装いになるだろう。

結婚式にNGなネクタイの色や柄

結婚式に着用してはいけない色もある。黒のネクタイは喪服を連想させるため、結婚式では避けなければならない。黒地に柄があるネクタイでもNGなので気をつけておこう。また、派手過ぎる色やヒョウ柄などのアニマル柄のネクタイも結婚式にふさわしくない。特にアニマル柄は、「殺生」のイメージがあるということで敬遠される傾向にある。さらにビジネス色の強いネクタイも結婚式には不向きだ。フォーマルかつお祝いの場である結婚式にふさわしい、上品で華やかなネクタイを選ぶといいだろう。

2. 友人の結婚式に出席するときのネクタイは何色がいい?

友人の結婚式に招待されたときのネクタイは、式場の雰囲気に合わせて選ぶといい。最近ではさまざまな挙式スタイルがあるので、あらかじめ新郎新婦に確認しておけば間違いない。正しく選んで素敵に着こなすためのネクタイ選びのポイントを解説しよう。

シルバーのネクタイ

親族の結婚式に参列するときはフォーマルなネクタイを選ぶべきだが、友人の結婚式ならそこまでフォーマル感を意識しなくてもいい。ただし、格式が高い結婚式に招待された場合は、友人として出席する場合でもフォーマル感の強いシルバーのネクタイをした方が無難である。光沢があるシルバーのネクタイを選べば、高級感があり華やかな印象になる。シルバーのネクタイはフォーマルな印象が強いが、カジュアルウエディングや二次会などでも幅広く活躍できる万能タイプといえる。

カラーネクタイ

最近では結婚式のネクタイはカラーネクタイでもマナーの範囲内となってきている。友人の結婚式であれば明るいパステルカラーのネクタイをする人も多いだろう。サックスブルーや淡いピンクなど、明るいネクタイは結婚式の華やかさによく似合う。淡いパープルも気品があるため結婚式にふさわしいだろう。ただし、カラーネクタイがOKといっても派手な色は避け、淡く光沢感がある色を選ぶとよい。また、柄の入ったネクタイを選ぶ場合は、小さなドット柄など主張し過ぎないフォーマルな場にふさわしい柄であれば問題ない。

3. 会社関係の結婚式にふさわしいネクタイ

同僚や上司、部下など、会社関係の結婚式に招待されることもあるだろう。会社関係の結婚式に出席するときは、新郎新婦との関係性を考慮してネクタイを選ぶようにしたい。上司として結婚式に参列する場合は、親族より格が高くなってはいけないが、ゲストの中では格が高い装いが適している。

直属の部下の結婚式に招待された場合は、スピーチを頼まれる可能性もあるだろう。その場合は、会社の上司として親族に失礼がないように準礼装のブラックスーツにシルバーや白のネクタイがふさわしい。まだ年齢が若く、それほど高いポストについていない場合は、ダークスーツでもよいだろう。しかし上司という立場から、ネクタイはカラーネクタイよりフォーマルなシルバーや白がふさわしい。少しオシャレをして周りと差をつけたい場合は、シャンパンゴールドがおすすめだ。

年齢が近い同僚の結婚式に着用するネクタイを選ぶときは、友人の結婚式と同じ考え方でよい。若い世代であれば、明るいパステルカラーのネクタイが人気だ。堅苦しさがなく、華やかな色のネクタイは、結婚式の雰囲気にふさわしいだろう。ただし格式の高い結婚式ならフォーマルなシルバーのネクタイが無難でおすすめだ。

結論

結婚式のネクタイは、白かシルバーが一般的だが、最近では白のネクタイは年配の人が着用するイメージが強く、シルバーが主流になってきている。また、友人や同僚の結婚式であれば、明るいパステルカラーのネクタイもいいだろう。いずれにしてもお祝いの席にふさわしい華やかな印象のネクタイを選ぶようにしよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >